肌断食におけるシャンプー・リンス問題をどうにかしたい。。(ビネガーを試す)


肌断食をゆるく続けていますが、シャンプー・リンス(洗髪)に関してはまだ課題あり。

先日の試行錯誤の様子をお伝えします。

完全な肌断食は理想的ですが、あれこれ試した末、さすがに難しいことがわかり。今は、ほどよい妥協点を探りつつ、自分に合ったゆるめの肌断食を継続中です。(もうすぐ2年に)

少し前にこんな記事も書きました。

・パックスの全身シャンプー(シンプル成分)を使ってみた感想。

これも、肌への負担を減らすための実験的なものです。

肌断食におけるシャンプー・リンス問題。(物と手間を減らすことに気を取られすぎたかも)

全身(頭皮・髪・顔・体)の肌断食を続ける過程で、顔や体に関しては、多少の波はありつつも、今のところスキンケアについて大きなストレスはないです。

では、何が課題になっているのかというと。個人的に感じているのはこんなことです。(つまるところ。石けんだけだと、洗髪問題が解消されないことが大きい)

・すべて湯洗いだけで済ませてみたいが、ポイントメイクや日焼け止めの洗い流しも必要なので、現実的な対策として、できれば純石鹸無添加せっけん)のみ使っていきたい。

・ただ、それだと顔や体を洗うのには問題なくても、髪を洗うときしんだりごわついたりするので、シャンプーも必要。(湯洗いのみだと、特に夏場は、髪のべたつきや匂いも気になるので)

・バスルームで使う物も、できれば増やしたくないという理由で、全身シャンプー(髪、顔、体すべて洗えるタイプ)という妥協点を見つけ。適宜、純せっけんと併用。

(リンスやコンディショナーは、特に肌荒れや湿疹の原因になりやすいため、今後も使わない予定)

・ただ、全身シャンプーだと、やはりリンス的な効果はうすいのか、どうしても髪のぱさつきなどが気になり。ツヤもいまひとつなところが課題。

いくらボトル1本、石けんひとつで済んでも、髪が傷んだら意味がない。。

こんなふうに、肌断食に関して、改めて今抱えている問題・ストレスを洗い出してみると。

どうやら、
・石けん、シャンプーの類を増やしたくない
・お風呂での手間も増やしたくない

という気持ちのほうがいつのまにか強くなり。

肝心の「髪の健康」が、実はないがしろにされているのでは・・と思い至ることに。

たまにありがちですが、改善のつもりが改悪になっている例で、まさに本末転倒でした。。

「純せっけん・ビネガー(酢)」で、シャンプー&リンス。

近頃は、肌に合いそうな全身シャンプーを探すことに気持ちが向いていましたが。

改善ポイントはそこじゃない・・と気づかせてくれたのがこちらの本です。(引用:『シンプルに生きる』ドミニック・ローホー著)

久しぶりになんとなく読み返していた内容に、きっかけとなるヒントが。

シャンプー液を頭皮に残さないためにも、シャンプー液は直接髪につけずに小さめのボウルにとり、湯を加えて温めてから髪につけるようにします。

すすぎを十分にしたあと、最後にりんご酢小匙1杯を湯で薄めたもので髪をすすぎます。

(中略)

最後に清潔になった髪を乾かし、お好みのオイル1~2滴をすり込みます。これで髪は輝きを取り戻します。

若干忘れかけていましたが。これを読んで、ずいぶん以前に、せっけんのシャンプーやクエン酸・ビネガーのリンスを試したこともあったのを思い出しました。

Sponsored Link

(その頃は、肌断食という言葉も知らず。ただ、皮膚のトラブルを減らすべくさらによい方法を知りたくて、あれこれ試し続けているうちに、一周してきたような。なんだか不思議な感覚です)

●実際に試してみた、肌断食的シャンプー&リンス。

全身シャンプーですべてをまかなうのは、一旦諦めることにして。しばらく、髪に関してはこんなかんじで続けてみる予定です。

・髪や頭皮はあらかじめ湯でよく洗っておく。
・洗面器に3分の1くらい湯を入れ、無添加せっけんを適量溶かしつつよく泡立てる。
・泡立てたものを髪に絡めながら、よく洗い→流す。
・洗面器に3分の1くらい湯を入れ、を適量溶かして混ぜる。
・ビネガー湯を髪にかけてすすぎ→普通の湯で洗い流す。

りんご酢を切らしていたので、今回は普通の穀物酢で代用してみました。(小さじ1だと少ない気がしたので、大さじ1ほど使用)

せっけんの泡で洗ったあとは、髪がきしみますが、それを酢が中和してくれるので、すすいでいるうちに髪の指通りもよくなり。ドライヤーで乾かしたあとも、いつもより髪に落ち着きがでたかんじです。

(ビネガー湯の匂い残りが心配で、その後さらに洗い流してしまいましたが、あまり流しすぎないほうがリンス効果は得やすいような気もします。りんご酢を購入したらまた色々試してみる予定。

さいごにおまけで、ハッカ油を1滴プラスした洗面器1杯程度の湯で洗い流してみましたが、清涼感がありさっぱりできました)

お風呂での手間は少し増えましたが。これを続けていけば、傷んだ髪のキューティクルも修復され、ツヤも改善していきそうです。(りんご酢買わないと・・)

肌や髪の健康のために、多少の手間は惜しまずに。

湯洗いのみ、または、せっけんだけで髪も全身も特に問題ない、という場合はよいとしても。

私のように、肌断食過程で諸々の課題がある場合は、それを無視せず

自分に合った髪のケア(ビネガー、オイル、ワセリンを使うなど)について、改めて見直してみるのもよいかもしれません。

(今さらですが。せっけんと全身シャンプーを併用するより、せっけんとビネガーを使ったほうがシンプルなのに、どうしてこんなややこしい遠回りをしたのか。色々試しすぎてわけがわからなくなっていたのかも。。)

・(関連):これまでの肌断食に関する記事。

肌断食の過程で起きる変化にも、柔軟に対応していく。

また時間が経てば、年齢とともに髪や肌質もさらに変化していくので。

気長に続けることで、肌断食のケアも楽になっていくはずと期待しています。(またその時はその時で、水分が足りない、脂分が足りない、などとぼやいていそうな気もしますが・・)

今は、髪の状態を改善させることに気を配りながら、せっけんでのシャンプー、ビネガーでのリンス、それぞれのコツをつかみたいところです。

≫ 酢・ビネガーの売れ筋ランキングをみる/amazon

関連記事

カビ取り・カビ対策に。初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみた。

重曹で簡単焦げ取り、鍋もピカピカ。

洗濯槽の掃除も重曹ですっきりする。

虫刺されに重曹が効くらしいので試してみた。

シャープペンからフリクションのペンへ。小さな困りごともすっきり片づける。

塩浴生活も試してみる。(肌断食のためのプラスα)