「買取サービス」まとめ。自分に合った買取方法を試してみる。

捨てる or 買取(リユース・リサイクル)

片づけをすると、「取っておくもの(残すもの)」と「捨てるもの」に分かれます。

捨てるものには、一般的なゴミ、まだ使えるものが、たくさん出てくると思います。各自治体の一般ゴミや資源ゴミとして出せるものはそれでよいとして。問題は自分にとってはもういらないものでも、まだ充分きれいで使えるもの、これらの処分方法に悩みます。

 

・手放すと決めたものは、とにかく全部捨てる
・きれいなもの、使えるものは、できるだけリサイクルショップ(買取)などを利用する

 

主な手放し方はこれらですが、捨て方にも人それぞれ好みややりやすい方法というのはあると思うので、自分が後悔なく気持ちがスッキリする方法を選択することがおすすめです。

買取の種類

「買取サービス」には、主に3種類が考えられます。

 

・店頭買取(実店舗に自分で持ち込む)
・出張買取/回収業者(買取業者さんが自宅等まで来てくれる)
・宅配買取(ダンボール箱に詰めて宅配便で送るだけ)

 

どの「買取サービス」を利用しても、各お店・会社ごとに、買取対象になっている取扱品目は異なります。自分がどんなものを買取に出したいかは、片づけを進める中で見つけていくことになるでしょう。

 

本、CD、DVD、ゲーム、携帯電話・スマホ、洋服(古着)、着物、ブランド物、ジュエリー(宝石・貴金属などのアクセサリー)、小物(時計・靴・バッグほか)、洋酒、切手、ゴルフ道具、骨董・古物類、、、など、他にも多数。

 

ネットで色々な買取会社のサイトを見てみると、こんなアイテムまで買い取ってもらえることもあるのか、というのを知ることができ思わず興味深々。
世の中ではどのようなものが買取対象になっているのかを、ざっくり知っておくだけでも、片づけのモチベーション・意欲につながったりします。

 

(私は、片づけの途中から買取のことをインターネットで調べはじめ。そこからは、もしかしてこれも買取に出せるのかな、などと考えたりして、自分なりに面白く楽しみながら片づけにいそしんだりしました。片づけにちょっと飽きてきた時は、より効果的かも)

実際、どこに買取に出したらいいの?(それぞれの特徴)

買取の種類・手段はわかったけれど、では実際、どこに買取をお願いすればいいのか。

 

・店頭買取 = 自分の生活圏内に近い地元企業のリサイクルショップ、チェーン展開しているお店など。

・出張買取 = 同じく地域に密着した出張買取/回収業者、全国展開している会社(各地方ごとの提携業者さんが派遣されて来る様子)など。

・宅配買取 = 無店舗・宅配買取専門で行っている会社、店頭・出張・宅配買取のほぼすべてに対応している会社など。

 

ネットで探すと、本当にたくさんのお店・会社が出てくるので、初めて利用するときは、情報が頭の中でかなり混乱し、どこに出したらよいのか、さっぱりわかりませんでした。。(自分の基準となる買取経験がない時は、なかなか大変)

 

ということで、捨てるべき物の中から、買取に出せそうなアイテムを選び、まずは、量もそれなりにあって簡単そうな、「本・CD」「衣類」あたりから色々試していきました。(様々な買取体験は、また追々)

その後、買取も何度も試し、片づけも進んでいく中で、こんなふうに活用すれば、「買取サービス」も利用しやすそうという自分なりの経験値ができたので、簡単にまとめてみます。

自分で持ち込みできて待ち時間が苦にならないなら【店頭買取】

古本屋・リサイクルショップなどが自分で行ける場所にあって、そこへ重い荷物を運び込んだり、査定を待つ時間などが気にならないなら、「店頭買取」がおすすめ。
(思い立った時に自分の都合で行けるので気軽。場所柄にもよりますが週末など混雑日に行くと、それなりに査定時間がかかることも。その間、陳列された店内の商品等を物色しつつ待ちます。査定価格に納得できれば、基本的には身分証明書(免許証など)の提示や書類へのサインで買取成立)

 

大量かつ急ぎなら【出張買取サービス】

買取・回収に出したいものが大量にある(少量だが運ぶ手段がない)、とにかく時間がない急な引っ越しで片づける期限が迫っている、あるいは親の遺品整理を考えているがあまり日数が取れない、というような場合もあると思います。

 

期限を設けずリサイクルに出すことができたり、品物を引き取ってくれそうな親戚・友人・知人等を探している余裕があればよいですが、難しいことも多いのでは。

 

そんな時は、まとめて「出張買取サービス」が便利。(会社によって買取対象は異なるので、比較的取扱品目も多い回収業者などに問い合わせてみるのもおすすめ)

