初めての電子書籍。どのサービスがよいか迷ったら、まずは3つから選択してみる。

今回の内容は、電子書籍についてです。

 

・まだ電子書籍を利用したことはないが、関心はある。

・物を減らしていきたいので、紙の本も少しずつ片づけて手放し、今後は電子書籍も利用していきたい。

・とはいえ、初めてなのでどの電子書籍サービスを使おうか迷っている。

・基本は紙の本が好きで、電子書籍の使い勝手もやや心配。

 

これは、電子書籍を試す以前の自分の様子です。電子書籍も一般的になってきたとはいえ、気になりつつもなんとなくまだ利用したことのない方もわりと多いのかもしれないと思い。

電子書籍初心者の頃の様子や、現在の使い勝手などについてまとめてみます。(電子書籍生活は、便利でとても快適)

 

私自身、電子書籍を利用し始めて数年。けして電子書籍サービスを使いこなしているとは言い難いですが、それでも特別不便もなく、日々スマホで読みたい本を読めています。

 

・・・

結論から先に言うと、電子書籍も個人の好み慣れによるところが一番大きいのかなと思うので。

・最初はいくつかの会社のサービス(電子書籍ストア)で、無料で読める本などを試しつつ。

・1~3つくらいのサービスに絞って、実際に購入してみる。

・使い勝手を確かめつつ様子を見ながら、あとは電子書籍を読むことに慣れていく。

といったかんじで、気軽になじんでいくのがよさそうです。

 

現在、電子書籍ストア/サービスを提供する会社は多数ありますが、ここで紹介するのは3つのサービスのみです。

電子書籍はサービスを絞って、まずは使って試してみる。

電子書籍の初心者の頃から、今のところも利用しているのはこの3つのサービスです。(公式サイト ↓ )

 

(上記以外では、honto、BOOK WALKER、ebookjapanなどの大手電子書籍ストアや、コミックなどに特化したストアなど様々あります)

電子書籍の一般的なメリット。

電子書籍を利用するようになって、そのよさを改めてあげてみると。

 

・購入した本はすべて端末(PC、スマホ、タブレットなど)に収まるので(ダウンロード)、単純に物質的な物が増えない。

・本の管理が楽になる。(本のホコリや劣化、整理整頓に悩まされなくなる)

・いつでも自分の読みたいタイミングで本を購入し、すぐに読める。(夜中でも明け方でも、読みたいと思った瞬間に本が手元に来るのはうれしい) 好きな場所や時間を選び読書できる。

・どれだけたくさんの本を持ち歩いても、実質的には端末の重さのみ。

・文字の拡大縮小も可能なので、目が疲れぎみのときも助かる。

・紙の本よりページめくりが楽なので、ソファで横になったり寝ながらでも、比較的読みやすい。

・試し読みできるものが大半なので、購入を迷う場合は、無料試し読み(サンプルダウンロードなど)をしてから検討できるのも便利。(本の目次や最初の数ページを読める)

電子書籍の一般的なデメリット。

電子書籍の歴史はまだ浅く成長過程なので、デメリットというよりは、今後のサービス拡充を楽しみにしているかんじです。

 

・すべての本が電子書籍で出版されているわけではないので、読みたい本の度合いによって、紙の書籍と電子書籍の併用は必要。

また、Kindleでしか出版されていない本などもあり、これらが読みたい場合は不便に感じる人もいそう。(紙の本で読みたい、または他の電子書籍サービスを利用している場合など。ただ、特化サービスなのでKindle利用者にはメリットでもある)

(紙の本が出版されて、時間差であとから電子書籍になることも多いよう。読みたい本が紙の本しかなくてしばらく保留にし、あるとき再検索したら電子書籍化されていて購入したことも)

・図や写真、見開きなど、全体をせいせいと見たいと思ったときに、小さなスマホやPC画面だとどうしても多少の見づらさは感じてしまうことも。

・本の中の検索機能(気になったフレーズや文章を探すのに便利)が、本の仕様によっては利用できない場合もある。

今使っている電子書籍サービスについて、メリット・デメリットは?

