掃除の負担を減らすには。洗剤の数を減らし、ほどほどの掃除で快適に。



年末の大掃除も気になるこの季節。

掃除がきらいなわけではないけれど、大掃除は気分的に負担・・。

できることなら掃除は簡単に済ませて、休養やほかのやりたいことに時間を充てたい。何かよい方法はないかな。

 

師走はこんなふうに思っている人も多いと思います。

 

今すぐにはできなくても、今後少しずつこんなことに気をつけてみると、体力的・心理的負担が減り、掃除も楽になってくるかもしれません。

・使う洗剤の種類や数を減らす。
・可能ならナチュラル洗剤(重曹・クエン酸など)に変えてみる。
・完璧でないほどほどの掃除でよい。
・日頃の簡単掃除(5分掃除)で、汚れを溜めにくくする。

 

いわゆるエコ洗剤、ナチュラル洗剤と呼ばれる重曹やクエン酸。個人的にも、既存の洗剤類を手放し、これらで掃除をするようになって何年も経ちますが、多すぎる洗剤に振り回されないというのはかなり快適です。

 

あとは、週末などに掃除をまとめがちでしたが、平日に短時間でも簡単掃除をしていると、週末の掃除も楽になってきました。掃除は体力的な負担より心理的なハードルを下げるほうが、より効果があるように感じます。

では、詳しく見ていきたいと思います。

掃除の基本は、できるだけシンプルにすると長続きする。結果として快適に。

大掃除のシーズンはなんとなく気が重い・・。(まとまった時間が取りにくい、何かと慌ただしい、心身共に疲れていて掃除をする気力がわかない、、等々)

そんな気分を払しょくするには、とにかく簡単に考えることが大事かなと思います。

 

使う洗剤の種類や数を減らす。

まず、今持っている洗剤が本当にすべて必要なのか、場所別に使っている洗剤は兼用できないか、などを見直し、できるだけ数を絞っていきます。

これだけでも一歩前進ですが、もし可能なら、既存の洗剤を一掃し、ナチュラル洗剤に切り替えてみると、見た目的にも気分的にもかなりすっきりし、掃除への迷いも減るのではと思います。

 

重曹などのナチュラル洗剤を使ってみる。

場所別の各種洗剤を使っていると、気づかぬうちに洗剤類は次々と増えてしまいます。

 

一方で、家の掃除は、「重曹、クエン酸、無添加せっけん」があれば、基本的には特に困らないということを知ると。今まで持っていた数々の洗剤類を一気に減らすことができます。

(汚れを放置した年数が積み重なっていると、それなりの専用洗剤が必要になる場合はあるかも)

 

■掃除に使うナチュラル洗剤、基本はこれだけ。

・重曹
・クエン酸
・無添加せっけん(純せっけん)
・おまけ: 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

 

・ナチュラル洗剤に興味がある
・今後使ってみたい
・多すぎる数々の洗剤類を減らしたい
・清潔を保ちつつ、できれば掃除は簡単に済ませたい

、、という場合も、難しく考えすぎずに。

 

掃除は完璧でなくてもほどほどでOK、手軽にできるところから始めてみる。こんなふうに思えば、掃除に対する気持ちの負担も減り、シンプルなナチュラル洗剤生活(重曹生活)も楽しくなるのではと思います。

■重曹とクエン酸、基本的な使い方だけ覚えれば、掃除には困らない。

重曹、クエン酸などを使用した掃除については、もたくさん出ているので、まずは1~2冊読めばOK。だいたいの基本的な使い方を知り、あとは応用的に少しずつ試したり広げたりしていけばよいと思います。

 

重曹(アルカリ性)は、油汚れ(酸性)の掃除に使う。
クエン酸(酸性)は、水垢などの汚れ(アルカリ性)の掃除に使う。

基本は、重曹・クエン酸、それぞれの特性を活かし、中和して汚れを落とすということです。


汚れの8割は重曹で落ちる!!: 重曹マニアのエコでシンプルな掃除術

こちらの本にも書かれていますが、家の汚れの8割は重曹で落とせる汚れだそうです。なので、ひとまず重曹での掃除に慣れれば、だいたいなんとかなるということ。

ややおおざっぱですが、最初はそんなふうに考えて、補助的にクエン酸や石けんを合わせて使っていけば、ナチュラル洗剤での掃除はいたってシンプルです。

 

もう場所別の洗剤を持たなくてよいし、どこを掃除するにも同じアイテムで済むので、とても楽になります。

余計な成分も含まれていないので、人にも環境にも負担が少ないもの安心できるところ。(強い洗剤で手荒れしたり、気分がわるくなった経験がある場合は、ナチュラル洗剤は安全な選択のひとつ)

 

ちなみに。おまけとして記載した過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)は、黒カビ漂白・除菌などに効果的なアイテムで、これもあると便利です。(私も先の本で知り、今年になって初めて使いましたがなかなかよいです。とはいえ、ナチュラル洗剤に慣れないうちは、まずは重曹で十分かと)

・カビ取り・カビ対策に。初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみた。

 

 

ナチュラル洗剤の使用にも向き不向きはあるかも。

ナチュラル洗剤(重曹、クエン酸など)は、人や環境に負担が少ないうれしいアイテムです。一方で、そのぶん作用がおだやかなので、一般的な強い洗剤と同様の汚れ落ちを望めない場合もあります。