 

専門スタッフの方が自宅等まで来てくれて、買取に出したいものをその場でまとめて一気に査定してもらえるので、かなり助かります。片づけの負担も減り、短時間で解決することができます。
(細かいことや気になることなど、その場で相談しながら査定を進めてもらえるのもポイント)

次の引っ越し先には何としてでも荷物を減らして移動したい、多少でも引っ越し費用の足しになれば、といった面からも、「出張買取サービス」はとても有効なのでは。

 

こまめに気軽に利用できる【宅配買取サービス】

家の近くにリサイクルショップ自体がない、店頭まで自分で品物を運ぶ手段がない、買取に出したいアイテムがある程度決まっていて、出張買取してもらうほど大量に物があるわけでもない。
そんな方には、「宅配買取サービス」がおすすめです。

 

自分の都合に合わせてネットから申し込みできるので、対面での買取や店頭での査定待ち時間が面倒だったり、家を空けられない日でも、気軽に活用できます。
買取に慣れていない場合でも、とても便利でリピートしやすいサービス。

 

買取に出したい物を箱に詰め、あとは指定日に宅配業者さんの集荷を待つだけ。後日の連絡で査定価格に納得すれば、概ね即日入金されます。

Sponsored Link

処分したい物が出てきたら、その都度まとめてさくっと手軽に利用できる、とても便利なサービスです。

自分に合いそうな買取方法を、まずは試してみよう。

気になる買取方法はありましたか?

もし、多少でも買取に興味や関心を持つことがあれば、一度自分が利用しやすそうなところから、お試ししてみるのもおすすめです。(もちろん各会社のサービス内容や注意点はきちんと確認の上)

 

査定価格がつかない場合でも、そのまま無料で引き取ってくれるところも多く、片づけには助かりますし、自分が買取に出したものが、また誰かに使ってもらえたり、違った形で活用されたりすれば、やはりリユース・リサイクルできてよかったな、という気持ちになります。

 

リサイクルのために多少の手間はかかるかもしれませんが、買取価格がつけば、少額でもちょっと得した気分になりますし、思わぬ高値がついて感心することも。

(本当に、こればかりは査定のプロにお任せして買取に出してみないとわかりませんよね)

 

初めて利用するときはちょっと心配になったりすることもあるかもしれません。私も初めて「宅配買取」を利用したときはちょっとドキドキしましたが、ネットの申込案内に従っていけば、意外なほど簡単に手続きでき、ダンボール箱の送り出しから査定結果・入金までもスムーズです。(本類は少し時間がかかる傾向)

 

 

片づけ方にも捨てる物の手放し方にも、正解はなく、きっと、人それぞれにしっくり来る方法があると思います。自身の性格や現在の生活環境などを踏まえ、ストレスを溜めずに利用できそうな片づけ方を選んでみては。

 

楽しく気分がよくなる、片づけ方やリサイクル方法(買取サービス)が見つかりますように。

買取メモ

初めて本の「宅配買取」を利用して、通帳に1500円くらい入金されたときは、なんだか不思議な気持ちに。便利なシステムに感心しつつ、今まで知らなくてもったいなかったなと思ったのも事実。

 

何より時間や労力をかけずに買取してもらえて、片づけもできて気分もすっきり。とてもお得な気分に。便利で利用しやすく自分に合っていた「宅配買取サービス」は、その後何度もリピートしました。(今後も必要に合わせて利用していく予定)

 

●(参考)片づけをする中で、買取サービスは本当に便利で助けられました。 実際に利用したり問い合わせたり、ユーザーに使いやすくてよいなと思った「買取サービス」は、こちら ↓

⇒本・DVD・CDなど【宅配買取】

⇒ジュエリー、ダイヤ、金、プラチナ等(ノーブランドのジュエリーもOK)【宅配買取】

⇒ブランドバッグ・財布・小物ほか【宅配買取】

⇒衣類ファッションほか、複数ジャンルから買取店を選んで簡単申込【宅配買取】

⇒着物(着物関連品なら何でもOK)【宅配買取】

⇒引越などで整理したい物も まとめて【出張買取】

 

関連記事

捨てにくい着物も、「宅配買取サービス」のおかげですっきり整理。

古着・洋服・ファッションアイテムの「宅配買取サービス」

「気持ちがもやっとする物、どんより重くなる物」を片づける。

ノーブランドのジュエリーも買取OK。手軽にリピートしやすい「宅配買取サービス」

ダメもとで出してみたら買取してもらえた。便利な「宅配買取サービス」

「宅配買取」「リサイクルショップ」をリピート利用。納得できる片づけ方・手放し方を...