片づけ・コンパクト

片づけが終わらない・・、と諦めなくても大丈夫。(挫折前提で片づける)

片づけを始めてはみたものの。思うように進まず、終わる気がしない・・。

解決策は、停滞も受け入れ、その前提で片づけをすること。


実際、片づけに手をつけ始めると、片づけ前には思いもしなかったさまざまな壁に気づき、片づけを諦めたくなったりするかもしれません。

ただ、早々に諦めるのは、とてももったいないので。

個人的に思う結論として。「失敗や挫折はあたりまえ」という前提で、片づけを進めてみることも大事なかと。

肩の力も抜け、結果として、それぞれが思う片づいた部屋になっていくのではと思っています。


最終的に片づけば問題なし。【挫折前提】


世の中には、さまざまな片づけの本や片づけ方法があります。

ただ仮に、その通りにうまくいかないからといって、簡単に諦めてしまうと、そこで終了。

何も片づいていない部屋が、この先もずっとそこにあるだけになってしまいます。

大事なのは、最終的に片づけばよいということで、そこがひとつの大きなゴール。

それを忘れないでいることが必要だと思います。


途中の疲労や挫折も含めて片づけだ、と思っておく。


私もあとから気づいたことですが。

片づけは、停滞・挫折、そんな感覚を持つことはごく自然で、それらも含めて片づけ(過程)なのだということです。

片づけに取り組み始める前は、片づけがこんなに疲労・消耗をともなうものだとわかっていなかったことが、片づけを諦めたくなる(挫折しやすい)、大きな要因となるということ。

体力的なこともさることながら、精神的な疲労の方がきつい・・。

だからこそ、片づけは、「停滞感・挫折感も込みで片づけ」、そんなふうに思っておくことも大事だなと思います。

この意識があれば、「そんな時期もある」と、気負わずに片づけ作業を続けることもにもつながり、最終的に、それぞれが思うところの片づいた住まいにたどり着けることに。


休みながらでも続けていれば、いずれ片づく。


片づけ中は、自身でも思いもしなかった感情に次々と出合って、とまどったりもします。

〇 ポジティブな感情= 楽しい、うれしい、わくわくする、すっきり

△ ネガティブな感情= 疲れる、飽きた、罪悪感、やる気が出ない

他にも、いろいろ出てきます。


疲れても挫折しても休んでも。気にせず何度でも片づけを再開する。


・本などを参考にしつつも、自身のやりやすい方法で片づける

・片づけを焦りすぎない

・思ったより期間がかかっても、気にしない

・疲れたら、ちゃんと休む

・それでも無理そうなら、片づけから少し離れる期間を設ける

・断続的になっても気にせず、とにかく片づけを続ける

・完璧を求めすぎない

許容、寛容という気持ちも、たまには思い出す


1度や2度、片づけがうまくいかないことで、諦めモードになることもあるかもしれません。

ただ、片づけは何度挫折しても、同じ数だけ再開して、少しずつでも片づけるという作業を続けていれば、いずれは片づくもの。

他者との比較ではなく、自身や家族にとって、落ち着ける過ごしやすい家や部屋になっていけば、それがいちばんです。

(個人的にも、精神的な疲れにより、何度か片づけ休止期間もありつつ。ゆるゆる再開、こつこつ継続。

そんなかんじでも、どうにか大まかな片づけを終えることができました)


それでも片づけに立ち止まってしまうときは。


片づけたいのに、どうしても作業ができないということもあるかもしれません。

(生活環境、持ち物の量、年齢、健康状態など、さまざまな要素も絡んでくるので、簡単にいかないこともあったり)


そんなときは、紙やPC・スマホのメモなどに、事実や感情を書き出して、客観的に見てみるのもよいと思います。


・なぜ片づけたいのか

・本当に片づけたいと思っているのか

・片づけは必要に迫られている義務なのか、否か

・その片づけのゴール(目的)はどのようなものか

・片づけなかった場合、自分、家族、周囲の人に、どのような影響があるのか

・片づけに過大な期待をしすぎていないか

・片づけを終えたあと、どう生活したいのか

、、等々。


(きちんと向き合ってみて、本などを参考にしても、自力では難しそうな場合は。専門家や業者さんのアドバイス・サポートを得る、という選択肢を考えてみるのもあり)



片づけが終わらない、と諦めなくても大丈夫。


片づけで罪悪感や挫折感を持ったりすると、そこで思考停止になりがちです。

けれど、そうした感情はごく自然なことで、片づけ中に多くの人が感じたりするものだとわかっていれば。

片づけが終わらない・・と、必要以上に落ち込んだり、諦めたりすることなく。これも通過点のひとつという感覚で、また作業を再開する気持ちになれたりします。


・切り傷ができたら絆創膏を貼って → 治ったら取る

・疲れすぎていたら睡眠を確保する → 心身の回復


片づけも、こんなふうに気負わずに。

・片づけに消耗したら休息期間を取る → また作業再開


自分を責めるような片づけではなく、ちょっとだけ振り返って、反省したりして。

あとはまた、片づけを少しずつ進めていけば、今よりずっと明るい気持ちになれたり、過ごしやすい状態に近づいていけると思います。



5分間掃除の習慣が続いている理由。次のページ

関連記事

  1. 片づけ・コンパクト

    片づけにおすすめな本。【3冊】

    片づけを進めやすくしてくれる、おすすめの本を3冊ご紹介します…

  2. 思考・感情・行動・習慣

    【3つに絞る】困ったときの便利な生活ルール。

    「3つに絞る」ということを、ルールとして取り入れてみるのは、…

  3. 思考・感情・行動・習慣

    5分間掃除の習慣が続いている理由。

    毎日の中の「5分習慣」が、こんなによいものだとは。今さらです…

  4. 生活用品・エコ

    掃除機 vs ほうき。自分にとって便利で楽なのはどちらか。

    「掃除機」と「ほうき/箒」。それぞれのメリット、デメリットを…

Archive

PAGE TOP