収納用品を減らしていく中で気づいたこと。


収納用品の片づけは、うまくいったものもあれば、迷いが出て手放せなくなったものもあります。

複雑に考えすぎず、気持ちに従うほうが、よりシンプルに片づく気がします。

先にお伝えすると。
個人的には、なぜかカゴ類(これも収納グッズのひとつ)が思うように捨てられず、苦戦した時期があります。

その後、ちょっとずつ思い込みを減らしてカゴを手放し、すっきりすることができました。

その時々で、収納に対する優先順位も変わっていくので。
自身の日常が快適になるよう、素直な気持ちを優先することが大事、という話です。

収納用品の数を減らし、快適に感じるものを選ぶ。

片づけの過程で、収納用品を少なくしていくことは大事ですが、使いやすさや快適さも、ないがしろにできないポイントだと思います。

【1】 収納用品(家具、棚、整理用小物類、そのた収納グッズ)自体の、数を減らす、絞る。

【2】 ただ減らすだけでなく、自身の優先順位快適さを考慮することも忘れずに。

カゴが減らせない・・、と困りつつ停滞していた当時の自分に言いたいのは、特に【2】番目です。

収納用品は、そのときの自分に合ったものを使うこと。

◇ 収納用品・グッズ(棚や入れ物など)が少なければ、物はそれほど増えない。

◇ 反対に、収納用品があればあるほど、物は増えやすくなる。(その収納の空間を、埋めようとする心理があるために)

今となっては当たり前と思えるこれらのことも。

きちんと片づけに向き合いはじめるまでは、自分の中に 、上記のような思考回路はほぼなかったと思います。

(ただしまいこむ、または、壊れないかぎりなんとなく使ってしまう、というかんじで。収納用品も増える一方)

なので、片づけを進める過程で、徐々に、先にあげた【1】ができるようになっていっただけでも進歩でした。

ただ、妙な罪悪感や葛藤から、なぜかカゴ類が減らせない、という状態に悩んだことも。

これは、本当に今の自分に合った収納用品かどうか、というところまで考えが及ぶのに、時間がかかったからだと思います。

見た目の快適さと使い勝手の快適さが、一致するとは限らない。

個人的には、カゴ類で立ち止まってしまいましたが、人によって、なぜか引っ掛かりがあり、うまく手放せないものというのは異なると思います。

色々な試行錯誤のあとで、あらためて気づいたのは、

●見た目の快適さや好みと、使い勝手のよさが、両立するとは限らない
●日々の使いやすさを見過ごさないように。

ということです。

(見た目が好みの収納用品だから、使い勝手に関するもやもやした気持ちに気づきにくかった、ということなのかもしれません)

・・・

自分の例をあげつつ説明を。

■カゴの利用状況

・特にカゴを集めようと思ったわけではないが、気づいたら家の中で結構活躍していた。
・カゴは自分で買ったもの、いただきもの、景品的なものなど色々。
・自然素材で作られ製品は、見た目にも気分的にもよく、好み。
・素材(竹や籐など)や大きさも様々。
・数は十数個。キッチンやクローゼット内、机の上、洗面所、トイレなど、各所で様々な物の収納に利用。

■カゴに対する気持ち

・インテリア雑貨としてのカゴを楽しむ一方で、少々の不便さも感じていた。
・カゴに付いたホコリが取りにくい。
・カゴの素材が傷んだり少しほつれたりしたところで、衣類や指先が引っかかったりする。
・きちんとカゴのお手入れをしようと思うと、結構まめに掃除する必要がある。
(ブラシで編み目のホコリを取る、硬く絞った布で表面を拭く、時にはオイルを使ったケアなど)
・カゴが2~3個くらいの時はまだよかったが、いつのまにか数が増え。放置すれば編み目にホコリがたまり気になるけれど、そんなにこまめなケアもできない・・。
・徐々に手放そう、という方向へ。

■手放すことに決めたあとも・・。

・自然素材で風合いのある物を手放していく自分は、少し情緒に欠けるのかも。
・カゴのケアすらも手間に感じたり、機能性や使い勝手ばかり優先したくなっているのはどうなのか。
・一時的な気分の波があるだけで、またカゴがほしくなるかもしれない。

