トイレブラシをなくしてみた、その後の工夫。

トイレブラシをなくして(処分して)、代わりに、使用済みの食器用スポンジを再利用しトイレ掃除をするという方法を試し始めてから、約1ヵ月が経ちました。

(このような方法に至った経緯や詳細はこちら ↓ )

・食器洗い用スポンジは、除菌ではなく交換にしようと思った話。

・トイレブラシをなくす、を試してみる。

 

その後も、トイレブラシなしの生活はとても快適です。

トイレブラシをなくしても、こまめに掃除できる工夫を考える。

最初はスポンジでのトイレ掃除に若干の抵抗があり、時間もかかっていましたが、回数を重ねると手順なども慣れてきて、今はわりとスムーズに掃除できるようになっています。

 

先にあげた記事で詳細を書いていますが、再度簡単にその流れと手順をまとめてみます。
(ちなみに、普段キッチンでは食器洗い用スポンジを2個使用していて、基本は週に1回新しいものと交換しています)

 

・食器用スポンジ①(1週間使用)→ 使用済みスポンジを風呂場掃除用に再利用(1週間使用)→ 捨てる

・食器用スポンジ②(1週間使用)→ 使用済みスポンジをトイレ掃除用に再利用(1回使用)→ 捨てる

 

・・・

こんな具合に、2個の食器用スポンジは常に1週間で新しいものと交換し、あとは①②をそれぞれ再利用(リユース)することで、風呂場用スポンジも以前より交換頻度が高くなり(前は1ヵ月くらい使用)、トイレブラシも処分することができ、以前より衛生面でも快適になりました。

あとは、このサイクルを継続していくだけです。

 

風呂場用スポンジは、このサイクルでよいとしても。
気になっていたのはトイレ掃除のことです。

トイレブラシを使っていた時は、特に頻度は決めていませんでしたが、気になるとすぐブラシで簡単に掃除していたので、スポンジでの週1回掃除はやや心もとない部分があり。(便器まわりや床などは流せる除菌シートでいつでも掃除できるけれど、便器内はやはりスポンジが必要なので)

偶然ネットで知ったこのトイレ掃除法によると、週1度のスポンジ掃除でもある程度保てる様子でしたが、できればもう少し回数を増やせないかと思っていました。

スポンジでのトイレ掃除回数を増やすべく行った工夫。

上記の流れでいくと、トイレ掃除用の使用済みキッチンスポンジは週1回しか回ってこないので。これを、風呂場用スポンジをさらに再利用し、改善することにしました。

 

・食器用スポンジ①(1週間使用)→ 使用済みスポンジを風呂場掃除用に再利用(1週間使用)→ よく洗いスポンジを半分にカット。干す→ トイレ掃除用2回分に再利用(各1回使用)→ 捨てる

・食器用スポンジ②(1週間使用)→ よく洗いスポンジを半分にカット。干す→ トイレ掃除用2回分に再利用(各1回使用)→ 捨てる

 

・・・

トイレ掃除用に再利用するスポンジは、一度、外か室内の風通しのよい場所に干して乾かしておきます。(乾いたらビニール袋などに入れ、収納場所を決めて置く)

半分にカットしたので、スポンジは計4個に。1週間に4回はトイレ掃除用に使えることになります。(スポンジは半分にしても手のひらくらいの大きさがあるので、トイレ掃除にも充分)

 

スポンジで週1回のトイレ掃除でも、確かにそれほど汚れは気になりませんでした。

ただ、トイレ専用の強力洗剤ではなく、作用が穏やかな重曹などのナチュラル洗剤を使っているため、より汚れを付きにくくする予防掃除ができるとさらに衛生的にもよさそうなので。

Sponsored Link

 

こんな具合に実験的に小さくした4つのスポンジを再利用し、1週間トイレ掃除を行ってみました。

最初は当然ブラシの時より手間に感じましたが、慣れるとたいして気にならなくなり。それより、常にトイレブラシがないというのは、空間のすっきり感はもちろん、ブラシによるこもったようなニオイに悩まされることもなく、その快適さを日ごとに実感するようになりました。
(なので、今のところトイレブラシを復活させる予定はないです)

トイレブラシなしの快適さを選択する。

現在行っている、使用済みキッチンスポンジ再利用のトイレ掃除はこんなかんじです。

・ビニール袋(またはゴム手袋)を手にはめる→ 重曹とクエン酸を使い、使用済みのキッチンスポンジで便器内を掃除→ 終了後は、水切りしたスポンジを持ったままビニール袋をひっくり返して口を閉じる→ 一時的にトイレの隅に置き→ 流せる除菌シートで便器まわりや床などを掃除→ すべての作業が終わったら、スポンジの入ったビニール袋をゴミ箱へ捨て、トイレ掃除完了。

 

トイレブラシをなくせるのは魅力的だし確かに衛生的にもよさそうだけれど、正直に言えば継続できるか気がかりでしたが。意外とすでに1ヵ月以上、あれこれ工夫を考えつつ続いているので、何事も慣れ・習慣なのだなと。

 

そんなわけで、よく考えれば若干手間の増えたとも言える、使用済みキッチンスポンジをリユースしたトイレ掃除法。それでも個人的には、トイレブラシをなくしてみたことのメリットを大きく感じるので、今後も当分この方法を続けていこうと思っています。

(このペースなら、週4回、月16回、つまり1日置きにはスポンジでトイレ掃除できることになるので、衛生的にもわるくはなさそう。

食器用スポンジを常に新しくして、あとは流れに従って再利用後にすぐ処分するだけなので。場所別などで必要以上にスポンジストックが増えすぎることもなく、管理が楽でよいです)

 

*******

ちなみにトイレ掃除をするタイミングは。

週末などは昼間やることが多いですが、平日は夜、お風呂に入る前に行うのが定番になりつつあります。トイレもすっきり自分もさっぱり。

今年の楽しみのひとつになっている「よい習慣作り」。またひとつ増やすことができそうです。

・5分間掃除の習慣が続いている理由。

・5分間習慣で不要データ・メールも、すっきり片づける。

・小さな習慣の大きな効用。

関連記事

覚悟があればきっと片づく。片づけの最中に起きたメンタルの変遷。

机の上を片づけるだけでも、意外と気持ちは整えられる。

初めての電子書籍。どのサービスがよいか迷ったら、まずは3つから選択してみる。

クローゼットひとつ分、イメージとしての生活荷物量のこと。

塩浴で湿疹・皮膚炎症の改善計画。

「迷ったら捨てる + 迷ったら買わない」は、片づけ基準の名コンビ。