【小さな習慣】でも効果は大きい。(簡単なことから実践)


以前は、「小さな習慣」を軽く考えていたのかも。

今は、簡単なよい習慣を長く続ければ、それは自分を支える大きな力になってくれると感じています。

昨年あたりから、【小さなよい習慣】の効果を、あらためて意識するようになりました。

今回は、そのよい習慣を増やすために実践していることや、効用についてまとめてみます。

(と言っても、ごく簡単なことばかり。それでも、行動や思考は着実に身軽になっているかんじ)

【小さな習慣】でも効果は大きい。(簡単なことから実践)

些細なこと、小さなことでも、【よい習慣】を積み重ねていくと、人はもっと生きやすくなると思います。

よい習慣が、自身を変えていく。

詰まるところ、「ものの考え方」が人生を作っていくので。

それぞれが自身の望む暮らし方を考え、そうなるために、日々の習慣を変えていく以外に近道もなさそうです。

□ 行動のクセを見直す

□ 思考のクセを見直す

□ 新しく、よい習慣を作る

□ わるい習慣は、よい習慣に変換していく

小さな習慣が作れない理由。

さまざまな本でも、小さな習慣の良さが書かれていたり、頭ではわかったつもりでいたりするのに。

私を含め多くの人は、なぜ、なかなか実践できないのかと、その理由を考えてみると。

■些細な行動や小さな習慣を、

・軽く考えている。

・どこかで侮っている。

・もっとほかに、人生をよくするための楽な方法があると思っている。

ざっくりとしていますが、根底には上記のような考えがあるのだと思います。

●それでも、人生のどこかで気づくのは、下記のようにごくありふれたこと。

・魔法も裏技もない。

・当たり前と思われるようなことを、きちんと続けている人のすごさと素敵さを知る。

・小さな習慣を、いかに面白く続けたり、積み重ねられるかがポイント。

【例】片づけや掃除について。

「小さな習慣」について、個人的な例をあげてみると、下記のとおり。

今までの習慣を、少しずつよいと思える習慣に変えていきました。

●変更前 → 変更後の習慣

・各種の大量ストック。 →  必要以上のストックを持たない。

・複数の同様アイテム。 →  同じアイテムをいくつも買わない。兼用する。

・買うばかりで捨てることをしない。 →  何か買って増えたら、そのぶん使わない何かを減らす。

・週に1度か月に数回、まとめて掃除をする。 →  毎日1ヵ所でも数分でも、どこか掃除する。

・使った物はそのまま放置。 →  毎回、所定の場所に戻す。

こんなふうに、いずれも些細なことばかり。よい習慣として定着するまで、それなりに時間がかかったものもあります。

けれど、長年こうした小さな習慣があった人と、何もなかった人とでは、おそらく年月を経るごとに、「部屋の状態」も「思考や行動のクセ」も、まったく異なってくるはず。

・・・

少しずつ、習慣を作ったり変えたり、そんなことを実践するようになってから思うのは。

・日々の中の、ごく簡単具体的に行動できることがポイント。

・難しいものである必要はない。

・自分の行動次第で、確実に変えていけるという実感が大事。

【よい習慣づくり】ごく簡単な内容を行動に移す → それを増やす。

最初は、ひとつ小さな習慣を持つだけでよいと思います。

ある程度の期間で、それが定着してきたら、二つ目、三つ目と、習慣を増やしていくかんじで。

私の場合は、5分間掃除が続けられたことに気をよくし。今も試行錯誤しつつ、簡単にできそうなことから手をつけています。

5分間掃除の習慣が続いている理由。

最近は、よい習慣を増やすことがさらに面白くなってきて、なかなかよい傾向。

・1日5分の掃除習慣。

・1日5分のストレッチ。

・夕飯軽めウィーク。(今週は、夜の炭水化物を控える)

・月に1~2回は、不要な物チェックをして捨てる。(日常的なゴミ以外で)

・風呂上がり後に洗濯。(以前は朝一でやっていたが、夜に洗濯を済ませることで朝に余裕ができる)

・2週間の不要データ削除ウィーク。(毎日5分程度、PC等に溜まった不要データを捨てる。先日ひとまず終了)

不要なデータやメールも、すっきり整理。5分間の習慣で片づける。

、、等々。

それでも、腰が重く、習慣化が難しく感じる場合は。

・日頃の自身の行動をメモして、客観的に見てみる。

・今と同じ行動習慣を続けた場合の、1年後、3年後を想像してみる。

・忙しくて疲れていても、実践できそうな内容を考える。

(できるだけ具体的にする、細分化する、簡単なことにする、など)

・今後の自分に役立つこと、先々達成できたらうれしいと思うことなどを書き出し、そこから必要な習慣を考えてみる。

■例えば、最初は、1分以内にできそうなことから。習慣にできれば、効果も大きいと思います。

・靴を適当に脱いでいる → 帰宅したときや夜寝る前などに、玄関の靴をそろえる

・帰宅後、つい上着を脱ぎっぱなし → さっとハンガーにかける 

**

というわけで、今回は「小さなよい習慣」を作ることについてでした。

個人的には、わりと習慣をないがしろにしてきたので、反省しつつも。

「今さら・・」などとは思わず。 「習慣づくり」の面白さ、楽しさに気づけてよかったなと感じています。

1日しかできなかったら、また翌日から始めればよいし、3日坊主でも、また次の日から再スタートすればOK。

断続的でも、完全にやめたり諦めたりしなければ、意外と習慣らしきかたちになっていくものだと思います。

習慣やルーティンに縛られすぎて、気持ちが窮屈になるのは本末転倒だけれど。

実験のようなつもりでいると、案外と楽しかったりします。

遊ぶように試しているうちに。気づいたら、たくさん「小さなよい習慣」が増えていたりするかもしれませんね。

関連記事

2020年に手放したいもの、変えたい習慣。(ハードル低めで、実験 & 実践)

片づけがはかどるシンプルな方法は。【迷ったら捨てる、迷ったら買わない】

減らない洋服と体重の関係。

買い物への依存や後悔を減らすために。(6つの直感センサーで、消費行動を振り返る)

納得して片づける(捨てる・手放す)ために、最後のひと押しにもなる質問。

「よい選択」をするには。正しい選択に執着しすぎないこと。