減らない洋服と体重の関係。


洋服を手放せない、減らせない・・。

なぜそうなるのか、深掘りしつつ原因を探ってみると、

解決の糸口も見つかったりします。

なかなか衣類を減らせなかった(捨てられなかった)時期が、わりと長くあります。

現状に向き合い、洋服を手放せない原因に気づくことができれば、少しずつでも減らせるきっかけになったりします。

(物を捨てられない要因は、人それぞれ。最初の一歩は、持ち続けている理由を考えてみることかも)

減らせなかった衣類と体重の関係。

自身の例で言うと、下記の通り。原因を知ることで、洋服も、徐々に手放す方向へ持っていくことができました。

(衣類を持ちすぎているという自覚がないころは、そもそも減らそうとも思っておらず。ひたすら衣装ケースの中身を整理して、悦に入っていました。

それでも、衣替えのたびに、何年も着ていない洋服の存在を意識するようにり。その違和感について考えるように)

洋服を捨てられなかった理由。

かつて洋服を減らせなかったのは、体重(体形)別で服を使い分けていたからです。。

・太ったとき用の服。

・中間のとき用の服。

・痩せたとき用の服。

同時に、こんな心理が働いていたことに気づきました。

・また体重が増えたら困るから、捨てずに持っておこう。

・また極端な体重減も困るから、捨てずに持っておこう。

・・・

こんな妙な洋服の持ち方をしていた経緯を振り返ってみると。

・20代は体重の変動が激しく、 3kgくらいの体重増減は日常茶飯事。

・食生活が一番乱れていた時期でもあり、ダイエットとリバウンドを繰り返す。

・30代に入ってから、極度のストレスで急激に体重が減り、不健康なやせ方をする。(かつての体重との落差も10kg以上)

・その後、焦りを感じ、徐々に健康体重に戻す。

・そのつど体形に合った服を買い足し、クローゼットの中身や衣装ケースは、増えるいっぽう。

上記のように、体重が適正になり、変動もほぼなく落ち着いたあとも、着なくなった洋服を持ち続けていました。

まったく着なくなった服も保管し続け、新しい洋服も買っていれば、物が増えていくのは当然です。

体重の増減を常に警戒しつつ、また着るかもしれないから、と考える。

今ならこういうものの考え方も、立派な執着や後ろ向きの思考だったとわかりますが、当時はなかなか気づくことができませんでした。

物を減らすときは、前向きに明るい気持ちで手放す。

・さすがにデザインが古い

・きれいだけれど、もう着たいと思えない

・着ない洋服の保管のために、半年ごとに防虫剤を入れ替えている

こんなことを感じつつ。何度も衣替えシーズンを経ていくなかで、ようやく自分なりに納得できたころから、少しずつ手放す・捨てることができるようになっていきました。

(一般ゴミとして処分、古着回収、リサイクルショップ、宅配買取、など利用しながら。洋服、ファッション関連小物、アクセサリーなど、いろいろ手放せました)

これは個人的な一例にすぎませんが。

もしも、なぜこんなに洋服があって、なかなか減らすことができないのか、自分でもよくわからない、と感じることがあれば。

あまり焦らず、時間をかけて、きちんと自身の行動や内面と向き合ってみると、原因となるような何かに気づくかもしれませんね。

・自分を責めるような、ネガティブな気持ちで理由を見つけるのではなく、ちょっと謎解きのような気持ちで心の中を探ってみる。

・自分なりに納得のいく答えにたどり着いたら、あとは明るい気持ちで、不要なものを手放していく。

過去のことにとらわれすぎず、気持ちよく着回し、すっきりと買い替える。

こんなサイクルを大切にすると、衣類との付き合い方も、心地よいものに変わっていくのかなと思います。

関連記事

【無言実行】行動できない悩みを改善するには。(ハードルは低く、ラクに)

【パスワードの管理】パスワードも定期的に片づけ、整理。(5分間習慣)

片づけがはかどるシンプルな方法は。【迷ったら捨てる、迷ったら買わない】

【捨てる準備】1年以上使わなかった物の「まとめコーナー」を作ってみる。

旅行で残った外貨の手放し方。

【解決策】片づけても物が減らない、をなんとかするために試したこと。