カビ取り・カビ対策に。初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみた。



初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使って掃除をしてみました。

(今回の目的は、カビ取り・カビ対策)

その様子や感想をお伝えします。

 

先日、重曹・クエン酸掃除についての本を読み、こうしたナチュラル洗剤での掃除を長く続けるコツなどについて書きました。今回はその続きで、初めて試した酸素系漂白剤についてです。

・洗剤を減らす。重曹・クエン酸掃除を長続きさせるコツ。

 

改めて重曹掃除の本を読んでみようと思ったのは、カビ取り掃除に端を発しています。

酸素系漂白剤(塩素系とは別物)も掃除に取り入れてみる。

今回、個人的にどうにかしたいと思ったのは、主に風呂場・洗面所(バスルーム)のカビ対策です。(浴室の細かい溝やゴムの部分のカビや汚れが、重曹やクエン酸でも思うように取れず)

普段も水回りはこまめな掃除を心がけていますが、季節に左右されることもあり、今のように湿気の多い時期は、気をつけていてもカビが出てしまったり落ちにくい汚れを作ってしまうこともあります。

こういうときは仕方なく市販の洗剤に頼ることに。(いわゆるカビ取り剤、塩素系漂白剤といったもの)

ただ、(重曹やクエン酸でなんとかしたいので)基本的にあまり出番はなく、なかなか減らないこの洗剤ボトルは、緊急時用としてひっそりと収納されています。(この1本で何年もっていることか)

 

先日、うまく取れない浴室の汚れにちょっとだけ使おうと、久々にカビ取り剤を取り出し使ってみました。ちょっとだけのつもりが、思わず掃除熱が入ってしまい全力掃除に切り替わる中、突如ひどい吐き気とめまいに襲われ、慌てて浴室から脱出。

ナチュラル洗剤での掃除に慣れすぎて、強力な塩素系洗剤を使っているにもかかわらず、マスクもせず換気も怠ったことが原因です。

正しい使い方をしなかった自分がよくないのですが、塩素系、カビ取り剤というのは、やはり強烈な威力があることをしみじみ感じることに。

 

そんなこともあり。できれば重曹やクエン酸のように比較的人にも環境にも穏やかな成分のもので、カビや汚れにもう少しうまく対処したいと思い。改めて重曹掃除などの本に、解決のヒントを探すことにしたわけです。

(↓ ナチュラル洗剤での場所別掃除方法も、簡潔にまとめられていて便利)

酸素系漂白剤を初めて使ってみた感想。

本の中で、黒カビなどの対策に粉末の「酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」というものが紹介されていて、これでカビに対抗できるかもしれないと期待し、早速ネットで購入してみました。

(業務用のお得なサイズもありますが、初めてなのでまずは少量で買って試してみることに。今回買ったのはこちら↓)

 

「まぜるな危険 塩素系」という表示は市販のカビ取り剤に書かれているので(酸性タイプの製品と一緒に使用すると、有害な塩素ガスが出る)、塩素系洗剤の取り扱いには注意が必要だという認識はありましたが、酸素系というものについてはよく知りませんでした。

 

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)とは。

混同しそうですが、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤は別物。酸素系漂白剤について、その特徴や使い方を簡単にまとめてみます。

 

◆特徴

・マイルドな漂白剤(比較的扱いやすい)。

・重曹、クエン酸、石けんなどで落としきれなかった汚れに使用する。

・成分表示に「(100%) 過炭酸ナトリウム」と書かれたものを使う。

漂白について。衣類の汚れ(シミ、黄ばみ、くすみ)などに効果が高い。色柄物にも使用できる。茶渋も落とせる。

Sponsored Link

殺菌について。細菌やカビを死滅させる。(バスルームのカビ対策、キッチンの布巾、まな板などの殺菌にも)

 

◆使い方

・溶いて使う: 基本は「酸素系漂白剤大さじ1 + 40度前後のぬるま湯2リットル」(濃度は汚れ具合を見て調節)。そのぬるま湯に、漂白したいものを漬け込んで使う。

・粉のまま使う: 洗濯機の洗濯槽掃除にも使える。
酸素系漂白剤500gを洗濯槽に入れる→ 洗濯コースで5分ほど回す→ そのまま一晩置く→ 再度洗濯コースで5分ほど回し、すすぎ洗いをする。(汚れが浮いてきた場合は、すくって取り除く) ドラム式洗濯機なら、洗濯槽を洗うコースを選ぶ。

 

◆注意点

・塩素系漂白剤と混同しないこと。

・金属、ウール、シルクなどの素材には適さない。

 

酸素系漂白剤で、実際行ったカビ取り作業。

酸素系漂白剤を使って、実際に試した浴室のカビ取り作業の様子と感想はこんなかんじです。(本を参考にしつつ、自分なりにアレンジ)

今回は、初めて試すということもあり、2回(2日間)に分けパターンを変えて掃除してみました。1回目は酸素系漂白剤のみで掃除、2回目は普段の重曹・クエン酸もあわせて使ってみました。

 

◆【1回目】酸素系漂白剤のみ使用。(掃除時間約10分)

・浴室全体掃除だと時間がかかりすぎるので、今回は黒カビや汚れの気になる各箇所(主に壁・床)に絞って掃除。

・先に気になるところに40度くらいのをシャワーでかけて湿らせる→ 洗面器に湯を取り分けておき、そこに適宜スポンジや歯ブラシをつける→ そのスポンジや歯ブラシに、プラスチック容器に取り分けた酸素系漂白剤(粉末)をつける→ カビや汚れのある部分をこすり磨きする→ 最後に水シャワーで洗い流す。

