人生を楽に、生きやすくするには。やりたいことを明確に。


人生を過ごしやすく、生きやすくするには。

「やりたいことが明確である」ということが、思った以上に大切なのかも。

やりたいことを明確にすると、人生は生きやすく、迷いも減らせる。

以前買ったこちらの本を読み返していて、あらためて思ったのは。

■ やりたいこと、好きなことを明確にし、可能な限り、それに沿って生活できるようにしていくと、人生の充実度は高くなるということです。

やりたいことを把握できないと、悩んでいる時間が長くなる。

上記のことが大事だと思う理由としては。

・人生で、やりたいことの優先順位がある程度決まっていれば、余計なことで迷ったりする時間をかなり減らせるから。

・反対に、やりたいことや好きなことが、あまりはっきりしていないと、常に悩むことになるから。

(とはいえ。若い世代でも、中高年世代でも、やりたいことや好きなことをきちんと把握できていることもあれば、そうでない場合もあります)

なので、やりたいことを明確にしていくには、とにかくいろいろと試していく以外に、方法はないのかもしれません。

仕事でも趣味のことでも同様です。

ただ、個人的にも覚えがありますが、その見極めはときに難しく、実際に時間をかけてみないとわからないことも多いです。

だからこそ、少しでも興味や関心の持てることから、選択したり学んだりしながら。

自分なりの基準・軸を見つけ、やりたいことを明確にしようという、姿勢を持つことが大事だなと思います。

誰かの基準ではなく、自分のやりたいことを明確にすること。

やりたいことのない人生を無駄だと言うつもりはありません。

ただ私が言いたいのは、「自分がやりたいことが明確になれば、人生はものすごく楽になる」ということです。

それが明確になれば、世間の常識に自分を合わせる必要がなくなります。

やりたいことが見つかると、「自分の人生はこれでいいんだろうか、ほかにも可能性があるんじゃないか」などと、グダグダと悩み続けることもなくなります。

他人の目も気にならなくなり、自分の行く道に自信がもてるのです。

これから社会が大きく変わるなかで、やりたいことがない人の進む道は、どんどん厳しくなります。

「やりたいことがある・見つかる」というのは、とてもラッキーなことなんです。

もしそれが見つかったら、容易く手放すべきではありません。

著者のちきりんさんにとっての、やりたいこと、大好きなことは、

・旅行、美術館巡り

・料理、韓流ドラマ

・ブログや本を書くこと など。

こうした日々がなによりも楽しい、というように。時間やエネルギーを注ぐものが、とても明確です。

会社に所属していなくても不安感はないし、誰かほめてくれる人が周りにいないとやる気が出ないわけでもありません。

社会になんら貢献できていなくても、自分の存在意義を不安に思うことはないという精神力があるからこそこういう生活が楽しめるのです。

・自分の行動に迷いがない

・きっぱりと決断できる

そのためのメンタルを保つ力も必要です。

やりたいことを見つけようとすることも、やりたいこと・好きなことを追求しようとすることも、人生の舵取りを自分でするからこその納得なのだと思います。

やりたいことが見つからないときは。たくさん試す、一定期間集中する。

没頭型の人がいる一方で、好きなことや、やりたいことが見つけられない、という場合もあると思います。

そんなときは、下記を意識してみることから。

■ 気になったことから、まずは試す

■ 一定期間は集中する

内容は、どんな些細なことでもよいと思います。

(本、映画、料理、語学、資格取得、スポーツ、観劇、旅行、カフェ巡り、片づけ、掃除、ボランティア、地域活動、、等々)

・・・

(個人的にも、なんだか何にもハマれないという時期はあり。

わりと飽き性だったり、やりたいことや熱中できることが、短期間で入れ替わったりすることも。

なので、一長一短なところは受け入れつつ。その都度、好きなことに時間を注げるように心がけています)

■手順としては。

□ やりたくないこと、苦手なことは除く。

□ ある程度は興味の持てることの中から、手をつける。

(まずは、すぐにできそうなこと、ハードルの低いことから)

□ 一定期間は、集中して続けてみる。

数日、数週間、数ヵ月など。期間を決めてひとつのことに取り組むと、自分の反応を確認できるので)

□ しばらく試して、ちょっと違う、もう十分と思えば、ほかに関心の持てることに移る。

□ 上記をくり返していくなかで、わりと楽しい、なんだか続いているかも、ということがあれば、そこを深掘りしていく。

こんなことをひたすらくり返していけば、自分に向いていること、好きなことが絞られていきます。

・あまり好きではなかった

・合わなかった

・わりと楽しい

・思っていたよりずっと楽しい

・かなり好きかも(気づくと没頭している)

というかんじで、自身の反応を確認しつつ進んでいくと、何かしら、好きなことや熱中できることに行きあたる確率も増えると思います。

それでも、何にもハマれない・・という場合は。いろいろ試すこと自体をとにかく続けてみると、また別の面白い気づきが得られるかも。

(ある作家の方いわく。3日間~1週間ぐらいずつ、違うことに集中してハマってみると、けっこう色々なことができるようになっていた、と。

以前これを聞いて、妙に納得した記憶があります)

好きなこと、やりたいことがわかっていると、人生は心地よい。

趣味でも、働くことでも、お金を得ても、そうではなくても。

これをしている時間が何よりも楽しい、没頭できるということが、ひとつふたつあるだけでも、人生はわりと平和で、幸せな気がします。

周囲の価値観や、余計なものごとに惑わされず。

シンプルに自身の好きなことに向き合い、ラクで生きやすい暮らし方に近づいていきたいですね。

関連記事

丁寧と適当のせめぎ合い。

【自分への質問】捨てる・残す、片づけに迷ったときには。(清々しいさいごを想像して...

洋服の3色化計画、その後。クローゼットの定期点検で、悩みも徐々に解決する。

【自分を変える】ために、やるべきことは。(変化の過程も楽しむ)

【悩みを自分で解決する方法】片づけは、選択と決断のトレーニングにもなる。

不要なデータやメールもすっきり整理。5分間の習慣で片づける。