無理をしてカラフルな服をそろえたら、いらない物が増えただけだった話。

何事も無理をすると、身のまわりも心の中も散らかって、シンプルではなくなるという話。

 

過去に、自分の好みを脇に置いて、無理にカラフルな洋服をそろえたことがあります。今思い出しても、やはりあまり好きではなかったなと思います。

 

コンパクトでシンプルな暮らしを目指す今、自分の心地よさを無視した衣服は長続きせず、結局は物とストレスを増やしただけだったと振り返ることができます。(無理なものは無理、、と気づけたので、私には必要なよい体験だったのかも)

好きでない物を身に着けて、変化を試す。

洋服の色味やデザインというのは、ことあるごとに考えさせられます。

一般的には地味と言われるもの、シンプルなものが好きだと、時々妙なうしろめたさを感じることがあるというか。特に悪いことはしていないのですが。。

 

20代終わり頃のこと。私が唐突にカラフルなものや柄物の洋服を買い集めたきっかけは、一緒に買い物に行った友人とお店の店員さんとのやりとりでした。

 

とあるデパートで洋服を物色。
何事もあっさりが好きな私は、当時もシンプルや定番が好みで、その時も白や黒のセーターに気持ちが向いていました。が、友人が「たまにはこういう色もいいよ」とすすめてきたのが、結構ビビッドな色のピンクのセーター。絶対に合わないと引きぎみの私に、そばにいた店員さんも友人と一緒になって猛プッシュ。

 

いやだ、無理、似合わないなど、何度となくネガティブなやりとりがあったあと、まぁたまには気分も変わっていいのかなと妙に納得させられ。あえなく陥落した私は、その派手なピンクのセーターを購入することになりました。

 

そこからです。何のスイッチが入ったのか自分でもよくわかりませんが、今までとは違うものを着てみようという気になり、カラフルな物、今まで着たいと思わなかった色柄の服を買い集めるようになりました。(その熱も、結局はほんの一時期で終わりましたが)

 

 

無理なものは、早々に飽きてしまう。

「無理」って何だろうと思うことがよくあります。多かれ少なかれ、日常的に誰もがどこかで無理をしていると感じるからでしょうか。

 

心が病んでしまうほどの無理は禁物だけれど。洋服くらい、いつもと違う変化(負荷)を試してみよう、そんな心境だったのかもしれません。

 

そこそこ慣れてくれば、今までとはちょっと違う強めの色やデザインの服も、自分で着ていて大きな抵抗もあまり感じなくなりました。

 

けれど、やっぱり飽きる、、なんだか心地よくない、、。
(飽きた、、のひとことで片づけるのもどうかと思いますが仕方ありません。。)

 

人から見て地味だシンプルだといわれるようなものでも、飽きない人は飽きない。人から見て派手すぎるといわれるようなものでも、それが好きな人はやはり飽きないもの。(基本的なところでは)

 

なんだか、身も蓋もない話ですが。原色柄物は、私にとっては毎日身に着けるには落ち着かないアイテムらしく、ポイントや小物で楽しむくらいでちょうどよいみたいです。

 

その後は、またじわじわとシンプル・定番服に戻っていき、カラフルな洋服たちはそれから何年もクローゼットや衣装ケースの中で冬眠状態となりました。

 

今と違ってコンパクトな生活も求めていなかった当時ですが、たくさん物を減らしてきた今の自分の片づけ感覚で言ったら、ただむやみに物が増えただけだった、というかんじでしょうか。(最終的にそれらの服はすべて手放してなくなりました)

 

何事も試してみたからわかったこと。

突如カラフルな服を集めたことは、今となっては自分の中でも妙な時期として印象に残っています。

Sponsored Link

 

・・・・・・・・

大胆なデザインやカラフルな色柄を着こなせるのは、やはりそれなりのビジュアルとパーソナリティが備わっていてこそ。凡人・一般人である私が仮に同じような格好をしても、仮装行列のようになってしまうでしょうし、それだけのものを着こなす気概もありません。。(なんだかこう書くと、しょんぼりしてしまいそうですが)

 

何の変哲もないシンプルな定番服が、自分にとって心地よく安心できるなら、無理せず気にせずにこにこと着ていればそれでよかったのになと。今の私なら昔の自分に、そんなふうに声をかけたい気がします。(もちろんTPOは必要)

 

自分の中にない趣味、感じ方や考え方は、人からもたらされるよい影響でもあります。けれど、一度取り入れてみて自分にフィットしなかったら、それはそれ。

また元に戻したり、新しい物や思考を取り入れたり。そんなことを何度も繰り返していくことで、自分のスタイルも生活も作っていけばよいと。

 

(洋服に限らず。身のまわりも内面も、淀まずにタフな新陳代謝を生涯続けていけた人は、きっといい人生になっていくのかなと、そんなことを思います)

 

過去の経験を思い出しつつ、うっかりまた余計なものを増やさないように。

「好きか否か、必要か不要か、快適か不快か、、。」
こんな自問自答を面倒に思わず習慣にしていけば、目指すコンパクトな暮らし方からそれほど大きく外れることはなさそうです。

 

関連記事

一般的な縁起や概念を気にせず、自分の心地よさを優先したらどうなるか。

物を捨てられる体質にしていくと、片づけも進みやすい。

身軽になるためのキャッシュレス化について考えてみる。

小さな習慣の大きな効用。(片づけにも人生全般にも)

「洋服」選びの悩みについても、「片づけ」と同じように学んでみる。

行動できない悩みから一歩踏み出すために。無言実行を試してみる。