思考・感情・行動・習慣

【ストレス対策】身軽に生きるためには。(たくさんの対処法を知っておくこと)

[chat face=”p2.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]

「ストレス」をゼロにすることは難しくても。

適切な対処法をたくさん知っておくことで、

心身の健康を守り、解決につなげることもできると思います。
[/chat]

物が少ないことは、片づいた部屋をキープしていくうえでメリットになります。

一方で、【ストレス対策】においては、その「対処法」「解決策」を、できるだけたくさん知っている(持っておく)ほうが、改善できる確率が上がるようです。

「たくさん持っているほうが、身軽になれることもあるんだなぁ」と。そんなことに気づかせてくれたのが、こちらの本です。

【100個】ものストレス対策(科学的検証もされている)について書かれています。

それだけでなく、心や頭をすっきりさせ、身軽な人生につなげるための考え方やヒントもたくさん。

【ストレス対策】身軽に生きるためには。(たくさんの対処法を知っておくこと)

ストレス対策において、基本としておさえておきたい大事なことは、下記の2つです。

■ ストレス対策は、レパートリーが多いほどよい。

■ ストレス対策は、質より量のほうが大事。

複数のストレス対策が、安心と回復につながる。(身軽な心になりやすい)

上記のことが、特に大切だと思う理由としては。

・たくさんのストレス対策(解消法)を知っていれば、解決できる確率も高くなるから。

(シンプルに、5個の対策よりも、10個の対策を持っているほうが有利)

・ひとつの方法(質)にこだわりすぎず、いろいろ試していくことで(量)、幅も広がり、改善につながることも増えるから。

・・・

ストレスに飲み込まれないためには、とくかくできる対策を増やし、試し続けていくことが大事なのだと感じます。

「ストレスは、自分で対処できる」と思えてくると、生きるうえでの安心感にもなり、あれこれ試しつつ対策を講じているうちに、回復力や解決力もついていきそうですね。

身軽への一歩は、自分のアンバランス(偏り)を知り、対策することから。

個人的に、特に気になった点をまとめてみます。(それぞれに対する具体策は本書で)

□ 自分のストレスに気づく、正確に把握する。

□ ストレスの根本原因(アンバランス)は3つ。思考、栄養、受容

□ 長期と短期で対策する。(時間をかけた対策が必要な場合もあれば、即効性を感じやすい対策もある)

あらゆるストレスや悩みが混ざり合っていたりすると、頭も心も混乱しやすいです。論理的とか順序立てて考えるとかも、できにくくなったり。

けれど、そういう状況が、自分に向き合うきっかけになることもあると思うので、何事も考え方しだいなのかもしれませんね。

本にあげられたストレス対策には、時間のかかるものから、手軽にできるものまでさまざま。100個もの対処法があれば、人それぞれ何かしら合う方法も見つかりそう。

私も参考にしながら試しつつ、【対策レパートリー】を増やしているところです。

(感情や思考の記録、瞑想、呼吸法、軽い運動、発酵食品の活用、自然を取り入れる、、等々)

(個人的にも、ストレスにやられっぱなしでは困るので、「ストレスを利用」して自分を改善できる、くらいに捉えられるようになりたいなと思ったりします)

**

というわけで。今回は、ストレス対策法をたくさん持っておくと、より身軽な人生に近づいていくかも、という内容でした。

日々のちょっとしたメンテナンスで、メンタルの悪化を防ぐことも、きっと可能になると思います。

大なり小なり、ストレスは常に身のまわりにあるものなので。ヤケになったり、過敏になったりせずに。

遊び、実験感覚、焦らず気長に」という意識も持ちつつ、ストレス対策していく姿勢も大切かもしれませんね。

ウタマロクリーナーを試してみた感想。前のページ

【データ整理のコツ】「情報はどんどん捨てる」を実践してみる。次のページ

関連記事

  1. 片づけ・コンパクト

    【データ整理のコツ】「情報はどんどん捨てる」を実践してみる。

    紙ベースでも、デジタルベースでも、「データ整理」は、なかなか手ご…

  2. 片づけ・コンパクト

    【机の上の片づけ】わずかな行動の差が、気持ちの変化につながる。

    「机の上を片づける」たったこれだけの習慣でも、自身の変化に気…

  3. 思考・感情・行動・習慣

    手軽に緊張をほぐす方法。【ストレス解消法リスト】

    なんとなく緊張感みたいなものが抜けず、リラックスできないときに。…

  4. 片づけ・コンパクト

    【片づけのコツ】「残さない」ことを前提に、片づけ方を見直してみる。

    片づけの基本は、「捨てるもの」「残すもの」を選択すること。片…

  5. 片づけ・コンパクト

    【バッグの片づけ】中身を減らして軽くする。(500g減量)

    バッグをできるだけ軽くすることは、今も試行錯誤中。今…



Archive

PAGE TOP