ネットショッピングのおかげで無駄買いが減った、と思う話。

自分でも意外なことですが、お店(実店舗)で物を買うより、ネットショッピングを利用する方が、無駄使いが減っていることを近頃感じています。

「ネットで買い物すると、色々欲しくなったりつい買いすぎてしまう。」

一般的にそのような話も耳にするし、私自身もずっとそうだと思っていたので、インターネットで買い物するときは、身近で購入できない物や必要に迫られた場合など、ある程度基準を作って利用していました。
(ネット購入+クレジットカード)決済は、とても便利だとわかっているぶん自制していたところも)

 

けれど、生活環境の変化、時間の制約、場所の不便さなど、些細なことにストレスを感じることも増え。

 

普段の諸々も買い物も、もうちょっとネットを利用してみようかなと、軽くお試し的な気持ちで始めたところ、想像以上に色々なことが楽になり(心身ともに)、意外にも以前より無駄買いしなくなっていることに気づきました。

 

個人の行動体験によるものなので、もちろんすべての人にあてはまるものではありませんが。

その理由を自分なりに考えてみたところ、こんなことがあげられました。

ネットショッピング(ネット通販)の方が、意外と衝動買いしない?

衝動買いの宝庫のように言われるネットショップや通販サイトですが、以前よりも利用頻度が上がるにつれ、こんなことに気づくようになりました。

 

・思ったより衝動買いやムダ使いがない。
・落ち着いて買い物できて、精神的にもラク。
・日常の買い物はとにかく早く済ませたいと思いがちだったけれど、ネットでの買い物だと楽しい気持ちになっている。
・衣類、小物、重たい日用品や食品まで、何でも家まで届けてもらえるのは本当に助かる。
(当たり前のようですが、荷物の持ち運びをすることなく買い物できるのは、日常的な物ほどそのありがたみを実感)

 

【このように感じる理由として】

・普通にお店で買い物すると、混雑で疲れたり、時には店員さんにすすめられて断りにくかったり。考えるのが面倒になって購入してしまうことも多かった。

・近場の買い物ならまだしも、時間を使って遠出の買い物をした時など、目的の物が見つからなくても、妥協して買うことが多かった。
(遠出した時間や労力をムダにするのが惜しかったり、せっかくここまで来たのだから何か買って帰ろうとか思ってしまい。特に欲しいわけではない物もよく買っていた)

・疲れているときやひどい混雑時にスーパーに行くと、食品や日用品など考えなしに買ってしまったり、そのわりに必要な物は買い忘れたりして、さらに余計な消耗をしていた。

・自宅など落ち着いた時間と環境でのネットショッピングは、周りがガサガサしたり変に急かされないので、買う/買わない、要/不要が、わりと冷静に判断できる。

・ネットだと、一度買い物カゴに入れた商品でも、最後の決済ボタンをクリックするまでに、何度か商品を見直す機会があるので、そこでも購入の有無を再選択できる。

・基本的にはネットならいつでも注文でき、家まで届けてもらえるという安心感もあり、ある程度計画的に購入できる。

・実店舗で買う時のように、「今ここで買わないと」というような、衝動や変に焦る気持ちも出てこない。
(かなり興味を惹かれるネット通販限定品などを見つけたら、ちょっと動揺するかもしれないが、幸い今のところそんなことも起きていない)

・総じて、ネット購入して失敗だったと思うようなことが意外と少ない。(お店に行って、惰性で買い物した時などの方が後悔することも多かった)

 

・・・

ざっと思い浮かべてみると、こんな具合でしょうか。

つまり、通常の買い物をする過程で必ず起こる面倒ごとが、ネットを利用することでほぼ解消されたことにより、精神的にほっとしたというか。気持ちが落ち着いた状態で買い物できると、余計な購買欲や衝動から一歩引いていられるので、無用な物に手を出さなくなったのかなと感じています。

 

(日々の買い物にも思いのほか負担を感じていたらしいことを、行動を変えてみてより自覚できたという、自分の中でもわかりやすい例となりました)

・・・

実物を見ないと購入しにくい物(靴とか)なども確かにあると思いますが、このあたりは個人差や慣れの部分も大きいのかも。

(ちなみに私は、靴はまだお店で直接購入。よほど気に入ってリピートしたい靴を見つけたら、その後はネット購入が楽でいいなとは思っていますが、定番商品でないことも多く難しいところ)

Sponsored Link

 

混雑や待ち時間が面倒、できれば重い荷物を持ち歩きたくない、店員さんのすすめを上手にかわすのが苦手など、 無駄にプチストレスを溜めやすい人には、意外とネットでのショッピングの方が合っているのかもしれませんね。(少なくとも私はとても助かっています)

 

必要な物は買わなくてはいけないけれど、なんだか買い物疲れしている、、なんて方も、ほどよくネットで買い物することを取り入れてみては。少しでも時間や気持ちに余裕ができたりすれば、生活の中のよい変化にもなります。

 

(※これと真逆で、通販サイトを見ているだけで妙に勢いづいてしまうことを自覚している場合には、ネットでの買い物は控えめがよさそう。。)

 

・・・・・・・

(電話やハガキで申し込む通販も健在だけれど、ネットでの買い物の便利さは、利用したことがあれば誰もが納得するところ)

 

PC、スマホでいつでもどこでも物やサービスが購入できる、便利さとありがたさを享受しながら、もちろんネット環境など安全面にも気を配りつつ。

 

時間の無駄、場所の混雑や不便さ、そういった小さな日常のストレスは、ちょっとだけ考え方や行動を変えるだけで、すんなり解決できることもあると。しかも、自然と余計な物も買わないようになっていたり、なんだか色々な面でとてもお得感があります。
(長年の妙な思い込みが、ちょっともったいなかったなと。。)

 

自分のこれまでの固定観念や行動パターンを片づけることで、時間にも気持ちにもスペースが生まれたようです。

 

ネットでの買い物は、きちんと付き合えれば、暮らしの様々な手間をコンパクトにしてくれるサービスなんだと改めて感じます。その時々の自分に合った使いやすさも常に考えながら、これからもネットでの買い物を楽しみつつお世話になろうと思います。

 

(amazonや楽天などの便利さはもちろんのこと。LOHACO も魅力的な品揃えと使いやすさでリピート中。ネットの中でも、なぜか何度も利用したくなる好きなお店を見つけるとうれしいものです)

 

関連記事

気が済むまで片づけてみると、早く結論を知ることができる。

ローリングストック法で、非常食の備えも日常的なものにしていく。

クローゼットひとつ分、イメージとしての生活荷物量のこと。

過剰に向き合うこと、不安を減らすこと。

1年間使わなかった物をまとめて、「次回捨てるコーナー」を作ってみた効用。

ポイントカードやクーポンを手放して、特典に振り回される生活をやめてみる。