 

イメージとしてはこんなかんじ。

・ナチュラル洗剤= ひどい汚れになる前の予防掃除という要素が大きく、日々のこまめな簡単掃除に効果的。

・一般洗剤= 長く溜めてしまったガンコな汚れもスムーズに落としやすい。

 

なので、ナチュラル洗剤と一般の洗剤、どちらが自分にとってメリットと感じるかは、人それぞれ異なるかなと。このあたりは、個々の使いやすさや暮らしの優先順位に合わせて選択すればよいと思います。

無理に重曹生活をしようとして、かえってストレスを溜めてしまったら本末転倒なので。

 

(余談。周囲の話を聞いていても、強力洗剤や漂白剤できっちり汚れを落とさないとすっきりしない、掃除をした気がしない、という人も多い様子。やはり好みの掃除スタイルは人それぞれですね)

 

重曹やクエン酸でシンプル掃除の第一歩。

ナチュラル洗剤も好みによるところはあるけれど。冒頭にあげたように、

・ナチュラル洗剤に興味がある
・今後使ってみたい
・多すぎる数々の洗剤類を減らしたい
・清潔を保ちつつ、できれば掃除は簡単に済ませたい

こんなふうに思っている場合は、ちょっとだけ重曹生活を試してみては。

数ヵ月後くらいには、すっかりナチュラル洗剤での掃除になじんで、これまで持っていた数々の洗剤を手放しているかもしれません。

 

日頃のほどほどな掃除で快適を保つ。

忙しかったり時間がなかったりしてきちんと掃除ができないと、妙な罪悪感やストレスをためることにつながったりする場合も。

 

それよりも、

完璧な掃除はできなくてもよい。
・大掃除も、日常の掃除のちょっと延長くらいに考える。
・5分間の簡単掃除などを試してみる。

こんなかんじにほどほどの掃除でも、部屋と心を快適することは十分できると思います。

 

掃除は個々にやりやすい方法が一番ですが、もし週末、月末、年末などに一気に掃除をしようとして気持ちの負担になっている場合は、短時間でも日々こまめな掃除を試してみるのはなかなかおすすめです。

(個人的には、5分掃除の習慣で、昔よりは汚れを溜めにくくなっていて、まとめて一気に掃除するより負担が少ないです)

・5分間掃除の習慣が続いている理由。

 

番外: 気になる洗剤、ウタマロ。

基本の掃除は「重曹・クエン酸・無添加せっけん」くらいで、個人的には十分と思っています。

と言いつつ、実は以前から気になっている洗剤が。それは「ウタマロクリーナー」なるものです。これ1本で家中の掃除が済むというアイテムらしく、その手軽なかんじに結構惹かれています。(価格も手頃で詰め替え用もあり。レビューを見てもよさそうなかんじ)

(重曹・クエン酸は十分シンプルで使いやすいものですが、使用用途に合わせて混ぜたり溶かしたりすることもあるので、そこがちょっと手間な部分かも。不要な場所に粉をこぼしてしまったり)

 

そのネーミングもインパクトがあるウタマロは、一般的な洗剤に比べると、人や環境にやさしいつくりとなっているようで、このクリーナー以外にも様々なウタマロアイテムがあります。

多種多様の洗剤類はなくしたいし、掃除の手間も減らしたいけれど、いきなり重曹生活は難しそう・・という場合には。1本で家中の掃除に対応できそうなウタマロクリーナーのようなものに切り替えてみるだけでも、掃除はかなり楽になりそうですね。

(換気扇、キッチン、レンジまわり、風呂、トイレ、窓ガラス、アルミサッシ、床、、等々。これ1本で日常のたいていの掃除は困らなそう)

≫ ウタマロシリーズを見る/amazon

 

個人的にも興味があり今後購入してみたいので、そのときはまた試した様子など書いてみたいと思います。

(その後、実際に購入して使用した様子はこちら。→ ・ウタマロクリーナーを試してみた感想。

 

・・・

(掃除関連:)

・トイレブラシをなくす、を試してみる。

・洗濯槽の洗浄は、重曹+クエン酸でさらにきれいに。

・重曹で簡単焦げ取り、鍋もピカピカ。

 

**

今回は、洗剤の数を減らすことやナチュラル洗剤のよさをお伝えしつつ、ほどほどの掃除でも日常を快適に過ごせますという内容でした。

 

(昔は、年末の大掃除のために様々な洗剤や道具を買い、妙な気合いと心身の消耗の両方を感じていましたが、年々掃除スタイルも変化してきました。

日頃の掃除をある程度コンスタントにやっておけば、年末だからといってそこまで大掃除に固執しなくてもよいのだと。遅ればせながら思い至り、楽になりました)

 

完璧な掃除ができずイライラ・モヤモヤするより、適度な掃除で心が平和なほうが大事です。

掃除の義務感に振り回されることなく、自分、家族、周囲もにこやかでいられるよう。重曹生活もその一助となりますように。

関連記事

プリントアウトの習慣を見直すだけでも紙ゴミは減る。

嗅覚を大切にすることも、すっきり生活の一部だと思ったこと。

トイレ風水を気にしすぎず、掃除のしやすさを優先する。

重曹で簡単焦げ取り、鍋もピカピカ。

カビ取り・カビ対策に。初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみた。

「いつもよい選択をしている」という意識で片づけをすること。