個人としての利用経緯や、サービス内容のメリット・デメリットなどあげてみます。と言いつつ、総じていずれも特別な不便はなく、基本的には電子書籍は、やはり慣れによるところが大きいと感じます。

(電子書籍リーダーなどの専用端末だけでなく、いずれもアプリを使うことで、手持ちのスマホ・タブレット・PCなどで読書ができます)

 

◆「Kindle」

電子書籍についてネット検索した初心者の頃に、多くの電子書籍サービスが存在することを知りました。ですが、電子書籍といえば、やはりAmazonの「Kindle」一択なのかなと思い。

Amazonでの買い物で以前からアカウントもあるので、最初はKindleサービスから入りましたが、どうも私のパソコンでアプリの動作がいまひとつだったので、一旦置いておくことに。(その後しばらくして、スマホでもPCでもきちんと動作確認ができたので、今も利用しています)

本のレビュー(口コミ)が豊富で購入時にある程度参考になるのと、Kindleでしか出版されていない本もなかなか魅力的だと感じています。

Kindleの日替わり/月替わりセールなどをチェックすると、お得な購入も可能。

>>Kindle

 

◆「楽天Kobo」

Kindleを一旦保留中に、楽天Koboも使ってみることにしました。(Amazon同様、楽天市場の利用ですでにアカウントもあり、Koboの利用もすぐに可能だったのと、楽天ポイントも貯まるため)

最初の頃は、貯まっていた楽天ポイントをよく利用していたので、電子書籍も実質無料か、かなりお得に購入できたため、その後も継続して利用しています。

電子書籍に慣れていない当初は、その割引率にたびたび驚いていました。Koboでも期間限定のクーポン割引などありそれも利用しますが、セールやキャンペーン期間中にチェックしてみると、気になっていた本が大幅な割引で購入できたりすることも。

(例えば。紙の本でも電子書籍でも、通常1200円~1500円くらいのものが、100円~500円程度で購入できたり)

慣れない頃は何かの間違いかと心配したことも・・。けれど、キャンペーン期間が終わると当然ながら通常価格に戻っているので、まめにチェックしたり上手に活用すれば、電子書籍は本当にお得で便利なものなのだと知りました。

>>楽天Kobo

 

◆「BookLive」

電子書籍サービスを調べているときに知った「BookLive」を思い出し、こちらも使ってみることにしました。

最初の無料会員登録で、半額クーポンがもらえると書かれていたので。おかげで半額で本を購入できました。その後も、たまにメールで半額クーポンのコードが送られてきたりして、お得に活用できます。他のストア同様、セールやキャンペーン期間などもあり。

(注意点はクーポンに期限があること。ほしい本があるときに、うっかり期限切れでタイミングを逃したことが何度も)

BookLiveは凸版印刷グループのサービスですが、TSUTAYAも出資しているようで、Tポイントを貯めたい人にはより便利かも。

>>BookLive

 

・・・

各サービスのアプリの使い勝手は、最初のうちは戸惑うものの、使っているうちに慣れてきます。(また、紙の本に慣れていて電子書籍を読むと、やはり多少の違和感はあるものですが、思いのほかすぐになじむものだということも実感しました)

操作などわからないことがあるときは、各サービスの公式サイトを見たりネット検索することで、使用方法や疑問点も概ね解決できると思います。

 

(電子書籍を読みながらラインを引いたりメモ機能を利用したりはほぼせず、ひたすら読むかんじなので。各サービスの機能に関して、個人的にはそれほど不便も感じないという部分もあります。

Sponsored Link

多機能好きな人や上手に使いこなせる人にとっても、また違った読書の楽しみ方を作り出せるのでは)

 

3つのサービスを利用することで、読みたいと思ったタイミングに比較的お得な価格で購入できている気がします。これまでも、定価で購入したものの方が少ないかと。

(こうした割引・セールの恩恵も、ダウンロードだけで本が読める、販売側が実質的な在庫を抱えないという、電子書籍の強味があればこそなのかも)

 

本の手放し方(宅配買取)。

電子書籍への切り替えついでに、本の片づけについても少し。

本やCDの類は「宅配買取サービス」を何度も利用しながら、段階的にその数を減らしていきました。(宅配買取の詳細は、下記の公式サイトより確認できます)

