片づけ・コンパクト

「よい選択」をするには。正しい選択に執着しすぎないこと。

「よい選択」とは何か、難しい問いではあるけれど。「正解探し」に執着しすぎないことも大事かも。あらゆる選択のプロセスも結果も、人生の一部。


人が「よりよい選択」をしたいと考えるのは、ごく自然なこと。

けれど、「正しい選択」や「正解探し」に固執しすぎてしまうと、かえって人生が窮屈で、息苦しいものになってしまうこともあると思います。


「よい選択」をするには。正しい選択に執着しすぎないこと。


よい選択」に関する考え方は、人それぞれ異なると思います。

個人的に現時点では、下記のようでありたいなと考えています。

1. 正しい選択、正解を探しすぎない。

2. 選択の時点で、きるだけ後悔が少ないと思える方向を選ぶ。

3. ときには、意識的に「よい選択をした」と考えてみる。


選択するたびに、学んでいけばOK。


それぞれの理由については、下記のとおりです。


1.⇒ 正しい選択だったかどうかは、主観の部分も大きいから。すべての選択を検証できるわけではない。

(例えば、転職先3つのうち1つを選択。もし、残り2つを選んでいたら人生はどうなったかを考えても、想像でしかない。元に戻って、選択をやり直すこともできない)


2.⇒ できるだけ、冷静に客観的に考えて、後悔が少ないと思えるものを選ぶ以外に、魔法のような方法もないと思うから。

(明らかに後悔しそうな選択というのは、よほどの事情がないかぎり避けるはず)


3.⇒ なんとなく選択に自信が持てないときに、「この選択でよかった」と意識的に考えてみると、安心感や満足感につながることもあるから。

(もし、失敗した後悔したと思う選択があれば、なぜそう感じるのか自分なりに分析。その学びを、次の選択に活かせばOK)



迷いも後悔も、人生のプロセスの一部。


片づけの最中は、常に「捨てる、残す」の選択が続きます。

例えば、今読んでいる途中のこちらの本。

捨てる、処分、なくす」というメッセージが、至る所にあります。

物自体の総量を減らすことはもちろんですが、パソコン内の不要データや、携帯電話のアドレス帳、詰まるところ人間関係の整理に至るまで、さまざま。


片づけに興味を持ちはじめたところだったり、片づけをスタートしたばかりだったりすると、その潔さに、かえって意気消沈しそうな気配です。

(人によっては、片づけ・捨てたい欲が再燃するかも)

「捨てる、捨てない」に関しては、賛否両論あったり、何かを捨てて「後悔する、しない」も人によって違うので。

各自で見極め、選んでいくほかないのが、片づけというもの。


ただ、読んでいると、片づけというのは、「選択」の1000本ノックのようだと感じたりもします。

こういう作業(練習)をひたすら繰り返していくことは、気づかないうちに、人生における「選択力」を高めることにつながっているのだなと。

正解に執着しすぎず、失敗や後悔も、そのプロセスを大事に考えてみることも、【よりより選択】に役立つのだと思います。



**

今回は、「よい選択」とは、についてでした。


日常生活のごく小さな選択から、人生の節目となるような大きな選択まで。生きていると、基本的には「選択」だらけです。

なので、迷いが多い時期があっても。

片づけを通して、それぞれが自分なりの「よい選択」の基準を、少しずつ作っていくことが大切かなと思います。


(ちなみに。人生における「もしも」は、確かめようがないけれど。

最近よく思うのは、もしも20代の頃に、積極的に捨てるという考え方を知って、影響を受けていたら、今の自分はどんなふうに生活していたのだろう、ということ。

無駄なく効率よく、寄り道も少なく、もっと合理的な人生を過ごせていたのかなと。想像してみるのは、ちょっと面白いです)



ローリングストック法で、非常食の備えも日常的なものにしていく。前のページ

【探し物】を減らす方法。(多すぎる物で、膨大な時間をムダにしない)次のページ

関連記事

  1. 片づけ・コンパクト

    片づけが終わらない・・、と諦めなくても大丈夫。(挫折前提で片づける)

    片づけを始めてはみたものの。思うように進まず、終わる気がしな…

  2. 思考・感情・行動・習慣

    【家事がつらい】ときこそ、無理しない自分に合ったスタイルを見つける機会に。

    「家事がつらい、やりたくない・・。」 そんな気分のときこそ、…

  3. 片づけ・コンパクト

    「洋服」選びの悩みについても、「片づけ」と同じように学んでみる。

    年々、「洋服選び」の悩みが増え、小さなストレスになっているよ…

  4. 思考・感情・行動・習慣

    【習慣化のコツ】基本は、休まない、モチベーションに頼らない。

    わりと長く続いていた、「1日5分掃除の習慣」。ちょっと変則的…

  5. 生活用品・エコ

    夏も長袖生活、を試してみた今年の夏。

    今年の夏は、「長袖で過ごしてみる」という、ちょっとした試みを…

  6. 片づけ・コンパクト

    片づけの結果(結論)を知るには。一度は気が済むまで片づけてみること。

    大量の物を目の前にして、気分を重くするより、とにかく片づけを…

Archive

PAGE TOP