【机の上の片づけ】わずかな行動の差が、気持ちの変化につながる。


「机の上を片づける」

たったこれだけの習慣でも、自身の変化に気づいたり、心を整えるのに役立ったりしています。

毎日使っているわりに、おろそかになりがちなのが、「机の上の片づけ」かもしれません。

小さなスペースだからといって侮らず、整えることを習慣にすると、意外なメリットもあるように思います。

【机の上の片づけ】わずかな行動の差が、気持ちの変化につながる。

□ 1日の終わりに、必ず机の上を片づける。

(寝る前に、机の上のものをすべて所定の位置にしまう )

これは個人的な習慣のひとつで、1~2分もあれば済むことです。片づけに取り組むようになって、いつの頃からかルーティンになっていました。

(人によって、習慣もさまざまあると思いますが、簡単にすぐ片づく場所こそ有効な気がします)

大事なのは、1つでも「決まった場所」を必ず整えておくこと。

小さな片づけ習慣で気づく、部屋と心の変化。

どこか決まった場所を片づけておくのがよいと思う理由は、下記のとおりです。

・日頃からある習慣のおかげで、自身の変化に気づきやすくなるから。

・小さなスペースでも、毎日片づけておくことで、気持ちを整えたり立て直すことにもつながるから。

「部屋の乱れは、心の乱れ」、というのはたびたび言われることですが。

最近、まさにこれを実感したことがあり。どこか決めた場所(私の場合は、机の上)を整えておくのは大事だと、あらためて感じました。

机の上の片づけを忘れたことで、疲れに気づく。

具体的には、1週間以上、まったく机の上を片づけていなかったことです。

それがあるとき、机を眺めていてなんとなく違和感を覚え。「机の上、ずっと片づけてないかも・・」と気づくことになりました。

自分の中では習慣という意識がほぼないくらい、すっかり定着していたことだったので、軽く衝撃を受けました。。こんなこともあるんだなと。

■自身の心と体の状態に気づく。

すっかり乱れた机の上を久々に片づけたあと、自分なりに分析してみることにしました。

そこで気づいたのは、下記のようなこと。

・この1ヵ月ほどいろいろな出来事が重なって、必要なこと以外に、時間や気持ちをさく余裕がなかった。

・動揺、緊張感、不安など、気づかないうちに心身への疲労が溜まっていることに気づいた。

・自分では、そこまで負荷を感じているつもりはなくても。人はささいなことで、簡単な習慣も忘れてしまうらしい。。(まだまだメンタルが弱い)

■【対策】気持ちの変化や行動について、紙に書き出す。

その後の対策として、今抱えている感情や、今後の行動などについて紙に書き出してみたところ。

気持ちも落ち着き。少しずつ、心身ともに自分を立て直す、という方向へ持っていくことができました。

・急な出来事によって感じた、さまざまな感情

・自分なりにできることは行っている

・今後も、焦らず、柔軟に対応していくのみ

といったかんじで、あとは細かく思いつくことを書き連ねるだけ。

頭も気持ちも整理されると、少しほっとします。

こんなふうにして、またいつも通りの「机の上を片づける」習慣を、再開することができました。

**

身のまわりをきれいにしておくための小さな習慣が、自身の現状や変化を知らせてくれることもあると思います。

どこか小さな場所1つ、毎日片づけることをしてみる。

そうすることで、気づけたり、気持ちを整えられたり、平常に戻るきっかけになったり。

わずかな行動が、自身を支えてくれることは、意外な場面でたくさんあるのかもしれませんね。

関連記事

片づけが終わらない・・、と諦めなくても大丈夫。(挫折前提で片づける)

【自分への質問】捨てる・残す、片づけに迷ったときには。(清々しいさいごを想像して...

【かける収納】衣類収納の見直しも定期的に。(試し中:たたむ収納 → ハンガーで収...

身軽に生きるために、たくさん持っていたほうがよいものとは。

コタツと一緒に怠惰な自分を片づけた日のこと。(悪習慣をやめる)

100円ショップでの買い物は、ルールを決めておく。(無駄遣い防止)