生活用品・エコ

【簡単】アロマオイルの始め方、使い方。(精神安定、除菌ほか)

生活の中で、気軽にアロマオイルを楽しむコツは、3つくらい。
簡単にご紹介します。


アロマオイル(精油、エッセンシャルオイル)というものは世の中にたくさんあるけれど、今まであまりなじみがなかったり、これから取り入れてみたいという場合。

入口からのステップやコツをあげてみました。


アロマオイルを楽しむには。


暮らしにアロマを取り入れるのに、個人的に必要だと思うのは下記の3つです。


1.アロマオイルの基本的な特徴や、安全な使い方を知る。

(初心者向けなど気になった本を1~2冊読めば、だいたいの基礎的なことがわかる)


2.自分の好みの香りを把握する。

(慣れないうちは、専門店など行きやすい店頭で香りを嗅いで試したり、スタッフの方に聞いてみたり。ネット通販の初めて用セットなども便利)


3.無理をせず、自身が使いやすい方法で香りを生活に取り入れる。

(ディフューザーやアロマストーンなどもあれば便利。とはいえ、特別な道具や器具がなくても全く問題なし)


長く使いやすいスタイルで。自分に合ったものを見つけていく。


上記が大切だと思う理由は。


・ ざっくりとでも基本的なことを知っていれば、安全、安心につながり、新たな関心も広がるから。

・ 香りの好みは人それぞれ。最初は色々と試してみることで、自分の苦手や好きがわかり、徐々に心地よい香りを選べるようになるから。

・ アロマオイルも嗜好品の一種。使い方も取り入れ方も、手間をかけすぎたり無理したりしないほうが、生活に溶け込みやすいから。習慣になることで、長く楽しめるから。


(私の場合、香水や合成洗剤の香料などは苦手でも、ゆるく香らせた自然の精油だと、リラックスできることがわかり。安心して使えるようになりました。

あと、今は特別な道具なども使わず、より手軽で簡単なスタイルで楽しんでいます)


アロマオイルを生活に取り入れる方法(ステップ)。


1.本、専門店サイト

アロマオイル(精油)の特徴や安全な使い方を知るには、内容が体系的にまとまった本や専門店のサイトなどを読むと、ざっくりと基本的なことがわかります。

まずは、気になった本を1冊手に取ってみるのがおすすめ。

≫ 【アロマテラピー 関連本】売れ筋ランキング | amazon


(私がアロマに関心を持つようになったのはずいぶん昔ですが、当時は色々知りたくて、アロマテラピー検定のテキストや関連の書籍など、あれこれ手を出しすぎました。

最初は、読みやすそうな1冊で充分かも)


2.好みの香りを知る

最初から自分の苦手や好みの香りがわかっていればよいですが、意外とそうでないことも多かったり。

好みを知るために、いろいろ試してみたい気持ちもあると思います。


なので、最初はこのあたりから ↓ 。

・ 専門店の店頭で香りを嗅いで試したり、お店の方に尋ねてみる。

・ ネット通販で、種類の違う精油セットを購入してみる。

(昔に比べ、値段も手ごろで種類も豊富)



他には、「香りのカテゴリー」や「使用目的」から選んで、自身の好みを探っていくのもよいと思います。

例えば、私がたびたび利用しているこちらを参考に。

≫ ease-aroma



【香りのカテゴリー】

・ フローラル系

・ 柑橘系

・ ハーブ系

・ 樹木系

・ スパイス系

・ 樹脂系

・ オリエンタル系


【使用目的】

・ リラックス

・ リフレッシュ

・ 集中

・ 睡眠/安眠

・ 掃除/洗濯

・ ギフト


(いろいろ試しながら、好きな香りを知っていく過程も、また楽しいものです。

個人的な気づきとしては、フローラル系は意外と強く感じて香りにむせてしまうとか、樹脂系やオリエンタル系はたまにでいいな、とか。

好みの香りも季節や気分によって変遷があるなかで、徐々に定番化してきました。今は、ハーブ系と柑橘系を中心に選んでいます)

