キッチンスポンジは、除菌ではなく交換にしようと思った話。


キッチンスポンジの交換頻度は、どのくらいの期間で行うのがよいのか。

たびたび気になってはいましたが。

今後は、週1回を目安にすることに決めました。

先日、キッチンスポンジ(食器洗い用)に関するニュース記事を見かけ、軽く衝撃を受けました。

キッチンスポンジ(食器洗い用)の交換の目安は、週1回くらいで。

結論から先にお伝えすると。キッチンスポンジの交換頻度は、「週1回」が望ましいというものでした。

除菌してスポンジを長持ちさせるより、短期で交換したほうがよい理由とは。

キッチンスポンジを、1週間に1回くらいの頻度で交換するのがよい理由は、バクテリアの問題です。

ニュースの内容をざっと要約してみると。

・ドイツの研究チームによる、食器洗い用スポンジの研究発表であること。

・ドイツのある地方の家庭から食器洗い用スポンジを集め、調査。

・全てのスポンジから、300種以上のバクテリアが発見される。そのうち共通して発見されたバクテリアのうちの5種は、病原体となりうる可能性(リスク)を持つものであった。

(その一方で、食中毒の原因となる大腸菌はほとんど発見されなかった)

定期的なスポンジの除菌により、かえって状態が悪化する可能性を指摘。

(念入りな洗浄や加熱(レンジ等)などで、定期的に除菌されたスポンジには、病原体となりうるバクテリアが高いレベルで見られた)

・スポンジ除菌により、短期的にはバクテリア数を減少させたが、定期的に繰り返されたことで、高い耐性を持つバクテリアがスポンジ内に残り強化されたのでは。

・結論として。スポンジを除菌するのではなく、1週間に1回程度の頻度で交換するほうがよい。

(免疫の弱った人(お年寄りなど)がいる家庭等では特に注意)

・・・

小さなキッチンスポンジの中で、そんなことが起こっていたのかと。思わずため息が。

(多くの穴があいたスポンジの形状、水も栄養分も豊富なスポンジ内の環境。これらが、バクテリアの繁殖に適した状態で、大量発生しても不思議はないのだとか)

衛生的によかれと思って行っていたスポンジ除菌によって、よくない意味での少数精鋭(バクテリア)が生き残ってしまい、さらに力を強めているようです・・。

(こうした事実を知ると、バスルーム掃除用のスポンジや、布巾、トイレブラシなど、あれこれ気になってしまいそう。追々、対策していくことに)

トイレブラシをなくす、を試してみる。

スポンジストックは増やしすぎずに。でも、こまめに確実に交換。

まずは、自身のキッチンスポンジの「現状」を振り返り、「今後」変更すべきところを書き出してみます。

■ 現状→ 今後

・キッチンスポンジは「2個」使用。(普通の食器洗い用と、鍋フライパン等の焦げ・油汚れ対応用)

→ 個数は、今後も2個のままでOK。

・2個のスポンジは、それぞれ月に1~2回の交換。

→ 今後は、2個とも1週間に1度の交換にする。

・スポンジのストックは、8個あれば約2ヵ月程持つ。

→ 今後は、ひと月で約8個消費することになるので、これを基準にストックする。

・シンクまわりの掃除用に、メラミンスポンジを使用。(いわゆるおそうじ消しゴム、メラミン樹脂でできたもの。使うと摩耗して小さくなっていく)

→ 長く使うとへたってきて見た目もよくないので、今後は早く使い切れるよう、今より小さくカットして使用する。

・・・

今後は、上記の感じで対策していくことにします。

これまでは、キッチンスポンジの汚れ具合を見て、月に1~2回程度の交換。除菌・殺菌と称して、スポンジに熱湯をかけたりもしていました。

この熱湯(加熱)が、耐性のあるバクテリアを作り出す一因になっていたとは。なかなかショックな研究結果ですね。

月に2回程度のスポンジ交換で、これまで特に問題もなく過ごしてきましたが。

除菌の手間で妙な神経を使うより、確かに週1程度でさっと交換したほうが、結局は楽で、確実に衛生的にもよさそうです。

今後は、キッチンスポンジのストックはやや増えそう。日用品のストックは過剰にならないよう気をつけていますが、一部なので割り切っていくことにします。

**

そんなわけで。このニュースを見た日のうちに、早速、キッチンスポンジ2個を新しい物に交換しました。

今後は、週1回の交換を忘れないよう、定着させていきたいところです。

キッチンスポンジの衛生面や、どのくらいの期間で交換するのがよいのかなど、なんとなく気になっていた場合は。

とりあえず、週1回くらいを目安にしてみるとよさそうですね。

関連記事

楽天モバイル(はじめての格安スマホ・格安SIM)に乗り換えて、料金も気分もすっき...

【肌断食】脱/化粧品、石けん、シャンプーは、できるのか。長期戦で取り組む。(宇津...

珈琲を淹れる時のコンパクトアイテム。

ボックスティッシュペーパーもミニサイズに。日用品の見直し、コンパクト化。

【肌断食】2ヵ月経過で気づいたこと。(宇津木式スキンケア)

ローリングストック法で、非常食の備えも日常的なものにしていく。