5分間習慣で不要データ・メールも、すっきり片づける。

今回は、1日5分間のデータ整理習慣について。これを試してみたところ、なかなか成果を上げることができ、5分習慣の素敵さを再認識できたので書き留めておきます。

 

パソコンの中の不要ファイルやフォルダ、取っておく必要のないメール。片づけよう整理しようと思いつつ、つい後回しになっていました。(確か昨年末あたりに一気に片づけようとしましたが。ちょっとだけ手をつけて挫折。捨てる・残すの仕分けが面倒になって、途中のまま・・)

室内が散らかるとすぐ目につくので、片づけようとか、不要な物は増やさないようにしようという意識が働きます。

一方、パソコン内やUSBメモリ・クラウドストレージ(インターネット上にデータを保管できる)などに保存されたファイル、写真(画像)、メールといったものも、確かに容量は取っているのだけれど。物質的なものと違って、目に見えて部屋の中を圧迫することもなく、容量の上限まではいくらでも放り込めてしまうので、つい後回しに。

しかも、フォルダを開けて、ファイルや画像を確認し、捨てるか残すか選択する作業は、思いのほか時間がかかります。

1日5分でもいい。1週間不要データを捨て続けてみる。

部屋の片づけよりパソコン内のデータ整理の方が、体力もいらないし簡単なはず。そう思っていましたが、いざデータ整理のためにまとめて時間を取ろうと思うと、途端に面倒な気持ちに。

データ管理・整理というのは、得意な人は得意なんだろうなと思うと、それがうまくできないことに妙な後ろめたさを感じ、ますます放置状態に。(部屋の片づけや整理収納はそれなりにできたけれど、デジタルデータ整理には変な苦手意識があるようで)

 

まとめて落ち着いて時間を取ろうとすると気が重い、かと言って、ずっとPC内が散らかっているのも後々もっと困る。どうしたらやる気になるか。

そこで思いついたのが、1日5分間習慣。(掃除の5分習慣が継続できるようになってから、すきま時間でよい習慣を増やすことの効力を感じるように)

・5分間掃除の習慣が続いている理由。

 

・・・

◆最初に決めたことはこれだけです。

  • 1日1フォルダでも1日5分でもよいので、チェックして何かしら不要なデータを捨てる。
  • 5分すら面倒に感じる時は、ファイル1個でもいいから必ず削除作業をする。
  • とにかく心理的なハードルを下げ、細切れ時間を利用する。
  • 1週間だけ続ける。

 

まずは、1週間でいいからやってみよう。毎日ちびちびやっていれば、そのうち片づくだろう。そんな気持ちでスタートできたことで、気も楽になりました。

1日の終わりに5分だけ、データ整理をしよう。そんなことを始めてから、すでに約2週間になります。

 

・・・

◆手順としてはこんな具合。

  1. PC、USBメモリ、クラウド(オンライン)ストレージから不要データを削除・整理。
  2. メール(フリーメール使用)も同様に、不要なものを削除。

 

まずは①から始めて、一通り気の済んだところで②に移り、メールの仕分け・削除も、もうそろそろ終わりそうなかんじです。

①は、ざっと見て、直近で使った記憶がないフォルダあたりからチェック。控え的にコピーしておいた重複ファイルやフォルダが、いつのまにか増えていたことに気づいて集約したり。最後に見たのがいつだったかというような、もう使わない古いファイルや画像も次々削除できたり。

 

②のメールは、基本的にいらないものはその日のうちに削除するようにしていますが。それでも何年もまともに整理をしていないと、結構な数のメールが溜まっているものです。絶対に保存しておかなくてはいけないものより、とりあえずとかあとでまた見たいから取っておこうというもの(主にメールマガジン系)が、自分の予想を超えて溜まっていて、軽く引きましたが。

ひとつひとつ整理してあったフォルダを開け、基本は全捨てするようなつもりで、削除を進めたら、仕分けのために増やしたフォルダ自体も、結構数を減らすことができました。(本当に必要なメール、見返したいメールは意外と絞られているものです)

それにしても、やっかいだったのがわけのわからないメルマガや迷惑メールに入ってくる類のもの。基本的に怪しいものには触らず全削除ですが、なんとなく見当のつくメルマガ系は、面倒でしたがちまちまと解除作業をしました。

興味のあることや楽しいメルマガは読みたいけれど、きちんと絞らないと読むのにも管理にも時間を奪われるので。これを機にほどほどにしようと思います。

(以前解除したはずのものや、登録した覚えのないメルマガまで。もはやどんな仕組みになっているのかわからないメールが日々入って来るのには、多くの人がげんなりしていそう。先々よりよい仕組み・システムができて、いつかはこういうことに煩わされなくなる時も来るのかなと)

・・・・・

1日5分程度と言いつつ、気づけば10分、30分とデータの片づけにいそしんでいた日もあります。(反対に、睡魔がひどく何もしたくないと思う時は、ファイル・画像、何でもいいから5個だけ選択・削除してOKにしたり)

とにかく、決めた1週間は毎日何かしら不要データを削除するという行動をとる(習慣にする)ことが大事だと思ったので。

フォルダの中身をチェックするのも面倒な気持ちになっていたはずなのに。毎日5分だけと心理的ハードルを下げたおかげか、わりと直感的に捨てる・残すを決めて、意外にもさくさくと削除作業は進みました。

