片づけに入る前の計画と心構え。

ある程度、自分で気が済むところまで片づけて、物を減らすことができた今だから思うことがあります。

 

それは、簡単でもいいから、指針となる「片づけ計画書」のようなものを事前に作っておけばよかったな、ということです。

 

箇条書きでもいいし、途中で計画が変更されてもかまわないので、片づけに入る前に最初に考えていたことを書き留めておくことは、かなり有効なことだと思うからです。

 

 

というのも。片づけの本に影響されて気分も盛り上がり、わりと勢いよく片づけに突入したのはよいものの、途中で何度もこのようなことに悩まされたからです。

・途中で捨てることに迷いが出る
・体力的にも気持ちも疲れて最初の勢いもなくなる
・なぜ片づけをしているのかわからなくなる
・物を減らしたいが目的があいまいになっている
・片づけが進まなくなる

 

本に書かれた様々な捨てる基準を意識しているにもかかわらず、それでも捨てられなくなったり、片づけの迷路に迷い込んだような気分になったことも。

 

おそらく、片づけて物が減りすっきりした住環境を手に入れれは、心身ともに快適で色々なことがうまくいく、というような、漠然としたイメージだけが先行していたからだという気がします。

物を減らしたい願望が強かったわりに、減らした後の具体的な生活の仕方や心理状態が、うまく思い描けていなかった(ぼんやりしていた)ことも原因。

 

人生の中で、物を捨て続ける経験も、そこまで物を減らした生活の経験もなかったので、最終的にいったいどうなるんだろう、というような心理的な抵抗も働いて、途中、片づけを休んだ時期もありました。

 

こういう気持ちの問題は、実際に片づけていかないと自分でもわからないことなので、ある程度は仕方ないこと。

それでも、目印となる「片づけ計画」があれば、途中で行動が止まっても、最初の計画や片づけ後のビジョンを思い出して、そこに立ち返ることもできたはず。

元の計画に違和感が出てきたり、新たな目的ができれば、意識的に変更を加えることも可能だったのではと。

 

 

そんな経験から、
最初は簡単な計画でもよいので、漠然としたイメージに逃げるのではなく、できるだけ何度も掘り下げて、片づけることの目的やその後のビジョンを、可能な限り明確にできるとよかったなと思うのです。

 

「片づけ計画書」は、片づけの迷いや疲れを最小限にする。

最小限の指針を書いたら、あとは思いつくことは何でも、可能な限り具体的に言葉にしてみるとよいと思います。

・何のために片づけたいのか
・どのくらいの期間で片づけるのか
・どれくらい物の量を減らしたいのか
・どのような部屋の状態にしたいか
・どんな気持ちで暮らしたいか
・片づけ終えたらやりたいことは何か  ・・等々

 

文字にしてその計画をたびたび意識するのと、頭の中だけでなんとなく思っているのとでは、のちのち結構差が出る気がします。

片づけ迷子に陥らないためにも、自分なりの片づけ地図(指針)を持っておくと、作業への迷いも減り、捗りやすくなるのでは。

 

(今振り返ると私の場合は、片づけ後に具体的に何かをしたいというより、片づけによってよりよい精神状態(強さ・平和・元気・前向き・平穏など)を手にし、それを自分のものとしてきちんと身に付けていくことが、一番の望み(目的)だったと感じます)

 

片づけてそぎ落としていく作業そのものが、自分の本当に望んでいることを知る手掛かりにつながっていることもあり、片づけにがっちり向き合って疲労困憊することも、けして悪い経験ではないと思いますが。

Sponsored Link

片づけは、心身の疲労・消耗をともなうと知っておく。

片づけが疲れることくらい誰でもわかると思っていても、その疲労度合というのは、やはりこれまでの片づけとは違っていました。

 

とにかく一定期間に集中して、捨てる残すの選択・決断を繰り返し、それを連続していく作業は、体力以上に心のエネルギーを奪われ消耗します。

 

これをある程度、先に知っておくだけでも、片づけの挫折は防げるかもしれません。

(片づけの停滞期が来ても、そんなこともあるという心構えがあれば、わりと楽観的に乗り越えられたのかも)

 

ずっと昔に実家の片づけで大変な思いをしたことも、時間が経ちすぎて若干忘れかけていたり、こんまりさん(近藤麻理恵さん)の影響で、片づけは楽しいものというイメージに置き換えられていたこともあり。
片づけに対する心構えが少しゆるくなっていたというか。途中かなり苦戦を強いられることになりました。。

 

 

片づけの最初から最後まで、楽しい気持ちを保ったままで作業を終えられる人もきっといると思いますが、このあたりは個人差もあること。

 

思いがけず片づけ迷子になってしまっても、焦らず、落ち着いた気持ちのときに片づけ計画を見直してみたり、また気持ちが回復してから再開すればよいと思います。

 

・・・・・

今回は、自分の片づけを振り返って、もっとこんなふうにしたら楽だったり、うまく乗り越えられたのかなと思ったことをあげてみました。
 

関連記事

思い出品、捨てられないと思っている物も、未来に意識を向けることで手放せる。

片づけ、はじめの一歩。

ポイントカードやクーポンを手放して、特典に振り回される生活をやめてみる。

5分間習慣で不要データ・メールも、すっきり片づける。

これも5分間習慣で片づける。パスワード関連の整理を始めてみた。

覚悟があればきっと片づく。片づけの最中に起きたメンタルの変遷。