洗剤を減らす。重曹・クエン酸での掃除を長続きさせるコツ。


掃除が苦手、もっと簡単にしたい。

余計な洗剤も減らしたい。

そんな悩みを解決してくれるのが、重曹、クエン酸などのナチュラル洗剤です。

基本的な使い方だけ覚えれば、あとは簡単。

既存の洗剤類を減らし、重曹に置き換えていくだけでも、日々の掃除はラクになり。暮らしをシンプルに改善してくれる、一助になると思います。

先日、重曹掃除の本を読み、そのよさを再認識したので、今回あらためてまとめてみます。読んだのはこちら。

浴室のカビ取りのことで少し困って、その解決策を見つけるべく本を探し。よいヒントがありそうと思い購入。

カビ取り・カビ対策に。初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみた。

(著者ご自身が、掃除が苦手だったり、重曹・クエン酸掃除で数々の失敗を重ねてきたそう。

そういう経緯もあってか、必要な基本情報や場所別の掃除法などが、シンプルにまとめられていて、今後も気負わずエコ掃除を続けていこうという気になりました)

洗剤を減らすには、重曹やクエン酸に切り替える。

洗剤の種類やその数が増える一方で、掃除をしているのにどこかすっきり感を味わえない、そんな困りごとに対処するには。

既存の洗剤類を一掃し、重曹やクエン酸(いわゆるナチュラル洗剤、エコ洗剤)に置き換えていくのがおすすめです。

家事の悩みを、できるだけ減らす。

実際に使い始めてみると気づきますが、日常の掃除全般は、重曹やクエン酸でどうにかなることが大半だからです。

余計な物は減り、洗剤を置いていたスペースもすっきり。

何より、掃除がラクになるので、家事にまつわるストレスを軽減することにもつながります。

・とにかく余計な洗剤の数を減らしたい。

・重曹やクエン酸での掃除に関心がある。

・ナチュラル洗剤に興味はあるけれど、かえって面倒なかんじもする。

・重曹やクエン酸の基本的な使い方を知りたい。

・すでに重曹での掃除をしているが、いまいちうまく使いこなせない。

人によって、掃除や洗剤にまつわる困りごともさまざまだと思います。

一気にこれまでの洗剤をなくすのは、大変だと思うので。まずは、重曹やクエン酸での掃除に関する本を、何か1冊読んでみるあたりからはじめ。

少しずつ使い方を知り、実際に試してみながら、徐々に重曹生活にシフトしていくと無理がないのでは。あとは慣れるだけです。

(個人的には重曹生活も長くなりましたが、はじめて重曹やクエン酸を使ったときは、その便利さに感心し。わりとあっさり既存の洗剤をなくすことができました)

重曹・クエン酸・石けんで、「予防の掃除」をする。

重曹やクエン酸での掃除にも慣れ、今はわりと自己流で利用していますが、それでも、完全に掃除の困りごとがなくなるわけではないです。

今回あらためて気づいたことは、ナチュラル洗剤とうまく付き合っていくには、使い方だけでなく。

完璧な掃除を求めすぎない、予防の掃除をする、といった気持ちの面でのコツも大事だということです。

重曹掃除を長く続けるための基本とコツ。

ざっくりとまとめてみます。

・基本の掃除は、「重曹、クエン酸、石けん(純石けん、無添加石けん)」の3つでOK。

・重曹は、弱アルカリ性。酸性の汚れ(油やたんぱく質の汚れ)を中和し、水に溶けやすく落としやすい状態にする。

酸っぱいニオイを取る、研磨、発泡などの作用がある。

・クエン酸は、酸性。アルカリ性の汚れ(水垢、尿、石けんカスなど)を中和して、汚れを落としやすくする。

アンモニア臭を取る、抗菌作用がある。

・石けんは、動植物の油脂と強アルカリ(水酸化ナトリウム、または水酸化カリウム)で作られている。添加物を含まない純石けんの成分は、脂肪酸ナトリウム(固形)、脂肪酸カリウム(液体)。

・油汚れには=「重曹・石けん」、水垢・尿・黒カビなどには=「クエン酸」と、ざっくり覚えておく。

・家の汚れの8割は油汚れ(酸性)なので、ほとんど重曹で落とせる。

・汚れの種類がわからず迷ったときは、まず重曹から試し、だめなら石けんやクエン酸を使ってみる。

ステップとしては、乾拭き→水拭き→重曹水・粉→石けん→クエン酸水。 (この順番で行うと、洗剤作用の弱いものから使えて、素材や肌もいためにくい)

・一度にすべての汚れを落とそうとしない。

(例えば鍋など)毎日少しずつ重曹で掃除しているあいだに、いつの間にか気になっていた汚れが落ちていたりするので。

・家族構成や環境によっても、家の中の汚れ方や汚れの種類は異なるので、使用量など調整しつつ。各々にあった掃除を工夫し、試してみることが大事。

●ナチュラル洗剤と仲良く付き合うには、この3つがポイント。

・基本的なことだけ覚えておく

・シンプルに考え、できることから試す

・完璧な掃除を求めない

家の中の汚れの8割が、重曹で対処できるのだと知ると、ずいぶん気も楽になりますね。

つい熱が入って、完璧な掃除に走りたくなることもありますが、重曹、クエン酸、石けんでの掃除は、予防掃除という意識も大事な点だと思います。

(ナチュラ済洗剤は、人や環境にも負荷が少なく作用も穏やか。汚れの落ち方も、市販の強い洗剤とは異なる)

ある程度、気持ち的にも余白を持っておくことが、重曹生活を長続きさせるコツなのかもと感じています。

**

重曹やクエン酸での掃除は、かえって面倒と思う場合もあるかもしれません。

それでも、複数の洗剤類から解放されたい、少ないアイテムで掃除したい、もっと安全に気軽に掃除したい、そんな思いが強くなったときは、ちょっとだけ試してみては。

慣れてしまうと、このシンプルさはとても心地よいです。

関連記事

【初めての電子書籍】まずは3つのサービスから選択してみるのがおすすめ。

【カビ取り・カビ対策に】初めて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってみた感想。

今年の虫除け・虫刺されケア。重曹、ハッカ油、ワセリンで対策。

肌断食におけるシャンプー・リンス問題をどうにかしたい。。(ビネガーを試す)

【無印のEVAケース】を活用してみた感想。(小物の仕分け、収納)

100円ショップでの買い物は、ルールを決めておく。(無駄遣い防止)