・・・

今となっては冗談のようですが。
渦中の時は、ただカゴを手放すだけで、こんなふうに恐ろしくネガティブな感情にとらわれていたことも。

Sponsored Link

そうした過程を経て、カゴ類は2年くらいの間にすべてなくすことができました。

●収納も、今の自身にとって大事なポイントをおさえる。

・今は掃除や管理のしやすさが、優先事項で大事。
・それが日々の快適さにつながっている。
(・また先々どうしてもほしいカゴが登場したら、その時に再検討すればよい)

先に、減らしたい、なくしたい収納グッズを決めてみる。

片づけの過程では、色々な感情がでてくるものです。

片づけてはいても、いまひとつすっきり感に欠ける、なんだかしっくりこないという場合。

思い切って、先に、なくしたい収納用品(家具、棚、収納小物ほか)を決めてみる、というのもひとつの方法かもしれません。そこをモチベーションに片づけ作業を進めていくのもありだと思います。

もちろん、物を減らした結果的として、いくつかの収納用品が不要になる、という自然な流れで片づけが進めばそれでOK。ただ、それでもなかなか捗らないときは、先に収納用品を限定するほうがラクな場合も。

・・・

私の場合も、最初はこんな流れでした。

■大量に書類を処分した結果として、
→それらを収めていたボックスが空になり
→収納ボックスを、複数まとめて捨てられた

それが、ある時気づいたら、こんなことをしていました。

■この収納用品(収納家具・グッズ)たちを手放して、スペースをすっきりさせたい、というところを前提として、
→決めた収納場所に物を集約することに
→その収納場所の容量に合わせるように、中身を仕分ける(捨てる・残すを決める)
→当初、手放すと決めた収納用品を、予定通り処分できた

仮に、ゴールの状態は同じでも。アプローチを変えてみると、また違った視点が持てて面白いかもしれません。

収納用品に何を求め、何を優先したいか考えてみる。

収納用品とひとことに言っても、種類、大きさ、用途も、様々あり。
人によっても、収納グッズに対する考え方は異なると思います。

なので、自身が収納用品に何を求め、どんなことを優先したいのか、あらためて考えてみるのも大事かなと。

例えば。
・とにかく、見た目・デザインの快適さが最優先。
・見た目もさることながら、使いやすさ・機能性が第一。
・大きさ、または、価格を重視。
・好きなメーカー、ブランドの中から選ぶことが大事。
・色や質感を統一させたい。
・よく考えたら、それほどこだわりはない。
、、等々。

残す、手放す、買い替える

いずれの場合でも、収納用品に対して優先したいことを基準にしながら、数も種類も、少しずつ最適化していけるとよいのかなと思います。

収納用品も、数と快適さを意識する。

物が増えるから、それに合わせて収納先(収納用品)を買い足すのは、かつてはごく普通だと思っていましたが。

ざっくりと「収納用品」を減らしてみるという意識を持つだけでも、片づけや整理整頓、掃除の悩みまで、多くのことを解決できるのだと。

体験として理解できると、日常もずいぶん過ごしやすくなっていくのを感じます。

必要な物まで捨てることはないけれど。

以前は好きだったのに今は趣味が変わってしまったと感じる収納家具や、なんとなく惰性で使っている、実は無理して使っていると感じる収納グッズがあれば。ときどきは自分との関係性を見直してみるのも大事。

収納用品のだけでなく、快適さも意識しながら。

常に今の暮らしに合った、新陳代謝を心掛けていきたいなと思います。

関連記事

ポイントカードやクーポンを手放して、特典に振り回される生活をやめてみる。

「洋服」選びの悩みについても、「片づけ」と同じように学んでみる。

残った外貨もすっきり手放す。

物を捨てられる体質にしていくと、片づけも進みやすい。

片づけが進まないときは、捨てる基準を毎回変えてみる。

「迷ったら捨てる + 迷ったら買わない」は、片づけ基準の名コンビ。