洋服の3色化計画、その後。クローゼットの定期点検で、悩みも徐々に解決する。


年齢とともに洋服関連の悩みが増えているのが、地味にストレスになっていて辛い・・。

これらを解決すべく、少しずつ洋服の「3色化」を進めてきました。

現時点の様子などお伝えします。

何を着ても似合わない、どんな服が好みなのかもよくわからなくなってきた・・。

ここ何年か続いていた私の悩みですが、年齢を重ねるごとに多くの人が通る道のようです。

そんな状態を解決すべく、あれこれ試行錯誤を続けてみたところ。

最近はあまり悩まなくなり、わりと楽になってきたので。その経過を少しまとめてみます。

今は「3色化」に的を絞っていて、そこに至る過程は、ざっくりとこんなかんじです。

・衣類ファッション関連で、悩みの解決につながりそうな本、気になる本を探し、いくつか読んでみる。

・その過程で、洋服に関する自分の悩みを改めて探ってみて、最終的にどんな状態を望んでいるのかを、可能な範囲で言語化してみる。

・「悩み」と「望み」がはっきりしてきたら、あとは本をお手本に、まずはできることを実践しつつ様子を見る。

(特に抵抗感なく真似できそう、取り入れてみようと思える範囲でピックアップして、試していくかんじ)

・定期的にクローゼットなど手持ちの洋服/小物類を見直し、少しずつ入れ替え(買い替え)をする。

洋服まわりの困りごとも、きちんと悩みを把握することで解決につながる。

以下は個人の一例にすぎませんが、だいたいこんなかんじで自分に合った洋服との付き合い方を探っていきました。

・本などを参考に、プロの方のアドバイスから、様々な角度の考え方や実践的な内容を知る。

(洋服や自分に対する思い込みなどリセットするような気持ちで読むと、より新鮮で楽しい)

・自分が衣類(洋服・小物類)の何にもやもやしているのか漠然としていた部分も、少しずつ自覚、把握できるようになる。

・本を読みつつ、徐々に気持ちの変化も出てきたところで、悩みや気づきなど色々と書き出してみる。

【関連】

「洋服」選びの悩みについても、「片づけ」と同じように学んでみる。

洋服の3色化計画で、クローゼットも気分もすっきりを目指す。

◆「悩み/気づき」

・今まで着ていた洋服に、漠然と違和感を覚える。

・クローゼットの中(手持ちの衣類)を見ても、どこをどう直して変えていけばよいのかわからない。

・何を身に着けても似合わない感じがして、気落ちする。

・ファッション誌などを眺めてみても(洋服・靴・バッグほか)、着たいもの、好みの色すら曖昧になっている。

・年相応や流行などあれこれ考えると、かえって憂鬱に。

・欲しいものがわからなくなっているため、 洋服を買おうとしても、 結局購入できなかったり、無理やり何か買って失敗したり。

・洋服の形やデザインもさることながら。詰まるところ、色味が定まらない、コーディネート/組み合わせがうまくできないというあたりが、個人的には悩み原因の多くを占めているかもしれないと思い。

まずはわかりやすいところから変えていこう、という方向性が見えてくる。

・今後望む生活スタイルを含め、それに合った服装というものも、あらためて考えるようになる。

◆「望むこと」

・毎日迷わない洋服の組み合わせ/コーディネートを見つけたい。

・清潔感があり、自身が心地よく着られるもので、基本は定番的なアイテムが落ち着く。

(ポイント的な色味や流行などは、気が向けばたまに少し取り入れるくらいでよい)

軽い着心地の服に、少しずつシフトしていきたい。

(洋服自体に厚みや重みがあるものが、以前より苦手になってきたので)

・衣類は増やしすぎず、管理もしやすい量を保ちたい。

◆「試す/実践」

基本の3色を「白、ネイビー、グレー」に決める。

(3色に絞ったことで、どんな洋服の組み合わせにしても概ねまとまりやすくなる)

(*下記の本の中で提案されていた「ベースカラー7色」の中から、今の状況に合わせて、基本の色となる3色を選択してみた)

『クローゼットは3色でいい』

・それに従って、似合わなくなった、落ち着かないと感じるようになったものなどを順次手放す。(茶系/ベージュ系の服、デニム素材のもの等々)

・新たに買い替える洋服/小物も、まずは基本の3色から選ぶと決めたことで、選択肢が絞られ、買い物にも迷いが減ってきた。

・好きな色やデザインも今後の変化に合わせて、新陳代謝(捨てる、買い替える)を繰り返していけばよいという、指針や安心感を持てるようになってきた。

(アイテムも必要以上に増えすぎないし、洋服選びへの迷いも減る)

・・・

上記をまとめてみると、やったことはこれだけです。

□ 本などを参考に、様々な解決方法を知る。

□ 洋服に対する自分の悩みや、望むことを知る。(自覚・把握)

□ できそうなことから実践してみる。(様子見しつつ修正。無理はしない)

焦らず、ある程度時間もかけながら洋服の代謝をしてきたことで、最近はわりと心地よく衣類まわりのものと付き合えているかんじです。

一気に変えようとせず。常に今の自分に合ったものは何かを知り、少しずつでも変えていければよいのかもしれませんね。

**

こんな具合に。年代ごとに変化する洋服関連の悩みも、何かしら実践してみることで、ちょっとずつ脱することができるのではという内容でした。

衣類も含め、とにかく物全般がすぐに増えすぎてしまうのをどうにかしたいという場合は、「1イン2アウト=1つ入れたら2つ出す」などから、まずはスタートしてみるのもよさそうですね。

(* ↓ 以前読んだ本で紹介されていました。

『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』

1イン1アウト(1つ買ったら1つ捨てる)はよく聞きますが、物が多すぎてそれでは片づきそうにない・・という場合は、1イン2アウト/3アウトくらいにすると、片づけも進みやすそうですね)

関連記事

【かける収納】衣類収納の見直しも定期的に。(試し中:たたむ収納 → ハンガーで収...

「残さない」ことを基準にすると、暮らしも軽くなってくる。

丁寧と適当のせめぎ合い。

買い物依存しているかもと感じたら、色彩で自分の心を読み解いてみる。

1ヵ月間、「箱詰め祭り」を試してみる。

親の家の片づけ。親の性格・タイプを知って方法を考える。