≫ 40種から選べる 精油 6本セット ease-aroma


3.専用の道具や器具

香りを楽しむ器具 も、いろいろあります。

例えばディフューザー(ミストで部屋中に香りを広げてくれる)など、専用道具や器具は便利でインテリアにも素敵ですが、あってもなくても大丈夫。

このあたりは個々のお好みでよいと思います。


私の場合、初期の頃は、アロマポット(ポットの下のキャンドルに火をつけて、香りを広げる)をよく使っていました。

ただ、面倒くさがりなため、いつのまにか使わなくなってしまい、今は簡単な使い方のみです。

(こまめに掃除しないとアロマポットに油分がついてしまったり、うっかり焦がしたり、キャンドルの買い置きを忘れたり。ささいなことでも意外と管理に手間をとられていました)



ちなみに現在は、下記のような気軽な使い方が主です。


【スプレー】

小分けのスプレーボトルに、「エタノール、水、精油」を適量入れて混ぜるだけ。

ルームスプレー、リフレッシュ、虫除け、掃除、除菌など。精油の種類を変えるだけで、家でも外出先でも多用途に活躍してくれます。


【置くだけ】

ティッシュ、ハンカチやタオル(オイル汚れがついても気にならないものを使う)に、数滴の精油を落として、机やパソコンまわり、引き出しやクローゼットに置くだけ。

気分転換、防虫など、こちらもいろいろと便利。


【脱臭、消臭】

空きビンに重曹を入れ、数滴の精油を落として混ぜ、ニオイの気になるシンク下、戸棚、靴箱、トイレなどに置くだけ。

脱臭や消臭作用が薄れたら、古くなった重曹は掃除用としてムダなく使えます。


【ワセリン】

小分け容器にワセリンを入れ、精油を数滴まぜるだけ。主にハッカ油を使用しています。

ワセリンクリームというか軟膏的というか、そんな用途です。

(*皮膚の状態や体質も人それぞれなので、自己責任で行っている使い方)


■例えば。


・ 鼻の下に少し塗る。

(鼻をかみすぎて痛いときに。ややしみるけれど、鼻の通りもよくなり、皮膚の保護にも)


・ 切り傷やスリ傷に。

(軽いものなら、ちょっと付けて済ませる)


・ 虫刺されのあとに。

(市販の薬はめったに使わないので、虫刺されを見つけたら、軽く塗っている。今のところ化膿や炎症もなく、意外とおさまっている)


【関連】「肌断食」 実践と経過のようす。




まとめ


今回は、アロマオイル(精油、エッセンシャルオイル)を楽しむためのステップやコツについてでした。


1.アロマオイルの基本的な特徴や、安全な使い方を知る。

(本、専門店サイトなど参考に)


2.自分の好みの香りを把握する。

(可能なら店頭で香りを嗅いで試す、スタッフの方に聞いてみる。ネット通販の精油セットなども便利)


3.無理をせず、自身が使いやすい方法で香りを生活に取り入れる。

(特別な道具がなくてもOK)



ほっとする、落ち着く、明るい気分になる、元気をもらえる。そんな感覚を大切にしながら、アロマオイルのある生活を楽しんでくださいね。



片づけ初期に手放したもの。【メモ振り返り】前のページ

【ヘナ再開】約3年半ぶりに、ヘナを使って髪染めしてみた感想。次のページ

関連記事

  1. 生活用品・エコ

    無印の全身シャンプーを使ってみた感想。

    初めて無印良品の「全身シャンプー」を使ってみました。現時点で…

  2. 生活用品・エコ

    肌の悩みを改善するきっかけになった「せっけん」の話。

    今回は、肌の悩みとまじめに向き合うきっかけになった、「せっけ…

  3. 生活用品・エコ

    【虫除けアロマ】はどれが効く? 精油で、蚊・ダニ・ゴキブリにも対策。

    梅雨から夏の終わり頃までは、特に、さまざまな虫に悩まされる季…

  4. 生活用品・エコ

    【肌断食】試し始めて1ヵ月経過の様子。(宇津木式スキンケア)

    「肌断食」のスタートから、約1ヵ月が経ちました。現在の様子、…

  5. 生活用品・エコ

    【鍋焦げの取り方】重曹でピカピカに。

    先日、久々に鍋を焦がしてしまいました。とはいえ、「重曹」があ…

  6. 生活用品・エコ

    【無印のEVAケース】を活用してみた感想。(小物の仕分け、収納)

    小物類の仕分けや収納に、「無印のEVAケース」を取り入れてみ…

Archive

PAGE TOP