重曹で簡単焦げ取り、鍋もピカピカ。

先日、久々に鍋を焦がしてしまいました。

そのおかげでというのも変ですが、重曹を使って掃除できたので、以前よりピカピカになり。鍋も心なしかうれしそうに見えます。

鍋の焦げは、重曹で簡単に取れる。

調理中にうっかりして鍋を焦がすことは、できれば避けたいし気をつけたいと思っています。ですが、やはり時々は発生してしまうもの。

そんなときにも慌てずに済むのは、重曹という強い味方があるおかげです。鍋を焦がしたくはありませんが、重曹での焦げ落としは、なぜか好きな作業。

本当に簡単で、余計な労力もかかりません。

重曹での焦げ落とし。手順:

・鍋の焦げにかぶる(焦げが隠れる)くらいの水を入れる。
(焦げが鍋底だけでなく、内側の鍋周りにも及んでいたら、その部分も水に漬かるように水量を調整)

・鍋の中に重曹を入れる。

・鍋を火にかけ、数分間煮立たせる。(重曹が発泡してくる)

・鍋を火から外し、冷めるまで放置。(汚れ具合により30分~数時間置いてみる)

・その後、スポンジなどで鍋の汚れを洗い流す。(既にほどんどの焦げが浮いているので、汚れも取りやすくなっている)

・(鍋外側の焦げが気になる場合は、水でぬらしたスポンジに重曹をつけてこすり洗いする)

 

・・・

鍋の大きさや焦げ具合にもよるので、水と重曹の量は適宜ということになります(重曹関連の本や紹介サイトなどによっても量が異なる様子なので)。

個人的にもわりと適当に使っていますが、目安としてはこんなかんじです。

・小鍋で焦げ部分に厚みがあったり鍋底だけの場合は、水1~2カップ+重曹大さじ1杯くらい。

・鍋全体の黄ばみ解消なら、水1リットル+重曹大さじ1~2杯くらい。

 

今回は焦げがひどく面積も広めだったので、水3カップ+重曹大さじ3杯くらい使用し、沸騰時間は5分×2回行いました。
(5分沸騰→30分放置→さらに5分沸騰→一晩放置)

その他のポイントとして。

・焦げ部分に厚みがあったり、範囲が広い場合は、まんべんなく重曹を振り入れるというより、重曹を焦げの上に置くようなつもりで落とす。(それにより沸騰してきた時に重曹が発泡し、より直接的に焦げに働きかけて汚れを浮かせてくれるかんじがするので)

・上記のように、焦げの上に重曹を落とすには、先に鍋に水を入れて後から重曹を入れる。(先に重曹を入れて水を入れると全体的に溶けてしまうので。もちろんそれでもきちんと泡が出て鍋全体もきれいになるが、焦げた部分に重曹を落とす方がよりダイレクトに早く焦げが浮きやすい気がする)

(沸騰してくる時の様子を観察していると、発泡して焦げが取れていく過程がなかなか面白いです)

・放置後に鍋を洗っても、多少焦げが残ることもあるが、メラミン樹脂のスポンジなどで少しこすってみるとわりときれいになる。

・(ちなみに、今回のステンレス製鍋やホーロー鍋などは大丈夫だが、アルミ製品の場合は黒く変色することもあるそうで、重曹を使うのは不向きなよう。鍋の材質には注意)

Sponsored Link

 

・・・・・

今回は焦げ部分に厚みがあったり、広範囲だったこともあり、鍋はそのまま一晩置いてみました。

鍋の中の水は、黒茶色の何とも言えない色になっていましたが、翌日スポンジを使って洗ったら、焦げもきれい取れていて、鍋はピカピカになりました。

(なぜか外側はさほど汚れず、鍋内側の焦げがひどかったのですが、無事元の姿に復活)

初めて重曹で鍋焦げを取った時の話。

重曹やクエン酸(ナチュラル洗剤)に関心を持ち、日々の掃除に使うようになってから、本などを参考に少しづつその使い方を学んでいきました。中でも特に感激したのは、重曹での焦げ取りです。

初めて重曹での焦げ取りを試すべく、重曹を入れた鍋を煮立たせ、黒い焦げが剥がれていくのを見たときは、何とも言えない爽快感が。その簡単さに驚きました。

 

以来、鍋を焦がしてもすぐに解決できることがわかり、多少の焦げも気にしなくなりました。

重曹での掃除方法を知る以前は、ひどい焦げを作ってしまった時に、強力クレンザーやステンレスたわしなどを使い、ある程度元の状態にするまでに随分必死に洗っていた記憶が。思いのほか時間も体力も必要です。

 

そんなかつてを思うと、重曹を入れた鍋を沸騰させ、あとはしばらく置いておくだけで、自然と焦げや汚れが取れていくなんて。余計な労力もなく、本当に簡単で便利な方法だと思います。

*******

重曹を生活の中に取り入れるようになってからもう何年も経ちますが、変わらず頼もしい存在。買い替えのたびに色々試し、今はこちらの重曹を使用しています。掃除にはもちろん食品用グレードなので料理にも使え、大容量でリーズナブル。とても使いやすくてよいです。

 

日常の些細なことだけれど。鍋の焦げ取り労力を減らしてくれた重曹は、やはりすごいなと感心。

(焦げ具合がひどいと諦めて鍋を処分してしまうこともあるかもしれませんが、その前に一度、重曹での掃除を試してみては。意外と復活してくれます)

今後も色々活用しながら、重曹生活を続けていきます。

関連記事

トイレ風水を気にしすぎず、掃除のしやすさを優先する。

夏も長袖生活、を試してみた今年の夏。

洗って使えるペーパータオルを、1ヵ月間使ってみた感想。

肌断食を考える。季節の変わり目に起こるピリピリ肌をなんとかしたい。

ウタマロクリーナーを試してみた感想。

ボックスティッシュペーパーもミニサイズに。日用品の見直し、コンパクト化。