食器洗い用スポンジは、除菌ではなく交換にしようと思った話。

先日、食器洗い用スポンジに関するニュース記事を見かけ、軽く衝撃を受けた話です。

結論から言うと、食器洗い用スポンジの交換頻度は、週1回が望ましいというものでした。

除菌してスポンジを長持ちさせるより、短期で交換した方がよい理由とは。

記事内容をざっと要約してみると。

・ドイツの研究チームによる、食器洗い用スポンジの研究発表であること。

・ドイツのある地方の家庭から食器洗い用スポンジを集め、調査。

・全てのスポンジから300種以上のバクテリアが発見される。そのうち共通して発見されたバクテリアのうちの5種は、病原体となりうる可能性(リスク)を持つものであった。
(その一方で、食中毒の原因となる大腸菌はほとんど発見されなかった)

・定期的なスポンジの除菌により、かえって状態が悪化する可能性を指摘。(念入りな洗浄や加熱(レンジ等)などで、定期的に除菌されたスポンジには、病原体となりうるバクテリアが高いレベルで見られた)

・スポンジ除菌により、短期的にはバクテリア数を減少させたが、定期的に繰り返されたことで、高い耐性を持つバクテリアがスポンジ内に残り強化されたのでは。

・結論として。スポンジを除菌するのではなく、1週間に1回程度の頻度で交換する方がよい。(免疫の弱った人がいる(お年寄りなど)家庭等では特に注意)

 

・・・

あんな小さな食器用スポンジの中で、そんなことが起こっていたのかと思わずため息が。
(多くの穴があいたスポンジの形状、水も栄養分も豊富なスポンジ内の環境。これらがバクテリアの繁殖に適した状態で、大量発生しても不思議はないのだとか)

衛生的によかれと思って行っていたスポンジ除菌によって、よくない意味での少数精鋭(バクテリア)が生き残ってしまいさらに力を強めているという・・。

スポンジストックは増やしすぎずに。でも、こまめに確実に交換。

まずは、自身のキッチンスポンジの「現状」を振り返り、「今後」変更すべきところを書き出してみます。

 

・食器洗い用スポンジは2個使用。(普通の食器洗い用と、鍋フライパン等の焦げ・油汚れ対応用)→ 個数は今後も現状のままでOK。

・食器・鍋類用のスポンジ2個は、月に各1~2回の交換。→ 今後は2個とも1週間に1度の交換に。

・スポンジのストックは、8個あれば約2ヵ月程持つ。→ 今後はひと月で約8個消費することになるので、これを基準にする。(毎月のストック切れに注意)

・シンクまわりの掃除用に、メラミンスポンジを使用。(いわゆるおそうじ消しゴムで、メラミン樹脂でできたもの。使うと摩耗して小さくなっていき、基本的にほぼゴミにならないので便利)→ 長く使うとへたってきて見た目もよくないので、今後は早く使い切れるよう今より小さくカットして使用する。

Sponsored Link

・・・

これまで食器洗い用スポンジは、汚れ具合を見て、月に1~2回程度の交換でそれなりに清潔を心がけ。除菌・殺菌と称して、スポンジに熱湯をかけたりもしていました。

この熱湯(加熱)が、耐性のあるバクテリアを作り出す一因になっていたとは。なかなかショックな研究結果です。

月に2回程度のスポンジ交換で、これが原因で体調に問題が出たと感じたこともなく、極度の潔癖症でもないので、そこまで頻繁に替えなくてもよさそうに感じますが。

こんな記事を目にしてしまうと、不本意な除菌の手間や妙な神経を使うより、確かに週1程度でささっと交換した方が、結局は楽で確実に衛生的なんだなと思えます。

 

これまでスポンジに特にこだわりもなく、その時々でお得なものを購入し使用してきました。コンパクトに余計なストックは増やしたくないけれど、衛生面は清潔に保ちたいもの。

そんなちょっと面倒な気分になるところも、どうせなら義務感にならず楽しめる要素になるように、色々違うスポンジを試してみるのも面白いかなと気持ちを切り替えてみることにします。

ちょっとネットで検索すると、レビュー評価も高い抗菌仕様のものや、形もかわいらしいカラフルなものなど、色々なスポンジが見つかりなかなか楽しい。(うっかりしたり飽きたりしそうなので、スポンジ交換にもささやかな工夫をしていこうかと)

≫ おすすめのキッチンスポンジをみる/amazon

 

*****

そんなわけで。この記事を見た日のうちに、早速キッチン用スポンジ2個を新しい物に交換しました。

一般家庭における食器用スポンジの交換頻度など、特に考えたこともありませんでしたが、今後はキッチンのスポンジの交換は週1回を忘れないよう、定着させていきたいところです。

 

かつて様々な物のストック過剰を、数年の片づけを通して減らすことができたので、今後も余計な日用品は増やさない方向です。それでも、衛生面に関しては使い捨て消耗品が増えるのもある程度は仕方ないなと、今回改めて思ったニュース記事でした。

物を増やさずコンパクトできれいに気持ちよく生活するためには、バランスと工夫も大事な要素となりそうです。

(日々清潔を心がけているつもりでも。色々考えると、お風呂場の掃除用スポンジの交換頻度も、今より上げたほうがよさそうな。トイレブラシのことも気になってきた・・。やはり1ヵ月あたりのスポンジのストックは、若干増えることになりそうです・・。)

関連記事

減らない洋服と体重の関係。

ローリングストック法で、非常食の備えも日常的なものにしていく。

トイレブラシをなくしてみた、その後の工夫。

トイレ風水を気にしすぎず、掃除のしやすさを優先する。

洗濯槽の洗浄は、重曹+クエン酸でさらにきれいに。

洗って使えるペーパータオルを、1ヵ月間使ってみた感想。