ポイントカードやクーポンを手放して、特典に振り回される生活をやめてみる。


かつては何十枚も、当たり前のように持ち歩いていたポイントカードやクーポン。

一部を除き、それらを思い切ってやめてみたら。

何かから解放されたみたいに、ほっとして、すっきりしました。

結論から先にお伝えすると。

ポイントカードやクーポン類は、日常的に確実に使っていて、利用頻度の高いものだけに絞ると、気持ちも管理も、思った以上に楽になることを実感できました。

各数は、できれば3つ(多くても5つ)くらいに絞れると、よりよいです。
(それは、実物のポイントカードやクーポンでも、アプリなどオンライン上のサービスでも、同様かなと)

ポイントカードやクーポンを手放して、管理も気持ちも楽にする。

数年かけて少しずつ物を減らしていく中で、ポイントカードやクーポン券といった物も、片づけの対象になりました。

・物の数を絞る
・管理をできるだけ簡単にする

この2点は、頭ではわかっていても、そこに至るまでに時間もかかったりします。

個人的にも、ある程度の時間は要しましたが、ポイントカードやクーポンの類も、減らしてよかったと思える物のひとつです。

3つくらいに絞れると、行動もしやすくなる。(3択の原則)

段階を経て、ポイントカード/ポイントサービス、クーポン類を減らしていく過程で。なんとなく、最終的には3~5つくらいに絞りたいな、という感覚がありました。

試行錯誤の途中だったので、その時点では特に意識していませんでしたが。

これは、人間の認知能力的には、理にかなったことのようです。

(引用: 『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』 )

結論からいうと、人間は選択肢が3つ以内でないと即決ができません。

人間の認知能力には限界があります。普通の人が頭の中できちんと認識して、きちんと比較できる選択肢の数はせいぜい3つが限度です。

それ以上になると、どれもよく見えたり、どれもピンとこなかったりで、なかなか決断できなくなってしまうのです。

(中略)

そこで、現実的な片づけのルールとしては、とりあえず、あらゆる行動の選択肢を3択まで絞っておくことにします。

3つの中から1つを選ぶことによって、即決・即行できるような環境にもっていくことを片づけのルールにしましょう。

この「3択」の原則は、片づけのみならず。
日常や人生のあらゆる場面での、選択や決断でも、覚えておきたいことだと思います。

いくらたくさんのカードやクーポンを持っていても、数も種類も把握できていなければ、自身にとっての適切な使い方もできないということ。

何においても、数を絞るというのは、大切なことなのかもしれませんね。

ポイントカード類の現状把握 → 数を絞る。

ポイントカード類の洗い出し作業を始めた当時の、ゴール設定はこちらでした。

●財布のポケットに収まる枚数までに絞る(まずは8枚以内に)。

①ポイントカード、クーポン類の現状を知る。

・財布に入りきらない何十枚ものポイントカードやクーポン券は、別途ファスナー付きの専用ケースに収納し、常にバッグの中に入れて持ち歩いている状態。

・すべてのポイントカード類をまとめていたので、ケース自体の見た目もパンパン。結構な厚みと重さもあり、ファスナーも締まりにくくなってきていた。

・ポイントカードは、電子マネーカードと兼用になっているもの、ポイント専用のプラスチックカード、スタンプを押してもらうタイプのアナログな紙製カードなど、様々あった。

②主に使っている、今後もポイントを貯めたいカードだけに絞る。

・明らかに月に何度も使っている、今後も利用予定というポイントカードは残す。

・中途半端にポイントが貯まっていたカードや、半年~1年以上利用していなかったお店のカードは。
→ 思い切って処分。

・いくつかのお店で、すでに全ポイントが貯まっていたが、行く機会がなくなり、そのままになっていたポイントカードは。

→ それらのお店をたびたび利用する人に渡して、使ってもらうことに。(カフェや珈琲専門店などのポイントカード)

・買い物のたびにもらうことの多かった、紙のクーポン券は。
→ 全て処分

(処分した理由= クーポンを持っているのに使い忘れる、いざ使おうとしてすぐに見つからずレジ前で慌てる、気づくとクーポンの期限が過ぎていた、、等々)

・ポイントカードの枚数は、半減から10枚程度に絞るところまではわりとスムーズだったが、そこからさらに減らすのには多少時間がかかった。(買い物の仕方を変えるなど、色々試していたので)

