虫除けアロマはどれが効く? 精油で、蚊・ダニ・ゴキブリにも対策。


梅雨~夏の終わり頃までの時期は、特に、さまざまな虫に悩まされる季節です。

自然のアロマオイル(精油)で手軽にできる「虫除け対策」について、まとめてみました。

どうしても困ったときは殺虫剤などのお世話になるとしても。

できれば強い薬類の利用は最小限にして、生活にもなじみやすい、自然なアイテムで対処したいと思っている人も多いのでは。

今回は、自身の再学習も兼ねつつ。
アロマオイル(精油、エッセンシャルオイル = 植物から抽出されたもの)で簡単にできる、虫除け対策についてです。

虫除けアロマには、レモングラス、シトロネラなどが期待大。

虫除けに役立つとされるアロマオイルは、様々な本やサイトでも見かけます。

色々あって、いずれもそれなりに作用効果が期待できそうですが、実際はどれが一番、威力を発揮してくれるのか気になっていました。

調べてみたところ。今の季節、特に困る人も多い、「蚊、ダニ、ゴキブリ」に関して、この2種類の精油に、共通して、一定の虫除け作用が確認されているようです。

レモングラス= イネ科の植物。レモンにも似た鮮やかで力強い香り。エスニック料理などにもよく使われる。(香りの系統は、柑橘系)

シトロネラ= イネ科の植物。少し甘さもあるレモンのような香りが特徴。(香りの系統は、柑橘系)

蚊、ダニ、ゴキブリなどの対策に、虫が嫌う香りを利用する。(忌避作用)

エッセンシャルオイル(精油)には、蚊をはじめ、昆虫類が嫌う、近寄らなくなる(忌避作用のある)香りがあるので、それらをうまく活用することで、虫除け対策に役立てることができます。

以下は、「公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)」より出された実験結果を参考に、ざっくりとまとめてみました。

【※注意点として】

・日常的な利用で、精油を直接肌につける場合、AEAJでは濃度1%以下を推奨している。(精油を、無水エタノールや水、キャリアオイルなどで希釈するのが一般的)

・一方で、実験では、ある程度の高濃度で行われているものもある。

(*参照データ)

◆ 蚊

( *1 )

蚊に対して、90%以上の忌避作用が確認されたのは、この2つの精油。(忌避率の高い順)

1.レモングラス
2.シトロネラ

◆ ダニ

( *2 )

ダニに対して、6種類の精油で、忌避作用が確認された。(忌避率の高い順)

1.シトロネラ
2.ペパーミント
3.ユーカリ
4.ゼラニウム
5.レモングラス
6.ユズ

◆ ゴキブリ

( *3 )

ゴキブリに対しては、3つの精油の中で、レモングラスに最も強い忌避作用が確認された。


(シトロネラの忌避率は半分くらい。ペパーミントの場合は、反対にゴキブリが集まりやすくなるなど、あまり効果が見られなかった様子)

1.レモングラス
2.シトロネラ
(△ 3.ペパーミント)

・・・

上記の結果から、わりと意外だったのは、ペパーミントがゴキブリにはあまり効かないらしい、ということ。

(年々、遭遇することが減っていますが、個人的には、自作のハッカ油スプレーで、ゴキを退散させたことがあるので(1度だけ)。

ペパーミント同様にハッカ油もメントール成分がありますが、もしかして、それよりも、エタノールが強かったせいなのかも? と、今回ふと思いました。水を混ぜずに「消毒用エタノール + ハッカ油」で作ったので)

だいぶ昔ですが、シトロネラは、の対策スプレーに試していたこともあり、なかなかの力を感じていたので、納得。

レモングラスは、クローゼットの防虫剤代わりに使ったりした時期はありますが、虫除けスプレーとして利用したことはないので。今度、レモングラス精油を買った際は、スプレーで虫除け具合を試してみたいです。

簡単、虫除け対策。(スプレー、置くだけ)

ふだんの生活の中で精油を使う場合、1%程度の濃度(AEAJの基準)にしておくと、肌に直接つけても、概ね安全、安心だと思います。

ただ精油により、皮膚への反応も個人差がでる場合もあるので。
慣れないうちは薄めからはじめて、様子を見ながら、各自に合わせて濃度を調節していくとよいのでは。

■虫除けスプレー

【基本事項: 希釈濃度】

・原液ではなく、精油の濃度が1%くらいになるように希釈する(薄める)。

・精油量の目安。1ドロップ(1滴 )= 約0.05ml

(例)

無水エタノール 5ml + 水(精製水)45ml = 計50ml を使用する場合。
 精油は、0.5ml = 10滴 混ぜればOK。( 約0.05ml/1滴 × 10滴 = 0.5ml )

