過剰に向き合うこと、不安を減らすこと。

日々の生活の中で人々が抱く不安というのは、「過剰なもの」に向き合うことで、随分軽減されるのではと、ここ数年の片づけを通して感じています。

自身の暮らしの中で、過剰な物・事について、頻繁に考えたり、実際に過剰を減らしてゆく作業は、物の取捨選択や判断力を養うだけでなく、生きていくために必要な心の強さも同時に磨いてくれるのかもしれません。

過剰は不安の表れだったと気づくこと。

片づけをして身のまわりを物をある程度減らし、しばらくたってから気づいたことはいくつかあります。中でも、この二つのことは、「不安過剰」というものの関係性を考えるきっかけにもなり、今でも時々そのバランスについて考えることがあります。

 

・人生の様々な場面で購入してきた好きな物や気に入った物は、長期的に常に自分を幸せな気分にさせてくれるものではないこと。
(買ったときはもちろん、しばらくその嬉しさは続くけれど、ずっとではなく。気分も好みも変化するものだと改めて思い知る)

・物をたくさん手放してからのほうが、ほっとしたり安心感を持てる機会が増えたこと。
(使っていなかった物やしまい込まれた物、忘れ去られていた物を掘り起こし、減らしていくことで、今何を持っているのかを把握/管理できるようになることは、想像以上の安堵感を生むものだと知る)

 

このことは、過剰なものは余計な不安をも抱えることにつながることを、体験的に教えてくれたように思います。
(足りない・必要だから増やしたはずのものでさえ、過剰や負担になることもある)

不安になると、人は時として何かを過剰に買うこと(または過剰に食べることなど)で無意識にそれらを解消しようとするところがあるもの。けれど、一時的に気が紛れることはあっても、その不安の穴埋めはなかなかできないもののようです。

 

多少の差はあっても、誰もが何かしらの不安を抱えています。

仕事の不安、人間関係の不安、政治不安、金融経済の不安、災害の不安、食に対する不安、健康の不安。。

右肩上がりの経済成長を続けていた時代なら、物を増やすことが幸せに直結していたことは想像できても。今は過剰が人を苦しめることにもなる世の中にあるのだと。

遅ればせながら片づけを通して学びました。

 

足すこと増やすこと(過剰)で不安はなくならないなら、過剰をやめて減らしてみる(手放す)。

そのことで得られる心の安定は、今後生きていく上での精神的な強さや柔軟性を補ってくれるものになっていくのだと感じます。

常に生活の中で過剰を見直し、最善を見つけ選択する。

片づけに向き合っている最中は、捨てることへの罪悪感、捨てたら後悔するのではという疑念、さらに、なぜ買ったのかという後悔など、様々な葛藤は何度もありました。(随分なくなりましたが、何かを手放すときは今でも多少感じることはあります)

それでも。暮らしの中の「過剰」を見直し減らしてきたことは、気持ちを軽くし、これからを生きやすくしてくれるように思います。

 

今が何歳でも、人生がどれくらい続くのかわからなくても。生きている間は、過剰な物と不安は手放し、暮らしを楽しみ、その時々で各々にとっての最善策を見つけ選択していくことが大事。

時代の流れに合った変化をしていくことは、きっと自身を支える力になってゆくものだと感じます。

*******

漠然とした不安に襲われたときは。

・ちょっとだけ現状を俯瞰してみる。

・身の回りにある物、事柄、人間関係、行動・習慣に目を向け、足りないことではなく、自身にとって過剰だと感じるものを洗い出す。

・それらひとつひとつと向き合い、減らせるものがあれば、できるだけその過剰を取り除いていく。

 

いきなり全てを一掃することは難しくても、無駄に過剰に時間やエネルギーを注いでいる何かに気づくことは、大事な一歩になるもの。

そんなことを、少しずつ意識して試していくうちに、自身の心の強さや明るい方向を向く気持ちを取り戻せるのかもしれません。

単なる片づけや物減らしのみならず、自分の中の「過剰」に目を向けてみると、新しい気づきや変化も見えやすくなりそうです。

Sponsored Link

 

過剰の基準は人それぞれであったり、過剰と知りつつもそれを必要とし心から楽しんでいるのなら、それも幸せのひとつ。けれど、ちょっと違うかなと感じたら、自分の中の過剰について探ってみるのも有効なことでは。

 

過剰は時として、人を混乱させたり迷いを増やすものであることも心に留めつつ。

ふと不安な気持ちになったときは。「過剰な何か」を減らすこを思い出して、心身ともによいバランスを整えていきたいものです。

 

関連記事

小さな習慣の大きな効用。(片づけにも人生全般にも)

習慣(ルーティン)も新しい行動も、自分に合ったバランスを見つけること。

覚悟があればきっと片づく。片づけの最中に起きたメンタルの変遷。

バッグの中身を減らして軽くする。○○g減量できた。

無印のEVAケースで、小物の仕分けもすっきり。

クローゼットひとつ分、イメージとしての生活荷物量のこと。