→ その後、さらに枚数を減らし。ポイントカード・クーポン類の、専用のケースも処分

Sponsored Link

③買い物行動も見直し、ポイントを貯める箇所を決める。

以下は、ネットとリアル(実店舗)での買い物、いずれの場合でも同様。

・ポイントを貯めるのは、日常的によく利用する数カ所に絞ると決める。

・決めたところ以外で買い物をしても、ポイントカードを新たに作ったり、ポイントを貯めようとしない。

・クーポンに関しては、クーポンありきの買い物行動を見直す。
(紙クーポンは、とっておかない方向にして、オンライン上のクーポンの使い方を見直した)

・必要な物を買おうとした時点で、それに応じたクーポンがあれば利用する、という程度のスタンスに変える。

・必要に応じて、ネットでのまとめ買いも効率よく利用する。

(以前は、何でもこまめに購入するのがよいと思っているところがあった。ただ、物によっては、ネットを利用したまとめ買いも有効だと気づき)

【関連】・ネットショッピングのおかげで無駄買いが減った、と思う話。

◆このような試行錯誤を続けた結果。

・ポイントカードは徐々に減り。初期の頃に目標としていた8枚をクリア。
・現在は、電子マネー兼ポイントカードの2枚に。
・リアル・ネットを含め、主にポイントを貯めるのは5カ所程度になった。

(追記)
・その後、さらに絞られ。リアル・ネットを合わせて、ポイントの貯め先は3カ所がメインに。

ポイントカードをやめて(数を絞って)よかったこと、気づいたこと。

・重くなった専用ケース(ポイントカード、クーポン用)を持ち歩かなくてよい。

惰性でポイントカードを増やし続けていたことを自覚できた。

・いかに、ポイントカードやクーポンなどの、特典に振り回されるような買い物行動をしていたか。

・実は気づかないうちに、ポイントもクーポンも心理的な負担になっている場合もある。

・数を絞ったことで、かえって自然とポイントが貯まっていたりする。

・管理も気持ちも楽になるのは、本当によいことだと思う。

少しずつ買い物行動を変えていけば、貯めるポイントカードも絞られていく。

カード類との付き合い方も人それぞれなので。色々と駆使してポイントを貯めることが楽しかったり、うまく活用できているならよいとして。

一方で、ポイントカードやクーポンの多さに悩みつつも、なかなか減らせなくて困っているという場合は。

一気に手放そうとせず。

先の①~③のように、現状の洗い出しから、買い物行動を変えることを意識していくと。カードもクーポンも、無理のない範囲で、徐々に減らせたり、数も絞られていくのではと思います。

・・・

(今後日本でも、韓国や中国くらいスマホ決済/キャッシュレス化が加速・浸透すると、ポイントサービス関連の様子も、また変わってきそうですね。)

お得感に惑わされない買い物を心掛ける。

まとめてみると。

・利用するポイントサービス(ポイントカード)の数を減らす
できれば3つくらいまでに)
・クーポンなども無理に使おうとしない。
・自分で把握できる範囲にする。
管理を簡単にする。

要点は、ごくシンプル。
これだけのことですが、少しずつ意識し、行動を変えてみると、物も頭の中も整理され、とてもすっきりしてきます。

人は、できることならお得感があるほうがうれしい(=をしたくない)と思っているものです。

(実際の金額的なことより、多少なりともお得感や特典があったという、感情的な部分のほうが割合を占めていそうな気もしますが)

「ポイント」や「お得」という言葉の魅力は確かにあっても。そこに引きずられすぎて、ちぐはぐな行動をとっていないか、かえってお金や時間、気持ちを消耗していないかどうか。

ときどき振り返ってみると、買い物の仕方も変わってきたり、不要なカード類を減らせたりして、思いのほか心も軽くなったりします。

実はその身軽さこそが、本当に満足感のある「お得」だったりするのかも。

関連記事

洋服の3色化計画、その後。クローゼットの定期点検で、悩みも徐々に解決する。

洗濯物の部屋干し対策。(梅雨の時期のひと工夫)

思い出品、捨てられないと思っている物も、未来に意識を向けることで手放せる。

ローリングストック法で、非常食の備えも日常的なものにしていく。

数字で明るい気持ちを選択する方法。

データ整理のコツ。「情報はどんどん捨てる」を実践してみる。