■無水エタノール+水で30mlなら、精油は0.3ml = 6滴 混ぜる。

■その他では、 キャリアオイル(植物オイル)を10ml、精油は0.1ml = 2滴 混ぜる。

上記を目安に、使いやすいサイズのスプレーボトルまたは保存容器を用意し、その中で混ぜて使うだけ(スプレーしたり、塗布したり)です。

・・・

個人的には、楽なこともあり、水を混ぜずにスプレーを作ることが増えていて、このあたりが使いやすく基本になりつつあります。

消毒用エタノール 30ml、精油0.3ml = 6滴

これで虫除けから、ルームスプレーなど、何かと使えます。

ハッカ油 のように、わりと幅広く使えるものも便利だし、他の精油に変えるだけで、スプレーの用途も色々楽しめますね。

■置くだけ。より手軽な虫除け、防虫には。

スプレーを作るのが手間だったり、エタノールが苦手な場合は。

■ティッシュやハンカチに直接、精油を2~3滴おとして、デスク(または足元)、棚、クローゼット、引き出しなどに入れておく。

Sponsored Link

■小さい空き瓶などに重曹を入れ、そこに精油を数滴まぜたものを、虫除けしたい場所に配置。(部屋の隅、洗面所やキッチンのシンク下など)

こんなかんじで、部屋や住まい全体に、ほんわりと精油の香りを行き渡らせておくのも、手軽な虫除けになるのでは。

(私も、スプレーを使いつつ、必要に応じて、置くだけアロマを取り入れています)

・・・

いずれにしても、まずは身の回りや部屋の掃除など、清潔を心がけ。
プラスαとしてアロマを活用していくと、より香りの力も高まりそうです。

本などで、簡単にアロマの基本的なことを知っておくと便利。

精油が自然のものだからといって、誰にとっても安心・安全というわけではないので。

個々の体質体調に合わせるのはもちろんのこと、小さい子供やお年寄り、ペットなどには特に注意も必要。

アロマに関しては、本や精油販売店のサイトなどで軽く調べて、簡単な基本事項を学びつつ。楽しく安全な利用を心掛けたいですね。

≫ アロマテラピー、精油に関する本をみる/amazon

虫除けアロマも、好きな香りを選ぶ。

いくら虫除け作用がある言っても、誰しも苦手な香りというのもあると思います。

(合わない香りに長時間さらされると、気分がわるくなったり、頭痛などの原因になることも)

なので、一定の作用が期待できるアロマオイルの中から、自分や家族の好きな香りを選んで使用するのが現実的。

・各精油がどんな香りなのかすでに知っていれば、好きな中から選ぶ。

・アロマや精油になじみがない(ほぼ初心者の)場合は、店頭などで実際に香りを確かめたり、お店の方のアドバイスなど聞いてから決める。

(かつて自分が、アロマに関心を持ち勉強した頃より、初心者向けの精油セットや、アロマテラピー検定向けの精油セット、テキストなども、ネットで買いやすく充実しているなと。今回色々調べていて、あらためて思いました)

虫除けアロマで、毎日を快適に。

その年の気候などによって、害虫類に遭遇する頻度は異なってくるかもしれませんが、やはり自作のアロマスプレーが1本あるだけでも、わりと安心できたりします。(家でも外でも手軽に使える)

虫にとっては避けたくなる嫌な臭いの精油でも、人にとっては心地よく快適にしてくれる香りだったりするので。自然の作用は、不思議で面白いですね。

(個人的に、昨年はやけに蚊が多くて悩まされましたが、今年はまだそれほど気温が高くないせいか、蚊にもあまり刺されず。ダニ、ゴキ・・の被害も今のところなしです。とはいえ、猛暑日が始まれば、また様子も変わってくると思うので。とにかく対策。

この2~3年は、ハッカ油の万能ぶりに感心して、すっかりはまっていましたが。また色々な精油も楽しんでいきたいです)

・【万能スプレー】汗もニオイも虫除けも、このアイテムの兼用ですっきり。(ゴキ・・対策にも?)

今回の虫除けアロマに限らず。定番的な精油の特徴(作用や効能)を知っておくと、いつでも手軽に、自分で心身を整えることにも役立てられたりするので。

・消臭
・防虫
・リラックス
・集中
・気分転換
・睡眠時、起床時
・セルフケア
、、ほか

それぞれに好きなアロマオイル(精油)をうまく生活に取り入れながら、毎日を快適に過ごしていけますように。

【関連】

・虫刺されに重曹が効くらしいので試してみた。

・今年の虫除け・虫刺されケア。重曹、ハッカ油、ワセリン・・で乗り切る。

関連記事

食器洗い用スポンジは、除菌ではなく交換にしようと思った話。

「コラージュ石鹸」が、肌の悩みと向き合うきっかけになった。

なぜか100円ショップにハマっていた時期を振り返る。

掃除の負担を減らすには。洗剤の数を減らし、ほどほどの掃除で快適に。

パックスの全身シャンプー(シンプル成分)を使ってみた感想。

初めての「ヘナ」で髪染め、試してみた感想。