思考・感情・行動・習慣

【習慣と新しい行動】自分に合ったバランスを見つけること。

「習慣」に関心を持つようになってから、反対の「新しい行動」についても、いろいろと考えるようになりました。正解も決まりもないので、いずれのバランスも、自分で探っていくことが大切です。


【よい習慣づくり】は、ここ2年くらい、個人的な楽しみのひとつになっています。

ただ、「習慣化のよさ」と「マンネリ化の懸念」のあいだで、ふと迷いが出ることも。

そんな中、下記のニュースサイトの記事を読み。ルーティン(決まった仕事や一連の動作、日課など)や習慣化のバランスについて、あらためて考えることが増えてきました。

(参考: BUSINESS INSIDER JAPAN )


(内容をざっくりまとめると。ルーティンを避ける理由や、そのメリットなどについて書かれています)


【習慣と新しい行動】自分に合ったバランスを見つけること。


いろいろと試しつつ、現時点で個人的に思う結論としては、下記のとおりです。

■ 「習慣」と「新しい行動」のバランスについて、正解や明確な答えがあるわけではない。

■ それぞれ試しながら、各自に合うスタイルを見つけていくことが、いちばん大切。


「習慣」「新しい行動」には、よい面もそうでない面もある。


上記のことが大事だと思う理由としては。

・「習慣/ルーティン」と「新しい行動/いつもと違う行動」。いずれにも、メリットとデメリットはあると思うから。

・どちらの割合が多いほうが、自身が行動しやすく、成長を感じられるのかは、人それぞれ異なるから。


・・・

私の場合、今のところは、「習慣化」の面白さや楽しさに魅力を感じる部分が大きいです。

けれど、度が過ぎると、ちょっと気持ちが窮屈になってしまうことも事実。

新しい行動や刺激も、もちろんあったほうがいいので。最近は、その心地よいバランスを探っているところです。


習慣と新しい行動、その組み合わせを工夫してみる。


「習慣/ルーティン」「新しい行動」の良し悪しについて、思いつくことを少しあげてみます。


◆習慣化のメリット

・日常によい習慣が増えることで、余計なことを考えなくて済む。

・ひとつひとつの行動がスムーズになる。

・毎日、同じ習慣があるからこそ、小さな変化や成長に気づけたり、その様子を楽しむことができたりする。

・日々の決断疲れを減らすことができる。



◆習慣化のデメリット

・マンネリ化による飽き(退屈な感覚)がでてくる。

・新しいことやイレギュラーな行動を避けやすくなる。

・パターン化された行動から外れると、ストレスを生む原因になる場合も。


●新しい行動(習慣を避ける)のメリット

・集中力、記憶力、生産性を高めたり、創造性が刺激されたりする。

・新しいことや突発的なことにも、柔軟に対応する力を養える。

・習慣にとらわれすぎないようになる。


●新しい行動(習慣を避ける)のデメリット

・地道、あるいは、やるべき必要な行動まで遠ざけようとするかも。

・常に新鮮さがないと、行動する気になれない場合も。

、、等々。


他にもいろいろあるかもしれません。

習慣化すること、習慣を避ける(新しい行動をする)こと。

いずれも必要なものだと思うので、「自身の力が出しやすいバランス」を見つけられると、人生の自由度や豊かさも増していくように感じます。


できる範囲で新しい行動や視点を取り入れ、自分の感覚を知る。


人それぞれ生活環境は異なっても、習慣化したほうが便利な部分と、新しいことを取り入れたほうがよい部分はきっとあると思います。

なので、まずはできる範囲、思いつく範囲で、ふだんの習慣とは別の行動に変えてみると、いろいろ気づくこともありそう。


例えば。

・通勤経路を変えてみる(冒頭のニュース記事にあった内容)

・仕事の手順を見直す

・家事の仕方を見直す

・食事内容、スタイルを見直す

・週末の過ごし方を変える

・よく読む本や見る映画のジャンルも、たまには違うものを選んでみる

・外食で、ふだん頼まないメニューを選んでみる

・散歩やジョギングのルートを変える

、、等々。


見直したり、新しい行動を取ってみた結果、自分なりに得られる感覚にもとづいて、「習慣」と「新しい行動」のバランスを見つけていくのがよいのかなと思います。

・今までのやり方のほうがよかった

・手順を変えたら前より効率がよくなった

・いつもより気分がよい、新しい視点を得られた

など。


習慣を作ることにも、習慣を避けることにも、何かしらの発見はありますね。



**

今回は、ここしばらく気になっていた、「習慣」と「新しい行動」のバランスについて考えてみました。


この2年ほど習慣化を意識してきて、うまくいったりいかなかったり。定着したものもあれば、自然とやらなくなっていたものなどいろいろです。

今もあれこれ実験中。

決まった習慣を継続すること、新しい考えや目線を持とうと行動すること。

どちらも大事にしながら、それぞれが自身に合ったバランスを見つけていきたいですね。



【データ整理のコツ】「情報はどんどん捨てる」を実践してみる。前のページ

パックスの全身シャンプー(シンプル成分)を使ってみた感想。次のページ

関連記事

  1. 片づけ・コンパクト

    「よい選択」をするには。正しい選択に執着しすぎないこと。

    「よい選択」とは何か、難しい問いではあるけれど。「正解探し」…

  2. 思考・感情・行動・習慣

    【習慣化のコツ】基本は、休まない、モチベーションに頼らない。

    わりと長く続いていた、「1日5分掃除の習慣」。ちょっと変則的…

  3. 思考・感情・行動・習慣

    5分間掃除の習慣が続いている理由。

    毎日の中の「5分習慣」が、こんなによいものだとは。今さらです…

  4. 思考・感情・行動・習慣

    【小さな習慣】でも効果は大きい。(簡単なことから実践)

    以前は、「小さな習慣」を軽く考えていたのかも。今は、簡単なよ…

  5. 生活用品・エコ

    【洗濯物の部屋干し対策】梅雨の時期のひと工夫。

    「洗濯物の部屋干し」は、梅雨の時期の困りごとのひとつ。ちょっ…

Archive

PAGE TOP