コタツと一緒に怠惰な自分を片づけた日のこと。



新年になり、1~2月は寒さも本格的になる季節です。

そんな冬の時期に片づけた「こたつ」のことを思い出したので。コタツを手放すことになった経緯を振り返ってみます。

 

もうずっと昔の20代前半頃に、「コタツ」と決別することになりました。そう、あの冬のぬくぬくアイテムである、こたつ。

 

決別などと言うと大げさですが、要はコタツを片づけて処分したわけです。

それから随分後に来ることになった片づけブームなんて想像できないくらい、物を増やしてばかりの日々でしたが、今考えてみると、あの行動も無意識に物と心の片づけ・整理をしていたのだと思います。

かつては、(コタツ+私=怠惰)だった。

《コタツをやめた理由ときっかけ》

・学生の頃から冬のコタツが定番になっていて、一度コタツに入るとそこから出るのが面倒になったりすぐに行動しなくなったり。ぬくぬく暖かい誘惑は捨てがたい一方で、コタツがあると怠慢になってしまう自分に少々嫌気もさしていた。

 

・コタツをやめる決定打になったのは、高熱を出したこと。
学生の時にもコタツで朝まで眠り込んで、2回程高熱を出したことがある。(たぶん大量の汗や水分不足のせい?)

その後社会人となっていたある日、また同じようなことをして、再びコタツによる高熱で会社を休む羽目に。自分も熱で苦しいうえに人にも迷惑をかけ、諸々自覚が足りなかったことを反省する。

 

・・・

大人の一人暮らしなのにこんなことではいけない、体調管理もだらしない自分もなんとかしようと、ようやく思い至り。
体調が回復してから、何の迷いもなくコタツをやめることができました。

 

コタツ自体は人を温めてくれるとても素敵な物なのに、節制できない自分のせいで、お別れすることになったのは切ない限りです・・。(コタツ自体をどうやって処分したのか、いまいち思い出せませんが、実家に送ったかその後の引越で処分したような)

 

・・・

きっかけはネガティブな動機ですが、結果としては、コタツとセットになっていた怠惰な自分を片づけることができました。

 

 

今は、(ストーブ+厚着=身軽)になった。

コタツをやめてからその後も、一度もコタツを買ったことはなく。以来、冬は基本的にエアコンや電気ストーブで過ごしてきました。

Sponsored Link

 

2011年の震災以降は、少し変化も加わって、部屋の中でもカイロをよく使うようになったり厚着をしたりして、電気の使い方も考えるようになりました。

(それ以前は、エアコンと電気ストーブを同時に使用、一時的に部屋の温度を上げるなど、自分の行動が鈍くならない工夫に焦点を当てていたこともありましたが。今はそんな無駄もなく)

 

家の中で厚着をすると、ちょっと動きがぎこちないこともあるけれど、自分自身を温かくして室内もそこそこの温度を保っていれば、特に困ることもなく行動も軽くなるので何かと楽です。

 

もう昔のように、コタツに貼りついたようになったり動きが固まったりすることもないので、怠惰な自分をひとつは減らすこともできています。(もちろんコタツがあっても機敏に動ける人には関係のない話です・・)

 

怠惰(怠慢)の反対語は勤勉。。
他の部分で怠惰な自分は常に存在するので(週末の夜更かしとか)、さすがに全てのことに勤勉とはいきませんが。コタツにまつわる怠惰な自分はもう見なくて済むので、少なくともそこに関しては身軽でいられます。

 

コタツと私の怠惰な関係を、あの頃片づけておいて本当によかったです。コタツで寝込んで高熱を出すことはもうないので、私の中では身に付いてよかった習慣のひとつと言えそう。(うっかり薄着で出かけて風邪をひくという類の失態はあるけれど)

 

・・・・・・・・

自分にとって明らかによくないなとひそかに思っている「物+習慣」、また気づいたり思いつくことがあれば、これからもどんどん片づけていきたいと思います。

 

コタツに限らず似たような心当たりがある場合は、思い切って手放してみると、気持ちも行動もすっきりと軽くなるかもしれませんね。

関連記事

ワセリンとハッカ油で、肌荒れケアと気分転換も。

クローゼットひとつ分、イメージとしての生活荷物量のこと。

虫刺されに重曹が効くらしいので試してみた。

迷ったときこそシンプルに考える。

色々吸い込んでいそうな「紙類」を片づける。

物を捨てられる体質にしていくと、片づけも進みやすい。