買い物への依存や後悔を減らすために。(6つの直感センサーで、消費行動を振り返る)


先日、ニュースサイトで「パルス型消費行動」というものを知りました。

ざっくりと内容をまとめてみます。

少しでも、自身の消費行動を振り返ることができれば。
買い物への依存や後悔減らしたり、改善することにも役立てられそうです。

参考ニュースは こちら

グーグルが発表した、ある調査結果の報告に関するニュースです。

その調査内容は、オンラインでの一般消費財購入の普及や動向(日本国内)について。

調査の結果から見える、日本人の購買に関する行動・特徴を、「パルス型消費行動」と呼んでいます。

買い物への依存・後悔を減らすには。(消費行動を振り返ってみることが大事)

買い物の際に、購入に至るまでの行動を振り返ることは大切だと、あらためて思います。

昔とは異なり、パソコンやスマホの普及で、24時間いつでもどこでも、好きな時に買い物できる環境になり。

サイトで商品を見て、躊躇なく、すぐに購入する人々が増えているそうです。

自身の購買行動を客観的に知ることで、余計な買い物も減らせる。

特に、今の買い物の仕方で困りごとがない場合はよいとして。

もし、今の買い物の仕方に何か疑問を感じていたり、気持ちが消耗したりする場合は。

自身の消費行動を客観的に見て、いろいろと気づくことで、ムダを減らしたり、より納得のいく買い物につなげることができると思います。

そこで役立つのが、「6つの直感センサー」というもの。

パルス型消費行動の、6つの直感センサーとは。

「パルス型消費行動」を起こさせるのは、「6つの直感センサー」がきっかけになっているそうです。

■パルス型消費行動

パルス型消費行動とは「瞬間的に“買いたい”と感じ購買に至る行為」

・特に買い物する意識がなくても、瞬間的に買いたいと思い、購入する。

・未知の商品でも、躊躇なく購入する。

・スマホで偶然知った商品を、その場ですぐ購入する。

・・・

かつては、少しずつ買いたい気持ちを高めていき→購入する、といった流れだったのが。

現在は対照的に、瞬間的に買いたい→購入する、というパルス型の消費行動が中心になってきているようです。

・スマホの普及で、より購買への垣根が低くなっている。
・24時間買い物できるタイミングがある。

こうした環境の変化は、より簡単に物を買うことを可能にしています。

■6つの直感センサー

1. セーフティ: 「より安心安全なもの」に反応する直感センサー
2. フォーミー: 「より自分にぴったりだと思うもの」に反応する直感センサー
3. コストセーブ: 「お得なもの」に反応する直感センサー
4. フォロー: 「売れているもの」や、「第三者が推奨するもの」に反応する直感センサー
5. アドベンチャー: 「知らなかったもの」や「興味をそそるもの」に反応する直感センサー
6. パワーセーブ: 「買い物の労力を減らせること」に反応する直感センサー

Sponsored Link

・これら6つのセンサーは、誰もが持つもの。

・センサーは経験則的なもので、一貫性はない。(状況・環境によっても変化)

・・・

日頃は特に意識することがなくても。

誰もがこのような反応を持っていて、何かに刺激されて買い物をしていると思うと、興味深いです。

買い物の失敗が多いかも、買い過ぎているかも、と悩んでいる場合は、この反応に気づき、いかに対抗策を持つかがカギになりそうですね。

気づくだけでも、消費行動は変わってくる。

大きな買い物なら、ある程度じっくり考える人が多いと思います。

一方で、日常的なもの(食品、日用品、衣類・雑貨など)は、わりとルーティン的にぽんぽんと買っていたり。

とはいえ、いきなり消費行動を変えたり、極端に買い物を減らすことも難しいと思うので。

まずは、できそうなところから始め、6つの直感センサーの反応を、ときどきでも振り返る観察するといった習慣ができると、買い物の仕方も変わってきそうです。

例えば。

・日常的な買い物の最中に、または買い物後に、6つのセンサーを意識。

・何に反応しやすいのか見えてきたら。
満足・納得のいく買い物ならOK。
なんだか違うと思えば、改善

こうした振り返りの習慣は、店頭購入(コンビニ、スーパーほか)でもネット購入でも、ある程度続けてみると、一定の効用や変化もありそうですね。

どんなことに反応し買い物しているのか、観察してみる。

こうした購買行動に関する反応については、商品を売る側(企業など)と買う側(消費者)で、活用の仕方は変わってくるとは思います。

いち消費者として、「最近なぜか買い物し過ぎてしまう」とか「買い物で後悔することが増えてきた」「何でこれを買ったのかな」など、思い当たることがあれば。

6つの直感センサーのうち、どれによく反応しているか、どんな影響を受けているのか、自分なりに消費行動を分析してみると。

気を付けたいところ、改善したいところも見えてきて、今後の買い物の仕方を変えていくことにもつながると思います。

(ちなみに個人的には、1. 2. 6. あたりによく反応しているなと振り返ることができました。もちろん、6つともそれなりに反応はしていますが、最近は、6. が強めかも)

こうした6つの直感センサーは、誰もが持つものなので、よいわるいということはなく。

それぞれに自身が満足・納得できる買い物のために、役立てていきたいですね。

関連記事

陰徳、陽徳。よいことはこっそり行うこと。

掃除機VSほうき。自分にとって楽なのはどちらか。

コタツと一緒に怠惰な自分を片づけた日のこと。

収納用品を減らしていく中で気づいたこと。

ネットショッピングのおかげで無駄買いが減った、と思う話。

悩みや不安が消えないときの対処法。(最悪を考えることが最善策に)