掃除の負担を減らすには。洗剤の数を減らし、ほどほどの掃除で快適に。


年末の大掃除も気になるこの季節。

気分的には、ちょっと負担・・。

できることなら掃除は簡単に済ませて、休養やほかのやりたいことに時間を充てたい。

何かよい方法はないか・・。

師走は、こんなふうに思っている人も多いのでは。

解決策として、大きくは、この2点かなと思っています。

  • 洗剤の数を減らす
  • ほどほどの掃除でOK(完璧主義はNG)

今後、少しずつ下記のことに気をつけてみると、 掃除もずいぶん楽になってくるかもしれません。

・使う洗剤の種類や数を減らす。

・可能なら、ナチュラル洗剤(重曹・クエン酸など)に変えてみる。

・ほどほどの掃除でよい。

・日頃の簡単掃除(5分掃除)で、汚れを溜めにくくする。

掃除の基本は、できるだけシンプルに。(結果として、長続き&快適)

大掃除のシーズンはなんとなく気が重い・・。

(まとまった時間が取りにくい、何かと慌ただしい、心身ともに疲れていて掃除をする気力がわかない、、等々)

そんな気分を払しょくするには、とにかく【簡単に】考えることが大事かなと思います。

体力的にも精神的にも、できるだけ自身を疲れさせない掃除にすること。

使う洗剤の種類や数を減らす。

まず、今持っている洗剤が本当にすべて必要なのか、場所別に使っている洗剤は兼用できないか、などを見直し、できるだけ数を絞っていきます。

これだけでも一歩前進です。

もし可能なら、既存の洗剤を一掃し、【ナチュラル洗剤】に切り替えてみると、見た目的にも気分的にもかなりすっきり。

掃除への迷いも減っていきます。

重曹などのナチュラル洗剤を使ってみる。

場所別の各種洗剤を使っていると、気づかぬうちに洗剤類は次々と増えてしまいます。

一方で、家の掃除は、「重曹、クエン酸、無添加せっけん」があれば、基本的にはそれほど困らないということを知ると。

今まで持っていた数々の洗剤類を一気に減らすことができます。

私もかつて、うんざりするような数の洗剤を持っていましたが、重曹での掃除を知ってから、既存の洗剤を手放すことができました。

このすっきり感が、本当にうれしかったのを覚えています。

(*汚れの年数が積み重なっていたり、見逃していたりすると、一時的には専用洗剤が必要になる場合はあるかも)

■掃除に使う「ナチュラル洗剤」、基本はこれだけ。

・重曹

・クエン酸

・無添加せっけん(純せっけん)

・おまけ: 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

あまり難しく考えすぎずに。

掃除は完璧でなくてもほどほどでOK、手軽にできるところから始めてみる。

こんなふうに思えば、掃除に対する気持ちの負担も減り、シンプルなナチュラル洗剤生活(重曹生活)も、気軽で楽しいものになってきたりします。

■重曹とクエン酸、基本的な使い方だけ覚えれば、掃除には困らない。

重曹、クエン酸などを使用した掃除については、【本】もたくさん出ているので、まずは1~2冊読めばOK。

だいたいの基本的な使い方を知り、あとは応用的に少しずつ試したり、広げたりしていけばよいと思います。

  • 【重曹】(アルカリ性)は → 油汚れ(酸性)の掃除に使う。
  • 【クエン酸】(酸性)は → 水垢などの汚れ(アルカリ性)の掃除に使う。

基本は、重曹・クエン酸、それぞれの特性を活かし、中和して汚れを落とすということです。

↑こちらの本にも書かれていますが、「家の汚れの8割は重曹で落とせる」汚れだそうです。

なので、ひとまず【重曹】での掃除に慣れれば、だいたいなんとかなるということ。

ややおおざっぱですが、最初はそんなふうに考えて。

あとは補助的に、【クエン酸、石けん、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)】などを必要に応じて使っていけば、ナチュラル洗剤での掃除はいたってシンプルです。

余計な成分も含まれていないので、人にも環境にも負担が少ないもの安心できるところ。

(強い洗剤で手荒れしたり、気分がわるくなった経験がある場合は、ナチュラル洗剤は安全な選択のひとつ)

ナチュラル洗剤(エコ洗剤)で、シンプル掃除の第一歩。

洗剤の イメージとしてはこんなかんじ。

・【ナチュラル洗剤】= 作用がおだやか。ひどい汚れになる前の予防掃除という要素が大きく、日々のこまめな簡単掃除に効果的。

・【 一般洗剤】= 長く溜めてしまったガンコな汚れも、スムーズに落としやすい。

それぞれに特徴があり、必要となってくる場面も異なると思います。

ただ、掃除は日々続いていくものなので。長期的に見ると、やはりナチュラル洗剤のメリットは大きいです。

・ナチュラル洗剤に興味がある

・今後使ってみたい

・種類も数も多すぎる洗剤類を減らしたい

・清潔を保ちつつ、できれば掃除は簡単に済ませたい

こんなふうに思っている場合は、まずはちょっとだけ、重曹生活を試してみては。

【関連】

大掃除、楽するコツを考える。(ポイント:日頃の簡単掃除、季節を選ぶ)

カビ取り・カビ対策に。初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみた。

トイレブラシをなくす、を試してみる。

5分間掃除の習慣が続いている理由。

**

今回は、洗剤の数を減らすことや、ナチュラル洗剤のよさをお伝えしつつ。

ほどほどの掃除でも日常を快適に過ごせます、という内容でした。

・完璧な掃除はできなくてもよい。

・大掃除も、日常の掃除のちょっと延長くらいに考える。

・5分間の簡単掃除などを試してみる。

完璧な掃除ができずイライラ・モヤモヤするより、適度な掃除で心が平和なほうがずっと大事です。

掃除の義務感に振りまわされることなく、それぞれに合った、気楽な掃除スタイルを見つけていけますように。

関連記事

思い出品、捨てられないと思っている物も、未来に意識を向けることで手放せる。

買い物依存しているかもと感じたら、色彩で自分の心を読み解いてみる。

探し物(=物を探す時間)を減らす。解決策は、身のまわりの物自体を減らすこと。

「洋服」選びの悩みについても、「片づけ」と同じように学んでみる。

洗えるペーパータオルを、1ヵ月間使ってみた感想。

大掃除、楽するコツを考える。(ポイント:日頃の簡単掃除、季節を選ぶ)