片づけ・コンパクト

【自分への質問】捨てる・残す、片づけに迷ったときには。(清々しいさいごを想像してみる)

[chat face=”p2.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]

捨てるのか、残すのか。

迷い過ぎて、片づけが進まなくなったときは。

人生のさいご(最期)を思いめぐらせつつ、自分に質問してみるのもあり。
[/chat]

捨てられない物、手放しにくいものというのは、人によってそれぞれに違っていると思います。

私の場合も、片づけ中はいろいろな感情が出てきて、行動にも波がありました。

・さくさくと判断して、片づけが進む時期。

・ひどく思い入れがあるわけでもないのに、どうしても迷いが出て、捨てる・残すの判断が止まってしまう時期。

そんなときに役立つのが、片づけ中における質問・自問だと思います。

【自分への質問】捨てる・残す、片づけに迷ったときには。

中でも特に、「人生のさいご(最期)を想像する質問」を自分にしてみることは、なかなか有効なのではと感じています。

清々しいさいごを想像してみると、望む状態が見えてくる。

自身が、清々しい気持ちで人生の終わりを迎えるには、どんな部屋の状態、心の状態にしておきたいのか。

そのあたりまで思いを巡らせてみると、物の取捨選択が容易になったりするからです。

もちろん、下記のようにもっとわかりやすい質問の段階で、「捨てる」「残す」の判断がつけば、それで充分だと思います。

・ときめく、ときめかない

・使っている、使っていない

・要、不要

・快適、不快

等々。

【質問】は、期間を決めて向き合ってみる。

いくら片づけのためとはいえ、ずっと人生の終わりについて考えているわけにもいかないので。

自分なりにある程度の期間を決めて、向き合ってみるのがよいのかなと思います。

(それでも判断に迷うときは、いったん忘れることも大事。1ヵ月後、3ヵ月後などに、また自分に質問するよう、スケジュールにメモして。またあらためて向き合えばOK)

■自分への質問。

個人的な一例ですが、片づけが停滞したときは、下記のような想像をしつつ、自分に向き合ったりしました。

■ もしも、「一週間後に(あの世から)お迎えが来るので、支度をしてください。」と言われたら、何を残しておくのか(捨てるのか)。

■ 仮に、自分が消えたあと、本当にこの部屋の状態でよいのか。

この質問をするメリットは、自分のことだけでなく、大きく他者の視点が加わることだと思います。

現状でもし私がいなくなったら、基本的には家族や専門業者さんなどにお世話になりつつ、あとの片づけをしてもらうことになるはず。

・これは残されたら面倒で困るだろう。

・これならかさばらないし、買取・現金化してもらえる物(例えば、宝石・貴金属類とか)だから、それほど迷惑にはならないかも。

・生きているうちに、これだけは片づけておきたい。

といったかんじで、相手の時間や労力をできるだけ減らせるよう考えているうちに、自身も少し心が軽くなったりします。

そこまで迷うこともなかったかな、という気分になったりして、また片づけが進みはじめたり。

もちろん、生きることが前提なので、何でも捨てればよいということではなく。

自分でもよくわからない迷いや、堂々巡りがしんどいと感じるときに、人生の終わりを想像しつつ向き合ってみると、答えが出てくることも多いように思います。

(私の場合は、こうした問いかけを頻繁にすることで、手放すことができるようになったものもけっこうありました。

そうした決断がスムーズにできるようになると、どこか清々しく平和な気持ちになれたりします)

諦めず、投げやりにならず。続けていれば、いずれ片づく。

迷いの渦中のときは、あまり意識していませんでしたが。

こういう生前整理的な問いかけが冷静にできるようになると、片づけだけでなく、人生のさまざまな場面で、判断や決断がしやすくなっていく気がします。

ただ、こうした質問・自問は一例にすぎないので。

人生のさいごを想像すると、どうしても暗い気持ちになる・・という場合は、ムリは禁物。

自身に合った向き合い方を探りつつ、自問・質問をしてみるのがよいと思います。

「捨てる」「残す」、迷っている最中は、気持ちが苦しくなったりネガティブになりがちですが、わるいことばかりでもないです。

途中で片づけを休んだりしつつも。

自分に質問し続けているうちに、いつのまにか判断基準ができていたり、さくっと決断できるようになっていたり。そんな変化に、あるときふと気づいたりします。

諦めず、投げやりにならず。

何年かかっても、続けていれば、部屋もいつかは片づくもの。

手放すことで、得ている別の何かは、目には見えない実体のないものごとが多いのかもしれませんね。

5分間掃除の習慣が続いている理由。前のページ

ネットショッピングのおかげで無駄買いが減った、と思う話。次のページ

関連記事

  1. 生活用品・エコ

    掃除の負担を減らすには。洗剤の数を減らし、ほどほどの掃除で快適に。

    年末の大掃除も気になるこの季節。気分的には、ちょっと…

  2. 片づけ・コンパクト

    【片づけの始め方】きっかけを見逃さないように。(何度でも再挑戦)

    片づけを始めるきっかけは、人生の中で何度か訪れたりするものです。…

  3. 片づけ・コンパクト

    【色の片づけ】似合わない色、好みの変化も、定期的に見直してみる。

    身のまわりにある「色」も、定期的に見直してみると、今の自分に…

  4. 生活用品・エコ

    【洋服の3色化計画】定番の3色も、ちょっと入れ替え。(変化、シフト)

    この数年、「洋服の3色化計画」を実践中。そして、時間…

  5. 片づけ・コンパクト

    片づけが終わらない・・、と諦めなくても大丈夫。(挫折前提で片づける)

    片づけを始めてはみたものの。思うように進まず、終わる気がしない…

  6. 思考・感情・行動・習慣

    ストレスを減らす、感情を整えるコツ。【言葉の置き換え】

    ストレスをゼロにすることは難しくても。起こった感情を…



Archive

PAGE TOP