(近所の買取店も利用したことがありますが、結構な労力がかかると知り・・。持ち込む手間や時間を考えても、宅配買取の便利さは本当に助かります) 古くて状態のひどい書籍類は、普通にゴミとして処分しました。

>>net off/ネットオフ

(楽天をよく利用する人にはこちらも便利かも)

>>楽天買取

 

気になっているけれど、まだ利用していない電子書籍サービス。

 

■「Kindle Unlimited」

月額980円(税込)で、Unlimitedの対象タイトル100万冊以上が読み放題。(和書、洋書、漫画、雑誌など)

>>Kindle Unlimited

 

■「楽天マガジン」

月額380円(税抜)で、200誌以上の雑誌が読み放題。

>>楽天マガジン

 

(いずれも、スマホ・タブレット・PCなどの端末から読めます。また約1ヵ月の無料お試し体験も可能)

紙の本や雑誌しか存在しなかった頃を思うと、上記もとんでもなくお得なサービスだと思います。(両方合わせても月額1500円程度で、本や雑誌を毎月各1~2冊以上読んだだけでも元が取れてしまうかんじなので)

 

気になりながらもまだ利用していない理由として。(個人の偏りによるところが大きい)

・Kindle Unlimitedを試してみたいと思いチェックしてみたときに、読みたい本がUnlimitedの対象タイトルに含まれていないことも多々あると知ったため。(新刊本も多数あるので、当然といえば当然ですが。対象商品も入れ替わるそうなので、その時はそういうタイミングだったのかもしれない)

・紙の本から電子書籍に移行していくにあたって、いわゆる積読(つんどく)を極力やめようと決めたので。(まとめ買いしたけれど、買って満足してほぼ読まなかった本。紙の書籍のときは、こういうのがとても多かったので)

基本的に電子書籍は2~3冊購入して、読み終わったら次を買う、というかんじのペースにしている。

・サービスを最大限活用すべく多読や速読をしたいと思うが、いまだにできないため。(多読・速読などのスキルを持ち効率よく読書する人を真似したいと思ったこともあるが、残念ながらうまくいかず・・。自分のスペックに合った読書をしようと思った)

・上記に共通する部分でもあるが、たくさん読みたいけれど情報過多で処理しきれない自身を、容易に想像できるので。

 

主にはこんな理由で、今は自制しているかんじです。(と言いつつ、そのうちなし崩し的にちゃかりサービスを利用していそうな気もしますが・・)

 

いずれにしても、気軽にたくさん読みたい人にとってはとても便利なサービスなので、気になった場合は無料お試し期間で様子を見るのもよいと思います。

***

いずれどこかひとつのサービスに絞ろうと思いつつも。3つのサービスを利用することで、自分にとってよいタイミングでお得な書籍購入ができているかんじなので、しばらくこのまま継続予定です。

 

電子書籍サービスを提供する会社も増え、充実してきているようなので、色々比較すればもっと個々に合ったサービス内容も見つかるかもしれません。

ただ、選択肢が多いというのは多様性があってよい反面、迷う時間が増えるという側面も。なので、迷う時間を極力短縮するためにも、日頃の買い物でもなじみがあったりする会社の電子書籍サービスから、まずは使い勝手を試してみるのもよいかと思います。

 

 

週末や連休などを利用して、紙の本を片づけつつ「宅配買取サービス」を利用してみたり、新たに「電子書籍サービス」で本を購入して、今までとは違った読書体験を楽しんでみたり。

物質的な物を減らしながらも、これまであまり試したことのなかった体験や楽しみを増やしていくことは、今後もさらに容易になっていきそうですね。

関連記事

塩浴生活も試してみる。(肌断食のためのプラスα)

今年の虫除け・虫刺されケア。重曹、ハッカ油、ワセリン・・で乗り切る。

洗濯槽の洗浄は、重曹+クエン酸でさらにきれいに。

トイレブラシをなくす、を試してみる。

洗濯槽の掃除も重曹ですっきりする。

なぜか100円ショップにハマっていた時期を振り返る。