「コラージュ石鹸」の効用。(皮膚科で知ったせっけんが、肌の悩みを改善するきっかけに)


今回は、肌の悩みとまじめに向き合うきっかけになった

「せっけん」の話です。

部屋の片づけや、物減らしと同様に。肌の悩みも減らしたい、解決したい、と思っている人は多いと思います。

今は、あたりまえのように無添加の固形せっけんを生活に取り入れていますが、わりと時間をかけて、 徐々にシンプルなスキンケアに移行してきました。(現在も試行錯誤中)

振り返ってみると、自然派の「せっけん」に興味を持つようになったり、試したりするようになったきっかけは、「コラージュ石鹸」という固形のせっけんでした。

コラージュ石鹸を知ったきっかけと、その効用。

肌荒れや皮膚の炎症に悩んでいる場合は、「減らす、シンプルにする」スキンケアを検討してみると、改善の糸口になるかもしれません。

(昔の私も、「足す」スキンケアばかりに目が向き、「減らす」スキンケアなど、ほぼ考えたことがなかったです。

けれど、「せっけん」をきっかけに、半分あきらめていた肌の悩みにきちんと向き合うようになり、少しずつ改善も進んできました)

シンプルな「せっけん」の良さを見直す。

20代の終わり頃、新たに通い始めた皮膚科で、他の塗り薬と一緒に「コラージュ石鹸」を出されて、そこで初めて知りました。

(渡された、小さいお試しサイズの固形石鹸は、幸いにも肌に合っていたようで。

もらった石鹸がなくなると、その後は、普通サイズのコラージュ石鹸を自分で購入して、わりと長くお世話になっていました)

子供の頃から皮膚に関するトラブルが多く、頻繁に皮膚科に行っていました。炎症が出る場所は、主に顔と手足。

(このせっけんを初めて出された皮膚科には、顔にひどい炎症を起こして通院し始めました)

コラージュ石鹸を最初に使って感じたことは、その刺激の少ない洗い心地です。

炎症で顔はひりひりと痛んでいたけれど、この石鹸ならなんとか使っていけるかも、というような感覚に。

(それまで使ってきた様々な製品は、思った以上に刺激の強いものだったのかもしれません。

ボロボロの肌をなんとかしようとして、高価な洗顔料や化粧品を使っても一向によくならなかった頃。あの悪循環を思い出すだけでも、顔がひりひりします・・)

コラージュ石鹸のおかげで、皮膚や体質改善にも目が向く。

薬のおかげと、皮膚科で言われた注意事項をまじめに守ったこともあってか、しばらくして顔の炎症も収まりました。

それまで使っていた洗顔料や化粧品を処分。皮膚が回復してきてから、コラージュ石鹸の他に、同じコラージュシリーズから出ていた化粧水と乳液も購入して、試したりもしました。

(ちなみに。私が使っていたのは固形の「コラージュ M石鹸」というノーマル肌用で、これで顔と体も洗っていました。

他にも 乾性肌用や脂性肌用もあり、それぞれの液体石鹸もあります。このコラージュシリーズ、今は製品の種類も増えている様子)

≫ コラージュ石鹸のシリーズを見る/amazon

その後、さらなる低刺激、余計な成分が少ないもの、無添加、自然に近いもの、、といった具合に。

よりシンプルで負担の少ないスキンケアへと、興味・関心が向くようになっていきました。

それまでの基準(周りの人も使っているから、有名メーカーのものだから、ある程度高価なら肌にいいかも、等)は、自身の皮膚には合っていなかったことをようやく自覚。

皮膚のことは、長年薬だけで解決しようとしてきて、慢性的でもう体質なんだから仕方ないと諦めていました。

けれど、できれば病院に通わなくて済むように、自分の生活習慣(肌だけでなく体内からの健康)をきちんと考えていこうと向き合い始めたのも、遅ればせながらこの頃からです。

・・・

「コラージュ石鹸」を初めて知ったときから、たくさんの年月が経ちました。

肌や体質のこと、食事、スキンケアのことなど、いろいろと見直し、改善していくきっかけをくれたものだったと思っています。

自分に合う製品や方法を、諦めずに、探したり試したりするのは大事なことかもしれませんね。

(もちろん皮膚の炎症など症状が重い場合は、きちんと病院・専門機関へ)

※余談(当時 皮膚科で言われた注意事項)

・できるだけ日に当たらないように。外出時は日陰を選んで歩くこと。

・帽子や日傘を必ず使うこと。(ちょうど紫外線の強い季節だったので)

・顔には日焼け止めだけ塗るように。(以降ファンデーションを手放すきっかけに)

・しばらくこの石鹸(コラージュ石鹸・固形)を使ってみて。

簡単にまとめると、ざっとこんな説明だったと思います。(私の場合、日光に当たると炎症等が出やすい傾向があるから、という話でした)

なんだか軟弱な人間になったようで気落ちしましたが、仕方ありません。

確かに、単なる日焼けというより、やけどのような症状になることもあったので。

以来、それまで以上に皮膚をガードする、ということに意識を向けるようになり、現在に至っています。(似たような傾向が思い当たる方にも、何かのご参考になれば)

**

というわけで。今回は、スキンケアを見直すきっかけになった、せっけんに関する内容でした。

何をやっても皮膚の状態が改善しない、という場合は、何かが過剰な場合もあるかもしれません。(多すぎる化粧品、美容グッズ、過剰なスキンケア、食べ過ぎなど)

魔法のように、肌トラブルが消えることはないけれど。

多すぎる・余計かもと感じるものを、できるところから減らしてみると、少しずつでもよい変化が感じられるかも。

あとは、ストレスにならない範囲で、気長に改善を続けていると、あるとき思いがけず、トラブルや炎症が減っていることに気づいたりします。

【関連】「肌断食」の実践と経過。(記事一覧)

関連記事

洗えるペーパータオルを、1ヵ月間使ってみた感想。

初めての「ヘナ」で髪染め、試してみた感想。

最近気に入っている洗濯洗剤のこと。

なぜか100円ショップにハマっていた時期を振り返る。

掃除機 vs ほうき。自分にとって便利で楽なのはどちらか。

ワセリンとハッカ油で、肌荒れケアと気分転換も。