片づけは、自分で悩みを解決するためのトレーニングにもなる。

迷いやすく意思決定が苦手な人こそ、「片づけ」に向き合ってみるのはよいことだと、自身の片づけを通して感じています。

 

片づけというと、単に部屋を整理整頓する、きれいにするというイメージかもしれません。

私も片づけへの入り口は、ごちゃごちゃした空間をなんとかしたい、もう少し物を減らしてすっきりしたい、という見た目の部分から入りました。片づけがもたらす、感情や心理面への細かい作用などは、それほど眼中になかったような気がします。

数年を要しながらも断続的に片づけに向き合ってきた今は、「片づけ」と「メンタルのトレーニング」というものが、同様の意味合いのように感じられたり。

いずれも、自身で悩みを解決し、個々の幸せにつなげていく行いだからだと思います。

片づけの過程で意思決定力も鍛えられていく。

片づけの途中で避けて通ることができないのが、捨てる物・残す物の「選択、判断、決断」といった作業。

けして楽しいことばかりではないけれど、こうした一連の作業を短期間で何度も繰り返すことで、徐々にでも決断力が高められていくことが、実は片づけをすることの大きなメリットなのではと感じています。

 

今ならこのように捉えることができますが、片づけに取り組み始めた当初は、物質的な物と心理面の連動について、あまりに無自覚でした。

片づけ関連の本の中にも、メンタルにかかわることは書かれていたはずなのに、片づけにおける楽しさやよい部分ばかりに目が向いていたせいか。その過程で起こる後悔や罪悪感、損失回避の思考、選択・決断の繰り返しによる苦痛や疲労・消耗に、わけのわからない気持ちになったり、いちいち立ち止まっていました。

そこをどうにか自分でくぐり抜け解決しようとするか、そのまま先延ばしや放置にするかで、後々片づいていくか、片づかないかが分かれていくことに。

 

私の場合は、物が減って部屋がすっきりするという以上に、本来自分がほしかったものを、片づけによって知ることができたように思います。それは主にメンタルにかかわる姿勢でした。

・自分の選択・判断から逃げない。
・自分の意思決定、決断というものを信じる。
・仮に後から失敗だったと思うことがあっても、それも含めて責任を持ち受け入れる。
・いくつになっても新しいことを始めたり何度でもやり直すくらいの、心の筋力を鍛えること。

 

どれだけ本を読んでも人に聞いても、簡単には身に付かない、日々のトレーニングが必要な類の、心の姿勢・あり方。

こういうものがいまだに欠けていることや、今後の自分に必要で強化したい心の持ち方だと改めて自覚できたのは、ただ頭の中であれこれ考えるだけでなく、片づけという実際の作業・行動があったからこそだと感じます。

・・・

(家族や周囲の人との話し合いや同意が必要な場面では、そのプロセスを踏み。

一方で、自身の所有物を片づけるという、本質的に個人的な事柄や一人で決められることに関しては、決断に至る一連の流れも、人に相談したりせず自分の中だけで行われた方が、圧倒的にシンプルで楽だなと思います)

片づけも心のトレーニングも、日常生活に明るさをもたらすためのもの。

物事の最悪の状況を考えたり、ネガティブな思考をすることは、生きていくうえでの防衛本能であり必要なものだとわかっていても。

その思考の割合があまりに多すぎると、生きづらさにつながったりもします。

 

辛いことや大変なことがあるのは仕方のないことでも、自分の悩みの多くは自分で解決できるという感覚を持つことや、常にちょっとでも物事の明るい側面を見るクセをつけたりすること。

そういう思考が、片づけに向き合う過程で徐々に身に付いてくるものなのだと感じています。

 

物の片づけが、自分を幸せにするための判断力や決断力の向上を助けてくれるというのは、当然といえばそうなのかもしれないけれど。やはり面白いプロセスだなと思います。

***

悩みや迷いの真の正体がわからなかったり、決断できない、解決できないと思い込んでしまうのは辛いもの。

個人的には昔あいまいだった自分に対して望むことが、片づけ(=心のトレーニング)のおかげで、今は意外とシンプルなことだとわかってきました。

Sponsored Link

・自己解決力を少しでも高めること。
・他の価値観に左右されることがあっても、自分の思う幸せを素直に信じること。
・そのための行動を躊躇しないこと。

(時間が経てばまた考え方の変化も出てくると思うので、内面もアップデートしつつ。先にあげた強化したい心の持ち方に付随して、今はこんなところです)

 

何を望んでいるのか、どこに向かいたいのか、どんなふうになりたいのか。年齢や環境、自身の変化によっても人それぞれ異なり、それを知るためのきっかけや入り口はたくさんあるはずで、片づけもその中のひとつだと思います。

 

片づけという体を動かすことで見えてくる、感情や思考の変化は、実際に行動した本人だけが体験できる世界でもあり。いつからでもどこからでも始めたいところからスタートできるのも、片づけのよいところ。

以前に比べ捨てる物も減ってきましたが、自分なりに得た片づけ思考は、生活の中の様々な場面で応用していきたいものです。

 

少しでも行動してみたり、片づけ方法を更新してみると、半年後、1年後には、部屋も心の中も、今とはまた違った景色が見えてきそうですね。

関連記事

残った外貨もすっきり手放す。

小さいバッグへの試行錯誤も、身軽を楽しむ第一歩。

ポイントカードやクーポンを手放して、特典に振り回される生活をやめてみる。

減らない洋服と体重の関係。

バッグの中身を減らして軽くする。○○g減量できた。

小さな習慣の大きな効用。(片づけにも人生全般にも)