思考・感情・行動・習慣

陰徳、陽徳。よいことはこっそり行うこと。

[chat face=”q2.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]

なぜか自分だけ仕事の分担が増えている、損な役回りが多い、いつもの家事が負担に感じる・・。

些細なことなのに、なんだか気持ちがモヤモヤして重いとき。

すっきりと過ごすには、どんな考え方をすればいいのか。
[/chat]

日常の小さなことに、もやっとしてしまう。

そんなときには、「陰徳」という考え方を取り入れてみると、少しずつ前向きな姿勢を取り戻せるかも、という内容です。

(陰徳を、ゲーム的な感覚で試してみると。日常生活での面白さ、楽しさ、彩(いろどり)のようなものを感じやすくなったりして、なかなかよいです)

陰徳は、人に見られずによい行いをすること。

早起きは三文の徳、人徳がある、徳を積む、等々。これらの言葉は、人生の中で何度も聞いたことがあるものです。

「徳」について調べると、すぐれた品性、恩恵、加護、富、生まれつき備わった性質など様々な意味があり、ざっくりとよい行いなどを含む意味合いと理解していました。

ただ、言葉としては聞いたことのある「陰徳」「陽徳」ということについて、あまり深く考えたことがありませんでした。

・陰徳= 世間に知られないよい行い、善行。

・陽徳= 人に知られるように行う徳行。

それらの概念は、以前読んだ本の中で少し書かれていて、あらためて興味深く感じ。最近は何かあると、再び「陰徳、陽徳」ということを思い出して意識するようになってきました。

『思いどおりの人生を創るためのお金の鉄則10か条』より)

・徳には大きく分けて2種類あります。陽徳と陰徳。この中で、陰徳のほうがはるかにパワーは強いと言われています。

・陰徳とは、「人に知られないようにする善い行い」のことなので、人に知れてしまうと陽徳になってしまいます。陽徳になるとパワーが落ちます。

陰徳を積むことが本当の徳を積むことになり、徳を積んだ結果、廻り廻ってわが身に返ってくることになります。見返りを期待して行為をしてしまうと、これは陰徳とはなりません。

日々の不満や負担も、陰徳の考えで対処してみる。(遊び、ゲーム感覚)

もちろん、負担に思っている内容・事柄によっては、きちんと冷静に伝えたり話し合ったりして、それぞれの役割を担う、理解する必要があることも、当然あると思います。 (会社内、家庭内、友人関係などにおいて)

その一方で、誰がやってもいい、できる人がやればよいと思えるようなことの中で、「陰徳」という考え方を取り入れていくと。

まず自分の気分がよくなり、周囲の人とも円滑に過ごせるようになる可能性が広がるのでは。

小さなことで言うと、例えば。

・家族が思うように家事分担を行ってくれない。 → (無理はしないが、できるときは)自分でやってもいいかもと思い直す。

・ときどき利用する駅のトイレが汚れている。 → (よほど急いでいるのでなければ)便座や床の気になった汚れを、簡単でよいのでさっとペーパーで拭いてから出る。

、、等々。

ものすごく大きな困りごとではないけれど、日常の中で感じる些細な不満や負担は、誰にでもそれなにりあると思います。

けれど、陰徳を意識するようになってから、個人的にも気持ちが軽やかになったり、ゲーム的なわくわく感を覚えたりするように。

・日常の中で、小さな不満や負担に遭遇

・「陰徳・・」と、心の中で呪文のようにつぶやく

・そのときできる解決行動をとる(無理はしない)

ちょっとだけ自身の思考や行動から変えて、できることからやってみると、思いのほかよい気分になれたり、怒ることが減ったりします。

キーワードは、「人知れず、こっそりと」。

もしも多くの人々が、周囲に知られないようによい行いをしようと考えて、陰でこっそり、かさこそと動きまくろうとしていたら。

そんな世の中を想像すると、なんだか小動物的な健気さや面白さを感じて、ちょっと和みます。

**

人の評価や思惑、または、自分の中の面倒くさいというやや怠惰な気持ちは、ひとまず脇に置いて。

些細なことでも、自身がよいと思うことをきちんと行動に移す、ということが大事なのかもと思います。

人目に触れないよい行い(陰徳)のほうが、より徳を積めるそうですが、それを人に見られたからといって(陽徳)変に恥ずかしく思う必要もなく。

些細なことに、なんとなく気持ちがとげとげしたり重くなっているなと感じたら。

魔法の呪文のように、「陰徳」と唱えつつ。

新しい遊びのように取り入れてみると、フットワークも気分も、今までより軽くなっていくかもしれませんね。

*追記

一時期、自分の中での楽しい遊びのひとつとなっていた「陰徳ゲーム」。

時間が経過し、日々いろいろな出来事が起こるたびに、ネガティブな気持ちになったりして、いつのまにか忘れてしまっていることに気づきました・・。

最近また思い出して、ゲームを復活させているところです。

後々の自身を助けるためにも、感情や思考のメンテナンスは、「できるだけ忘れず、こまめに」が吉。(と、人生で何度も言い聞かせているような)

トイレブラシをなくしてみた、その後の工夫。前のページ

【思い出品】を無理なく手放すには。(未来に意識を向けるメリット)次のページ

関連記事

  1. 片づけ・コンパクト

    収納用品を減らしていく中で気づいたこと。

    収納用品の片づけは、うまくいったものもあれば、迷いが…

  2. 片づけ・コンパクト

    【パスワードの管理】パスワードも定期的に片づけ、整理。(5分間習慣)

    そのうちなんとかしようと思いつつ、先延ばしにしてきた【パスワード…

  3. 片づけ・コンパクト

    【大掃除】楽するコツを考える。ポイントは2つ。

    年末の大掃除が苦手です。なので、少しずつ掃除のやり方を変えて…

  4. 片づけ・コンパクト

    【思い出品】を無理なく手放すには。(未来に意識を向けるメリット)

    誰にでもある「思い出」や「思い出の品」。うまく整理したり、手…

  5. 片づけ・コンパクト

    【片づけの始め方】きっかけを見逃さないように。(何度でも再挑戦)

    片づけを始めるきっかけは、人生の中で何度か訪れたりするものです。…

  6. 生活用品・エコ

    コタツと一緒に怠惰な自分を片づけた日のこと。(悪習慣をやめる)

    新年になり、1~2月は寒さも本格的になる季節です。そ…



Archive

PAGE TOP