なぜか100円ショップにハマっていた時期を振り返る。

とても便利で何かと助かる100円ショップ。

今回は、その100円ショップとの付き合い方についてです。

 

ある程度集中して片づけをして以来、物に対する意識もずいぶん変化したので、今はめったに行くことがなくなった100円ショップですが、かつて妙に100円ショップにハマってしまった時期がありました。

 

今回は、そのかつて100均を頻繁に利用するようになった経緯と、今ほとんどそうしたお店に行かずに過ごせている理由など、振り返りつつ、その付き合い方を考えてみました。

100円ショップにたびたび行くようになった理由

あまり100円ショップを利用していなかった人のほうが、一度行き始めると、意外とハマってしまうものなのかもしれません。思い返してみると、私はまさにそんなパターンでした。

 

もうかなり前のことになりますが、きっかけは引っ越しです。

最初は必要な物をそろえるために、ホームセンター巡りをしていましたが、その近くに100円ショップを見かけなんとなく入ってみたところから、100円ショップ巡りが始まってしまいました。

 

 

●頻繁に行くようになり100円グッズを増やしてしまった主な理由としては、こんなことが考えられます。

 

・生活圏が少し変わったら、近場に100円ショップがたくさんあることに気づいた。(有名なダイソーを含め6~7店ほど違う100均のお店があった)

 

・ホームセンターと100円ショップで、似たような商品の価格を比べる機会が増え、特に質も問わず使えればOKな物は、先に100円ショップから見るようになった。

 

・今さらながらというかんじで、その品ぞろえの豊富さに驚き、商品を見ること自体がレジャー化してしまい、特に必要のない物までたくさん買うようになった。

(それまで100均の商品をじっくり見るということがなかったせいか、どの商品を見ても、こんな物まで100均で売っているとか、なぜこれが100円で買えるのか、と妙な感慨があった)

 

・安いので気楽に試し買いができてしまった。

 

・・・

商品を見ること自体が面白く、レジャー感覚になるというのは、こうしたお店に限らず、ファッションでもインテリア用品でも楽しいですし、きれいなものや珍しい物を見かけるだけでもうきうきするもので、それ自体はよいことだと思います。

 

100円ショップで問題だったのは、たくさん買ってもその都度払う金額は1000円程度なので、お金を使っている感覚も薄く買う商品自体もほぼ吟味しなかったこと。

 

(過去の計算はしたくないけれど、こんなことが常態化していれば100円ショップで費やした額は相当なもの。近場の海外旅行なら何回行けただろう、、と考えるとへこみます)

 

 

今の買い物スタイル

それから何年も経ち。その後、意を決して片づけに取り組みましたが、その期間に処分した100円グッズの多さは、今思い出しても悲しい気持ちになります。(ちゃんと消費した物もあるけれど、使われずに残っていた物もたくさん)

 

本当に必要だったものなんて、ごくわずかだったことを知ることになります。

 

そして、今では自分の中であたりまえの感覚になっている、
・物を増やしすぎないこと
・物は兼用できること
・意外となくても困らないこと
これらのことも、片づけを通して実感しました。

 

以前は100円ショップやドラッグストアで購入していた日用雑貨などは、今はネット通販で必要に合わせて購入するようになったので、無駄買いも減りました。個人的には、ネットでの買い物の方が意外にも衝動買いが減ることも発見です。

 

(店頭で買うと、なんとなく気分で買い物カゴにポンポン商品を入れがちでしたが、ネット通販だと計画的に購入できたり、最後の決済ボタンをクリックするまでに、何度かカゴに入れた商品を見直したり、落ち着いて判断できることが大きいかもしれません)

 

人によっては、これと真逆なケース(ネット通販の方が衝動買いしやすい傾向)もあると思うので、自分がどういったタイプなのか日頃の買い物行動を振り返ってみるのも、買い方を見直すきっかけになりそうですね。

Sponsored Link

100円ショップとの付き合い方

めったに行かなくなったとはいえ、やはり、便利な場所であることは間違いありません。

そこで、最近はこんなゆるめの基準で100円ショップを利用できればと思っています。

 

・普段使っているネット通販では間に合わず、急に必要が出てきた消耗品。

・季節関連の行事・イベントごとなど、その時だけ必要な飾り・グッズ等の消耗品。

 

基本的には、確実に消耗するもの、その時だけ必要な物、というかんじでしょうか。
あくまでも長く使う予定ではなく、使ったらなくなる物、捨てることが前提の物、という割り切った利用方法が、今の自分の生活には合っているようです。

 

・・・・・

今のような片づけ意識がまるで働いていなかった当時の私は、思いがけず100円ショップにハマってしまったわけですが、人それぞれ、妙なところで買い物スイッチが入ってしまうこともあると思います。

 

そんなに買っているつもりがないのに、物が部屋にあふれていたり雑然としていたら、やはり何かを買って増やしているのです。
(そんなに食べたつもりがないのに体重が増え続けていたら、やはり食べ過ぎているのと同じかんじで)

 

最近は、ネットでも100円グッズが充実したお店も見かけます。

便利なお店やグッズも、買い方次第で上手に付き合えば、自分の生活を豊かにしてくれるものに(むやみに買えばその反対に)。自分に合った物の量を見極めつつ、身のまわりや気持ちが快適でいられることを優先させていきたいものですね。

 

関連記事

肌断食を考える。季節の変わり目に起こるピリピリ肌をなんとかしたい。

宇津木式スキンケア(肌断食)。知らなかった、勘違いしていた皮膚のこと。

洗濯槽の掃除も重曹ですっきりする。

シャープペンからフリクションのペンへ。プチな困りごともすっきり片づける。

トイレ風水を気にしすぎず、掃除のしやすさを優先する。

楽天モバイル(はじめての格安スマホ・格安SIM)に乗り換えて、料金も気分もすっき...