物もデータも、できるだけ残さないことを基本にする。

ずらりと並んだフォルダを見るのが面倒で、先延ばしにしてきたPCやメール等のデータ整理。

毎日ちょっとだけ手をつけてみた結果、余分なデータをかなり減らすことができました。

絶対に必要なもの、なくなっても代替できそうなもの(必要が出てきたらまた考えればいい)、あってもなくてもどちらでもよいもの、全く不要、というふうに。データ類もだいたいこんな具合に仕分けることができました。

今回仕分けをしながら思ったのは、データ類も部屋の片づけの時とある程度共通しているものなのだと。(この辺りは各個人差もあると思いますが)

 

「いつか見返す画像・ファイル・メールかも。あとで必要になったら困るから、念のため削除せずにとっておこう。」

きっと無意識にこんなことを思っていたら、私もPC内に色々とため込んでしまったようです。

室内同様、データ整理も収納先(フォルダ)を増やしすぎないこと。

多数のファイルや画像、メールを削除しながら、これまでにもデータの整理はしてきたはずなのに、と思い返してみると。これもかつての部屋の片づけと全く同じことをしていたことに気づき、我がことながら苦笑・・。

Sponsored Link

つまり、収納棚(フォルダ)をいくら増やして整頓しても、ものは片づかない(=根本的な解決にはならない)ということ。

過去にやっていた失敗で、室内の物はあまり捨てずに、収納グッズを充実させて「整理収納」に労力を注いでいたのと同様。PCやUSBメモリ・オンラインストレージ内も、不要なものの削除は二の次で、フォルダ(入れ物・収納先)を増やしまくり、そこにいかにファイルや画像を仕分け整頓していくか、ということを長年やっていたのです。

 

使わないもの・不要なものを削除しなければ、今後もフォルダはただむやみに増え続けていた可能性も。そう考えると、この2週間、5分習慣と称して毎日いらなくなったデータを削除したことは、地味でありつつ確実な成果となりました。

 

(それにしても。特に写真が趣味なわけではない私でも、何年も放置すると撮った画像が何千枚かあって結構驚きました。カメラや写真を趣味・ライフワークとする人々は、どれほど膨大なデータ量を管理しているのだろうと思うと。この程度のデータ整理を先延ばしにしてきたことをちょっと反省)

毎日5分のデータ片づけ習慣を試したおかげで、約2週間でかなりすっきりしました(半減したのでは)。仕分けしていたフォルダ(入れ物)自体が減ったので、必要なものが見つけやすく使いやすい状態に。

 

何事もやり始めるまでが腰が重い。手を付けて始めてしまえば、意外と短期でちゃんと片づくものだと改めて実感。(すぐに動く、溜めない、まめにやる。こうしたよい行動習慣がもっと増えれば、この先は、過去の自分より確実に身軽になっていけるはず)

データ等も、基本は残さない溜めないという意識を持っていれば、本当に必要なものだけをすっきりと保管することができるのかもしれませんね。

・「残さない」ことを基準にすると、暮らしも軽くなってくる。

 

私の場合は、あってもなくてもどちらでもよいデータが半分近くを占めていたようで。削除してすっきりできました。

データの片づけ・整理も定期的に。

あともう少しメールを整理したら、ひとまず不要データの片づけは終了。

以前のように気が重くならないように。今後は部屋の片づけ同様、データの片づけももっとこまめにしようと。

 

たかがデータ整理と思うかもしれませんが。腰を落ち着けてまとめてやろうとすると、意外と時間かかったりする場合も。

私も2週間の細切れ時間を合わせたら、たぶん何時間も費やしています。(データ整理のみならず。フォルダがうまく削除されなくて、それについてネット検索したり、オンラインストレージの活用法が気になって調べたり。途中のこんな付随作業も含めると、それなりに時間を要するもの)

 

・・・

  • 毎日5分でもいいから、ある程度片づくまで連日でいらないデータを削除する。(一気にできる場合は、まとめて時間を取り整理しても)
  • ひと通り不要データを削除できたら、あとは各々の使用頻度に応じて、定期的に削除・整理する。(週1・月1・半年に1回など)

本当にたったこれだけのことをすれば、データ類も自分の使いやすいようにすっきりを保つことができるのだと。反省も込めて思います。

 

・・・・・・・・

やると決めない限り、何事も先延ばしになりやすいものです。

今回初めて試した、1日5分の1週間データ片づけ(始めてみたら2週間経っていましたが)。1日1個でも必ず不要データを削除する、それを決めて実行しただけで、気が重くなっていたデータの片づけはできたし、小さなよい習慣を増やすこともできました。

「まぁいいや、また明日にしよう」を重ねるより。些細なことを侮らず実行し継続してみる方が、やはり人はよい気分になれるようです。

日々の5分間掃除が定着して以来、よいプチ習慣を増やすことがちょっとした目標や楽しみにもなっていて。

・5分間掃除の習慣が続いている理由。

 

このお試し的なデータ整理ウィークも、あともうひと息。やってみて本当によかったです。

(片づけは一気に済ませたいと思いがちでしたが。苦手意識のあることこそ、細切れ時間の工夫でなんとかなるという、自分の中でもよい例となりました。よい習慣を作るには、できるだけ小さく・ハードルを低くすること。これが一番簡単に実行できて、自然と確実な成果や達成につながっていきそう)

関連記事

色々吸い込んでいそうな「紙類」を片づける。

片づけは、自分で悩みを解決するためのトレーニングにもなる。

ローリングストック法で、非常食の備えも日常的なものにしていく。

片づけにおすすめな本。【3冊】

大掃除をしないための普段の掃除。

【チャンス】片づけを始めるきっかけを見逃さないように。(何度でも再挑戦)