・この手順を繰り返して掃除。

・結果としては、3つに分かれた。
①ひどい見た目のわりに、予想外にすんなりと汚れが落ちたところ。

②数回試して、汚れがかなり薄くなったところ。

③汚れが取れず、見た目にもあまり変化が感じられなかったところ。

(これは、カビ・汚れの経過日数の違いによるのかと。参考にした本にも書かれていたが、やはり発生してすぐのカビ汚れは簡単に落ちやすく、日が経った汚れは強固になりやすい、ということなのだと思う)

◆【2回目】重曹・クエン酸・酸素系漂白剤を使用。(掃除時間約15分)

・違いを見るため、1回目とは別の箇所のカビ・汚れを掃除。

・掃除に使用した順番としては、重曹→ クエン酸→ 酸素系漂白剤。各粉末を使い、これを下記の手順で行った。

・先に気になるところに40度くらいの湯をシャワーでかけて湿らせる→ 洗面器に湯を取り分けておき、そこに適宜スポンジや歯ブラシをつける→ そのスポンジや歯ブラシに、プラスチック容器に取り分けた各粉末をつける→ カビや汚れのある部分をこすり磨きする→ 最後に水シャワーで洗い流す。

・この手順を繰り返して掃除。
(例えば。5箇所の汚れがあったら、ひとつづつ処理するのではなく、すべて同時に進めた。1番目に重曹を使う→ 2番目にその上からクエン酸を使う→ 3番目にさらにその上から酸素系漂白剤を使う)

・途中で洗い流さず、1番~3番を連続して行ってみた。

・結果としての印象は、この2つ。
①重曹→クエン酸までの段階で、ある程度汚れが取れたところは、そのあと酸素系漂白剤を使うことでほぼきれいになった。

②重曹→クエン酸の過程で、あまり汚れが取れなかったところは、そのあとの酸素系漂白剤で、少し汚れが薄くなるかほぼ変わらないかんじだった。

◆酸素系漂白剤を2回試してみた感想。

・酸素系漂白剤のみであっさりとカビ・汚れが落ちたときは、ちょっとテンションが上がった。

・とはいえ、ナチュラルな洗剤とも呼ばれるマイルドな漂白剤なので、すでに頑固になってしまったカビ汚れには、もう少し根気よく取り組む必要がありそう。

(例えば、重曹やクエン酸水を使い、上からラップして数時間置き、その後さらに酸素系漂白剤を使ってみるといった工程。あとは湯の温度の工夫など)

・酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)の手触りは、さらさらしていながらわりと粒がしっかりしている印象。歯ブラシに直接粉を付けて壁床の汚れをこすったときは、溶けすぎず粒感も少し残り研磨剤みたいだった。

・匂いに関しては、重曹やクエン酸同様、特別な匂いは感じなかった。

・40度くらいの湯で溶くのが効果が高いようなので、あらかじめ洗面器や小さな容器に、酸素系漂白剤を適量溶かして、そこにスポンジや歯ブラシを時々つけながら掃除した方が効率がよかったかも。次回試してみる。

・試しに閉め切った状態で掃除してみたが、カビ取り剤を使った時のように気分が悪くなることはなかった。(とはいえ、浴室は湿気が多く他の場所より簡単にカビが出やすいので、日ごろの換気は大事)

・今回は試しに2回とも素手で掃除してみたが、特に手がひりひりしたり荒れたりすることもなかった。ただ、比較的安全なナチュラル洗剤でも連日や長時間掃除になったりすれば、手の脂分を取られたり何かしら手荒れの原因になりそうなので、ゴム手袋など使った方がよいかも。

(個人的には、秋冬は食器洗いでも掃除でもゴム手袋または使い捨てビニール手袋を使うことが習慣になっているので、手荒れの心配は少ない。春夏は、水を触っているのも気持ちよく、あまり手袋も使わないため、酸素系漂白剤を使用したり長時間掃除のときは気をつけるようにしたい)

・本とあわせて商品パッケージの裏面に書かれた使い方なども参考にしながら、色々試し、自分なりに掃除しやすい方法を見つけていければと思う。

・ナチュラル洗剤での掃除は、やはり一度に全部の汚れを落とそうとしないことが大事だと再認識。日々ちょっとずつきれいにすることを心がけ、気になる汚れも徐々に薄くなっていけばOKというスタンスで続けていきたい。

・今後、浴室以外の場所の掃除や洗濯などにも使ってみたり、他のメーカーの酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)も試してみたい。

≫ おすすめの酸素系漂白剤を見る/amazon

 

**

今回初めて「酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」というものを使って、カビ取り(カビ対策)を試してみましたが、ひとまず安全に使えることがわかってよかったです。

(市販のカビ取り剤も便利だけれど、それ以外の掃除方法も知っておきたい。そんな場合は、酸素系漂白剤を試してみては)

漂白や殺菌作用もあり、汚れの度合いによってはより高い効果も期待できそう。

 

今後も、重曹・クエン酸・石けんを掃除の基本にしつつ。酸素系漂白剤という、困ったときの心強い味方もできました。

関連記事

洗濯槽の掃除も重曹ですっきりする。

ワセリンとハッカ油で、肌荒れケアと気分転換も。

塩浴生活も試してみる。(肌断食のためのプラスα)

シャープペンからフリクションのペンへ。プチな困りごともすっきり片づける。

塩浴で湿疹・皮膚炎症の改善計画。

宇津木式スキンケア(肌断食)。知らなかった、勘違いしていた皮膚のこと。