ボックスティッシュペーパーもミニサイズに。日用品の見直し、コンパクト化。


このところ気に入って使っている、ミニサイズのボックスティッシュ。

日用品・消耗品も、ときどき見直してコンパクト化してみると、すっきりと気分も変わってよいかもという話です。

日用品・消耗品のコンパクト化で、気分も軽く省スペースに。

日々身の回りにある日用品・消耗品も、ある程度好みに合っていると(見た目、使い勝手など)、ささやかな心地よさを感じられるなと思います。

小さいサイズで快適になるなら、そちらを選んでみる。

通常のボックスティッシュペーパーなども、すぐになくなってしまうものではありますが、なんとなく違和感を感じつつ使っていると、やはりふと気になることも。

消耗品だから何でもよいという部分もあるけれど、できれば好みに合うものを使ったほうが快適です。

今回の場合は、毎日使うボックスティッシュのサイズを小さくしただけで、気持ち的にもよい効果がありました。

ミニサイズのティッシュも機能的。

家でのティッシュペーパーの使い方は人それぞれだと思います。個人的にはわりとよく消費するような気がしていて、さらに通常のティッシュよりもう少し小さいサイズだと使いやすいかもと以前から感じていました。

(余談。日本人のティッシュペーパーの消費量は世界一ともいわれるほど多いそうですが、他国ではキッチンペーパーが多く使われるところもあるよう。文化や習慣の違いとはいえ面白いですね)

あるときネットで日用品を買おうとしたときに、一般的なボックスティッシュの半分程度のサイズの商品を見かけたので、試しに購入してみたところ。

思いのほか自分の用途・使い勝手に合っていて、見た目のコンパクト感も好みで、こういう些細なことで感じる妙なうれしさ(心理的影響)というのは、意外と侮れないものだなと思いました。

一度試してから気に入ってたびたび購入しているのが、 ロハコ で買えるミニサイズのボックスティッシュペーパーです。(アスクルのオリジナルティッシュペーパーのミニサイズ)

定番になりつつあるのがこの2つのタイプ。

・ヴォイドピンク

・トラディショナル

■ミニサイズボックスティッシュの好きなところ。

・サイズがコンパクトでデザインもシンプルなので好み。

(一般的なボックスティッシュを半分にしたものより少し大きめといったサイズ感。手持ちのティッシュの採寸では、1個が約13×10×高さ4.5cmくらい)

・色々な場所に置いてもあまり存在感が大きくならない。

・価格も手頃。(1箱300枚/150組。1パック9個入り。値段は毎回多少異なるが、概ね300円前後)

Sponsored Link

・ペーパー1枚ずつのサイズも通常より少し小さく薄手になるが、個人的にはこのくらいのほうが色々と使い勝手がよいと感じる。

(用途によっては面積の大きめな通常のティッシュのほうが使いやすいかもしれないけれど、やや小さめサイズは何かと便利。ポイントメイクやちょっとした汚れの拭き取りが多く、くしゃみ・鼻水が増える時期にも助かる)

・ボックス型ティッシュのケースは紙製ではなく、いわゆるビニール(ポリプロピレン、ポリエチレン)なので、使い終わったあとも小さく丸めて捨てられる。

(途中、ティッシュペーパーの量が減ってくると見た目の型崩れはしやすくなるが、ある程度は仕方ないのでそれほど気にならない)

・保管場所も省スペースになるので便利。

、、等々。

≫ その他アスクルのオリジナルティッシュペーパーを見る/LOHACO

時々セールをしていて、購入のタイミングでミニサイズが在庫切れのときは、結構がっかりしつつ他のティッシュを買います・・。

これまで、ボックスティッシュに布製カバーや木製ケースを使用していたこともありましたが、入れ替えやケース自体の手入れも意外と面倒で、思い切って処分。

その後、色々なティッシュを試すなかで、ミニサイズでシンプルデザインのこのティッシュに落ち着いてきました。

(トイレットペーパーもコンパクトサイズというか、2~3倍長持ちするタイプを利用するようになってから、その便利さを遅ればせながら感じるように。ロールの取り換え回数も以前より減って、保管場所の省スペースにも。日用品などはついいつもと同じようなものを購入しがちですが、こういうちょっとした見直しもときどき意識するとよさそうです)

≫ トイレットペーパーの売れ筋ランキングを見る/amazon

コンパクト化に限らず、気になる身近なアイテムも時には見直しを。

個人的には、片づけの延長で軽量化やコンパクト化に目が向いたり、楽しむようになってきました。

そうしたことに限らずとも、ふだん何気なく使っているけれど、なんだかしっくりこないというものがあれば。

消耗品や日用品のような身近なものこそ、ときには見直してみると、思った以上に気分転換になるかもしれません。

**

このリピートしているミニサイズが在庫切れのときに、一般的なサイズのボックスティッシュペーパーを買って使ったら、なんだか必要以上に大きく感じたりしました。

すっかりこのミニサイズが生活になじんできたようです。

消耗品は暮らしのなかの些細な部分だけれど、毎日お世話になるものでもあるので。


なんとなく使いにくい、ちょっと変えたいと思ったときは、すっきりと気分よく使えるアイテムを探しつつ、色々試してみるのも日常の楽しみにつながりますね。

関連記事

シャープペンからフリクションのペンへ。小さな困りごともすっきり片づける。

虫除けアロマはどれが効く? 精油で、蚊・ダニ・ゴキブリにも対策。

掃除の負担を減らすには。洗剤の数を減らし、ほどほどの掃除で快適に。

【万能スプレー】汗もニオイも虫除けも、このアイテムの兼用ですっきり。(ゴキ・・対...

パックスの全身シャンプー(シンプル成分)を使ってみた感想。

今年の虫除け・虫刺されケア。重曹、ハッカ油、ワセリン・・で乗り切る。