生活用品・エコ

【洋服の3色化計画】定番の3色も、ちょっと入れ替え。(変化、シフト)

この数年、「洋服の3色化計画」を実践中。そして、時間の経過とともに気づいたのは、基本色の見直しも、ときには必要だということ。その経緯などまとめてみます。


年齢とともに増していた、洋服に関する悩みや迷いは、基本の3色を決めたことで、ずいぶん減ってきました。

参考にしたのは、こちらの本。


(*ベースカラー= 白、黒、ネイビー、グレー、ベージュ、トープ、カーキ)

必ず入れるのは、白色。あとはカラーチャートを参考に、好きな色、落ち着く色などを考慮し、プラス2色。合計3色を、基本色として決めました。

それでも、見た目や気分の変化もあり。一度決めたベースカラーも、徐々にシフト(変更)しているところです。


ちなみに、私が最初に選択したのはこちら。(あと、黒も便利なので、たまに利用)

・ 白
・ ネイビー
・ グレー


そして今は、少しずつこちらにシフト中です。

・ 白
・ 黒
・ ベージュ


洋服の基本色は、定期的に見直しする。


基本の色を決めると、洋服や小物類(バッグ、靴、ほか)の選び方や組み合わせで迷うことが減り、とてもラクになってきました。

同時に、下記のこともあらためて感じています。

■ 基本の3色を決めても、定期的に色の見直しはしたほうがよいかも。


似合う色も、心地よく感じる色も、意外と変化しやすい。


上記のように思う理由としては。

□ 自身の見た目や心理的な変化にともない、好きな色や心地よく感じる色が、期せずして変わることもあるから。


もともと定番色が好きなので、最初に決めた3色で、当分(3年くらい)は平和に過ごせそうだと思っていました。

けれど、1年経たないうちに、まずグレーが合っていないかもと気づき。

その後も、好きなネイビーに違和感を覚えるようになったり。

自分でも、あまり想像していなかった変化を感じるようになっていました。


変化に気づいたら、手持ちの洋服も少しずつ入れ替え。


違和感のあるまま、ずっと同じ色を着続けるのも微妙ですが、かといって、一気に洋服や小物類を買い替えるのも現実的ではないです。

なので、自分なりにストレスにならない方向で、徐々に色を入れ替えていくことにしました。


◇ ざっくりとした流れは、以下のとおり。(あくまでも個人的な例です)


☑ グレーが似合っていないかもと気づいた経緯は、証明写真。

(運転免許証やパスポートの更新などで証明写真を撮る機会があると、ふだん鏡で見るより、客観的に気づくことが増えるのかも。

トップスにグレーがくると顔の劣化が目立つというか、ひどく疲れて見え。トップスが黒のほうが、意外とすっきり見えた)


☑ それからさらに1年くらいして、今度はネイビーに違和感が。

(ずっと好きな色だと思っていて、シャツやブラウス、バッグなど、わりとネイビーを増やしてしまっていたので、ややショック・・)


☑ ベースカラーで必ず入れることになっている、白色はそのままに。

(白色は汚れが目立ちやすいが、あらゆる色に合わせやすく。以前よりも、よく活用するようになってきた)


☑ 再びカラーチャートを眺め、残りの2色を決め直す。

(現状の心地よさや感覚も、大事にしつつ。黒とベージュを選択。

ベージュやブラウン系は似合わないと思い、ずいぶん前に一掃していたが、ボトムスに使ってみたくなったので)


☑ 色の入れ替えは、まだ少ししか進んでいないが、季節の変わり目で必要な服もでてきたので。徐々にシフトしていく方向で。

(グレーやネイビーは、部屋着として活用しつつ、着尽くしてから手放す予定)


☑ 最近は、上下の基本を2色にしたら、気分的にとてもラクになってきたので。しばらくは、これをメインにしてみることに。

(小物類を合わせても2色~3色でおさまると、やはりまとまりやすい)


☑ アクセント的にカラフルな色を足すとしても、寒色より暖色、濃い色より淡い色を選ぶのがよさそう。

あれこれ試し失敗してから、ようやく自覚と諦めに至ることもある。

(一時期、寒色系やビビッドな色に目が向いていたが、惹かれる色と似合う色は、また別のものだと実感・・)


☑ 定番、清潔、落ち着くことが、自身にとってはいちばんだと再認識。

(かつては、やや義務感のように取り入れていたブランド物。今は特別こだわりもない)


というかんじで、トライ&エラーは今後も続きそうです。。

(ファッションや組み合わせに苦手意識があるからこそ、できるだけ簡単な管理方法で、気持ちよく過ごせることが大事)



まとめ


今回は、洋服の3色化(または2色化)計画も、定期的に色の見直しを、という内容でした。


自分の意に反して、気づけば短期間で、似合う色や好みの色が変わっていることもあります。

なので、お金、時間、労力のつぎ込みすぎには注意しつつも。

ムリのない範囲で、好きな色やデザインを選んで入れ替えていくことも、洋服で悩みすぎないコツなのかもと思います。


そのときどきに合った心地よさに気づき、うまくシフトしていくのがよいですね。


【関連】

洋服の3色化計画で、クローゼットも気分もすっきりを目指す。

洋服の3色化計画、その後。クローゼットの定期点検で、悩みも徐々に解決する。



【純せっけん】成分表記が変わっていても慌てずに。(より詳しい記載へ)前のページ

片づけの分類に悩んだときの【3原則】。次のページ

関連記事

  1. 片づけ・コンパクト

    片づけ初期に手放したもの。【メモ振り返り】

    6年以上前の「片づけメモ」が残っていました。すっかり忘れてい…

  2. 片づけ・コンパクト

    旅行で残った外貨の手放し方。

    家の中にちょっとだけ残っていた「外貨」を、ようやく片づけまし…

  3. 生活用品・エコ

    【間接照明】室内灯を切り替えてみた感想。(ほっとする部屋づくり)

    手っ取り早く、簡単に気分を変えるのに、「間接照明」はとても便…

  4. 片づけ・コンパクト

    【捨てる準備】1年以上使わなかった物の「まとめコーナー」を作ってみる。

    1年以上使っていない物を、1ヵ所にまとめてみました。わかりや…

  5. 片づけ・コンパクト

    【片づけ中の質問】小さなハードルを越え、納得して手放すためには。

    片づけ中に起こりがちな、迷いや未練。これらの小さなハードルを…

  6. 生活用品・エコ

    【ヘナ再開】約3年半ぶりに、ヘナを使って髪染めしてみた感想。

    ふと思い立って、髪染めに、約3年半ぶり? に「ヘナ」を使用し…

Archive

PAGE TOP