思考・感情・行動・習慣

片づけの分類に悩んだときの【3原則】。

以前読んだある小説の中で、片づけの分類に関する内容が印象的だったので、さくっとご紹介します。


引用元はこちらの本。


『ペンギン・ハイウェイ』


祖母は家の中を動きまわりながら、ぼくに部屋の掃除の仕方や整理の方法を教えてくれる。

上手に分類するとたいへん気持ちがよいことを、ぼくは祖母に教わった。祖母の分類三原則。

 
 □ よく使うものと、ときどき使うものを分けること。  

 □ ぜったいになくしてはいけないものと、なくしてもかまわないものを分けること。 

 □ 分けにくいものは決して分けないこと。


片づけの分類に悩んだときの【3原則】。


片づけの方法や基準は数々ありますが、先にあげた【分類3原則】は、シンプルにしてなかなか奥が深いなと感じます。

1番目と2番目は、各個人の生活スタイルに従って分ければよいので、誰にとっても比較的わかりやすい分類方法といえそう。


私が特に気になったのは、3番目です。

■ 分けにくいものは決して分けないこと。


片づけは、自問と謎解きの繰り返し。


3番目が気になった理由としては。

「分けにくいものってなんだろう・・」と、本を読んでから時間が経っても、ずっと印象に残っていたからです。

ただ、本書は小説であって、片づけの指南書ではないため、当然ながら具体例などもありません。。


片づけというのは、作業自体はわりと単純なのに、その過程で起こる感情や思考は、とても複雑。

ひたすら自分に問い直したり、ある種の謎解きのような感覚を持てると、片づけへの向き合い方も変化して、また違った角度で問題を見ることができるのかも。


分けにくいものとは?


 ■  分けにくいものは決して分けないこと。

この意味を何度も考えつつ、あてはまりそうなケースを思い浮かべてみました。

具体的には、

・ 実家の片づけ

・ 家族や同居する人の物の片づけ、など


そう思った理由は、片づけというのは、自分の物でない以上、簡単に分けたり捨てたりできない(物理的にも感情的にも)と、しみじみ感じているからです。


◇ 個人的な例としては、下記のかんじです。

・ ここ10年以上、不定期ながら実家の物の片づけを手伝ってきた。

・ しかし、半年、1年経つと、あれだけすっきりさせたスペースに、また山のように物が積まれている。この繰り返し。

・ どれだけ親に説明しても心身の労力をかけても、状態はほぼ変わらず。

・ 最近は、このどうにもならない状況が、もしかしたら「分けにくいもの」なのかも、と感じるように。

・ 頭では、人の片づけに口出ししてはいけないとわかっていても。やはり自身の体力があるうちに、少しでも実家の片づけを進めておきたいと焦っていた・・。

・ 自分都合を再び反省しつつ、いずれ適切な時期がくると思い直し。

・ 片づけに関して、何か気持ちがもやっとするとき、「分けにくいものは決して分けないこと。」を思い出すようになった。


・・・

「分けにくいもの」も人それぞれで、想定されるケースも異なると思います。

片づけで何かもやもやしたりグレーゾーンだと感じたりすることがあれば、そこを深掘りして考えてみると、自分なりの答えに近づけるのかも。





今回は、小説の中で気になった、片づけの「分類3原則」についての話でした。


 □ よく使うものと、ときどき使うものを分けること。  

 □ ぜったいになくしてはいけないものと、なくしてもかまわないものを分けること。 

 □ 分けにくいものは決して分けないこと。


簡単そうなのに実践できていことがあれば、さっそく行動に移してみたり。

謎解き気分で、あれこれ考察してみたり。

自分だけのオリジナルの分類3原則を、新たに作ってみるのも面白そうですね。



【洋服の3色化計画】定番の3色も、ちょっと入れ替え。(変化、シフト)前のページ

関連記事

  1. 片づけ・コンパクト

    不要なデータやメールもすっきり整理。5分間の習慣で片づける。

    溜まりがちなパソコンのデータやメール。面倒な削除・整…

  2. 思考・感情・行動・習慣

    【習慣化のコツ】基本は、休まない、モチベーションに頼らない。

    わりと長く続いていた、「1日5分掃除の習慣」。ちょっと変則的…

  3. 生活用品・エコ

    コタツと一緒に怠惰な自分を片づけた日のこと。(悪習慣をやめる)

    新年になり、1~2月は寒さも本格的になる季節です。そ…

  4. 生活用品・エコ

    掃除機 vs ほうき。自分にとって便利で楽なのはどちらか。

    「掃除機」と「ほうき/箒」。それぞれのメリット、デメ…

  5. 思考・感情・行動・習慣

    迷ったときこそシンプルに考える。

    ものごとを「シンプルに考える」というのは、意外と難し…

  6. 生活用品・エコ

    【洋服の3色化計画】定番の3色も、ちょっと入れ替え。(変化、シフト)

    この数年、「洋服の3色化計画」を実践中。そして、時間…



Archive

PAGE TOP