8月の「箱詰め祭り」振り返り。(古いパソコンの処分は面倒・・)


8月の1ヵ月間に実践した、不用品を洗い出す「箱詰め祭り」の結果です。

持ち物の振り返り、見直しは、やはり大事。

今の生活にちょうどいい量や、先延ばしにも気づけます。

【関連】・1ヵ月間、「箱詰め祭り」を試してみる。

日用品のほどよい量を、あらためて確認。(持ち物の見直しは大事)

結果から先にお伝えすると。(詳細はのちほど)

いちばん気になっていた日用品の量は、現状のままでOKで、なんとなく取っておいた物が意外と多い・・でした。

あとは、ふだん目に触れない場所にしまって、存在を忘れそうになっていた物も掘り起こせました。

わりとこまめに、捨てたり手放したりしているつもりになっていましたが、見慣れ過ぎてスルーしていることは多々あるようで。

一定の期間、不要な物をまとめて眺めてみる「箱詰め」は、自身の行動も客観的に振り返ることができ、実践してよかったです。

自身にとっての適度な量であれば、問題なし。

●実践(試す)→ 眺める→ 現状を把握

このプロセスは、単純でありながら、気づき納得もあるので、なかなかよいです。

部屋の隅に、中型のダンボール箱を2つ用意して1ヵ月間過ごしましたが、最終的には、1箱で済みました。

整頓しても見た目がごちゃっとして、もう少し減らすべきかと気になっていた日用品雑貨。

(ティッシュ、トイレットペーパー、石けん、重曹、ポリ袋、、ほか色々。ストックの場所を取るので)

けれど、これが今の適正量だと納得できたことで、気分的にもすっきりしました。

今は、2~3ヵ月分くらいのストックが、安心できる適量のようです。

防災用のローリングストックを兼ねているのもありますが。

実際、震災があったときに物流が滞り、店頭で日用品が思うように購入できない期間が続いた経験が、いつのまにか今のストックの基準をつくっていたのだと思います。

極端に過剰なストックでもないけれど、しばらく買えなくても大丈夫な量、といったところかも。

「箱詰め」で溜まった物をよく見る。

箱詰め作業は、下記のようなかんじでわりとざっくりです。

◆簡単な決めごと。

・毎日5分くらいずつチェックして、不要な物をダンボール箱に移していく。

・今年になってほぼ使っていない物、年末までに利用予定がなさそうな物などがおもな対象。

すぐには捨てず、1ヵ月様子見。目的は、物の出入り、流れを客観的に見て改善につなげること。

・チェックしたのは、日用品雑貨を中心に、衣類、小物類、書類など。できる範囲で。

◆結果として。

◇ 量が多い気がして、減らそうとしていた日用品雑貨。→ 現状のままで問題なし。

(すべて確実に使う物のみで、余計な物も特になかった)

◇ なんとなく取っておいた、こまごました物たち。→ 適宜処分へ。

(かわいいデザインのパッケージ、美術館のパンフレット、おまけのキーホルダー、、ほか色々)

◇ すっかり忘れていたのは、この2点。→ それぞれ、処分と回収/リサイクルへ。

(・ゆたんぽ= 冬のたびに何年も使ってきたが、気づけば、昨年も一昨年も使っていない。

・古いノートパソコン= 昨年末に新しいPCに買い替えたが、データ消去がうまくいかず、リサイクルに出せないまま保留になっていた)

◇ 使っていた物だが、着尽くした感のある衣類、7点ほど。→ 夏の終わりとともに手放す。 

家電類。買うのはよくても、処分は面倒。

日用品の量はこのままでよい、とすっきり納得したあとに。

急に気が重くなったのは、古いノートパソコンの処分のこと。

買取でも回収/リサイクルに出すのでも、初期化だけでなくデータ消去も必要です。

Sponsored Link

昨年末、ネットで新しいPCを購入したので、古い方は早めに回収/リサイクルに出そうと思いました。

メーカーサイトやデータ消去ソフトのことなどチェックし、手順通りに作業しても、なぜかうまくいかず。

あまりにも時間を取られるので、一旦忘れることにしたら、今年も夏の終わりになっていました・・。

他の家電の処分も手間がかかりますが、個人情報の絡んだスマホやPCなどは、手放すにもなかなか面倒かつ心配です。

調べると、物理的にハードディスクを壊すか、ソフトを使ってデータ消去、あたりが主な方法のようです。

(いずれにしても自力が難しい場合は、有料で依頼)

今のところ、回収依頼するならこちらがいいかなと検討中。

》【国認定】パソコン宅配便回収について。(リネットジャパン)

上記は、 本やブランドなどの「宅配買取」 で何度も利用しているネットオフと、同じ会社だったので安心できるかなと。

あとは、他の小型家電も回収してもらえたり、一部地域だけでなく、宅配便回収で全国を対象にしていて、利用もしやすそうです。

(ついでに、環境省のサイトで小型家電リサイクルについてチェックしてみたら、きちんと認定事業者一覧に掲載されていました)

昔は、パソコンがうまく作動しなくなった流れで、仕方なくそのまま、新規PCを購入した店舗に、古いパソコンを引き取ってもらったりしていました。

今ほどPCへの依存度も高くなかったので、データ消去できなくてもたいして気になりませんでしたが、年々そうもいかなくなり。

面倒だと、つい先延ばしになるところも反省。

必要でも不要でも、物の出入りの流れは、定期的に把握する。

日用品雑貨が多すぎるような・・。というところから始まった、1ヵ月間の箱詰め祭り。

結果としては。少々ごちゃっとして、多めに見えたけれど、このくらいはストックしておきたい、という目安をあらためて確認できてよかったです。

最終的には、目先の片づけ課題が「古いパソコン早く手放したい」というところに行き着き。

リサイクル会社、自治体、環境省のサイトなどをあれこれとチェック、という流れに。

物を買い、家に入ってくるときはわりと簡単なのに。手放し、家から送り出すときの労力は倍以上だと、再認識。(特に大きい物、家具、家電など)

そんなわけで、物の収支や流れについて、あらためて考えさせられた1ヵ月間でした。

(一気に片づける時間がない場合でも。使っていない物をぽこぽこと箱に放り込むだけなら、わりと気楽でおすすめです。

まとまった物を眺めていると、心境の変化も出てくるかも)

今の生活に合った物の量、先延ばしグセなどと向き合いつつ。

そのときどきで、最適化しながら過ごしていきたいと思います。

●関連

》【国認定】パソコン宅配便回収について。|リネットジャパン

》【本・DVD】宅配買取について。|ネットオフ

》【ブランド総合・その他】宅配買取について。|ネットオフ

関連記事

【チャンス】片づけを始めるきっかけを見逃さないように。(何度でも再挑戦)

片づけが終わらない・・、と諦めなくても大丈夫。(挫折前提で片づける)

5分間習慣で不要データ・メールも、すっきり片づける。

片づけが進まないときは、捨てる基準を毎回変えてみる。

物を捨てられる体質にしていくと、片づけも進みやすい。

無印のEVAケースで、小物の仕分けもすっきり。