【親の家の片づけ】箱詰め作戦は、一定の成果があるかも。(気長に対策)


いつかは必ず向き合うことになる、親の家の片づけ。

思うようにことが運ばなくても、何年かかっても。

とにかく、気長に対処していくことにしました。

親の家の片づけを気がかりに思っていたり、対応に困っていたり。私同様に自身が中年世代になると、そんな経験を持つ人も少なくないと思います。

皆それぞれに生活環境も家族関係も異なり、誰にとっても有効な解決策というのは、なかなか見つかりづらいもの。

個人的に、親の家の片づけについては、断続的に行いつつも、すでに何年も経過しています。

(これまでにも大量の物を処分したはずですが、年に数回手伝う程度なので、それほど進みません・・)

そんな経験から、ここ最近思うことや、一定の成果が見込めるかもと感じたことなどをまとめてみます。

【親の家の片づけ】箱詰め作戦は、一定の成果があるかも。(気長に対策)

親の家の片づけについて、最近では、この2点を意識することが大事かもと考えています。

□ 短期解決を求めない、焦らない。(諦めず、気長に対策)

□ 「箱詰め作戦」には、一定の効果がありそう。(今後もできるときに行っていく予定)

のちほど詳しく説明します。

現状でできる範囲の片づけをすればOK。(ムリは禁物)

上記のことが大事だと思う理由は、私がこれまでに何度となく失敗してきたからです。

ごくあたりまえのことですが、基本的に誰もが生きることを前提に生活しているので。

必要以上に、捨てる片づけにとらわれはじめると、心身を消耗し、結局は誰の幸せにもつながらないです。

・親には親の考えや都合がある。

・自分には自分の考えや都合がある。

親の本心については、聞いてもよくわからない部分も多く、様子を見ながら推測していくしかありません。

私自身については、我ながらわりと身勝手なことを考えていました・・。なので、そこを反省しつつ、親の家の片づけは、できる範囲でOKというふうに考えを改めました。

ちなみに、以前はというと、こんなことでよく憤っていました。

・高齢になっても片づけに向き合うこともなく、今後も片づけるつもりはなさそう。(片づけは子がやるものと思っている様子)

・親に片づけ関連の本を紹介したり、片づけのよさをあれこれ説明しても、ほぼ興味なし。

・休日を返上して親の家の片づけをしても、半年後にはなぜかまた物で埋まっていたりする。(この繰り返し)

・生きていれば自身も高齢に向かっていくので、少しでも体力があるうちに諸々の片づけにめどをつけたい。(完全に自分都合・・)

こんなことを何年も続けていると、さすがに消耗します。

先々のことをどれだけ心配しても、今できることは限られています。

なので、気持ちよく割り切って、ムリや犠牲をともなわない範囲で、できる片づけをするのが「最善策」、というところに落ち着きました。

「箱詰め作戦」は、思いのほか成果あり。

一定の成果があったと感じられた、具体的な内容を2つあげてみます。

こちらの本を読んで、その中からできそうなことを試してみました。

お互いの境界線をきちんと意識しよう、という気持ちも、あらためて持つことができたと思います。

①箱詰め作戦。

本を読んで、ひそかに「箱詰め作戦」と名付けました。

やるべきことは単純です。

■ 捨てる片づけではなく、とっておく(一時的にしまっておく)片づけである。

■ 利用頻度が低い物や全く使っていない物も、ひとまず「ダンボール箱」に入れて保管しておく、という方法。

◎この方法のよい点(メリット)は。

・物を捨てることに抵抗がある人にとって、「箱にしまっておく」というだけで、片づけのハードルがかなり下がる。

・いつでも取り出し可能な保管方法だから、親にとっても安心感がある。

・箱にしまうことで、ひとまずの整理ができて、視界に入るスペースもある程度すっきりする。

・無理に物を処分しようとして、心身に負担をかけることがない。

手順と成果。

今回は、キッチンに限定して、「箱詰め」を行いました。

とにかく食器類、調理道具、タッパー類など物があふれすぎて、見た目からして危険だったので。

・箱詰め前に、親に許可を得て実施。

・物が多すぎて危ないから、安全のためにとりあえず箱に保管するだけと伝えておく。(いつでも取り出せることも言い添える)

・大小さまざまな大きさのダンボール箱に、とにかく入れていく作業。(通販の空き箱など、ストックを利用)

・いかにも使っていないと思われるものを、次々と箱に詰める。

(ホコリをかぶったもの、油分でべたついたり黄ばんだもの、欠けたりこわれたりしているもの、同じものがいくつもあるもの、等々)

・トータルで10箱ほど箱詰め。それらを、ほぼ納戸と化した部屋へ移動させて、ひとまず終了。

・それから2ヵ月ほど経って、その大半を処分したと親から聞く。

(そんなに早く処分という行動にでるとは思っていなかったため、うれしい成果)

・ほぼ使っていない部屋とはいえ、大量のダンボール箱が詰まれているのを目にするのは、さすがによい気分ではなかった様子。

・親自身の意思(タイミング)で、手放せたことがよかったと感じる。

実験的に行った「箱詰め作戦」は、一定の効果があったと言えそう。

(今後も折を見て、継続していく予定)

②「片づけさせてもらってもよいか」聞く。

以前の私は、親の家についてよくこんなことを思っていました。

・こんなに物が多いと、災害時には本当に危ない。

・物を減らせば、掃除もしやすくなるのに。

・毎日5分でも10分でも片づければ、1年後にはだいぶきれいになるはず。

それと同時に、片づけたいと思っていない人に片づけをしてもらうのは、とても難しいのだと、体験としても学習しました。

そこで、「箱詰め作戦」を試したわけですが、これまでの教訓をもとに、下記のことを強調して親に伝えました。

□ 片づけさせてもらってよいか、事前に確認する。

(以前は、ここが汚いから片づけようと言って、許可なくいきなり片づけ始めたりしていた・・)

□ 私がひとりで作業する。(親たちは片づけなくてもよい)

□ 安全のために、箱に詰めて保管するだけ。(捨てるわけではない)

今となっては、上記もあたりまえのことだとわかるのに、以前はできていませんでした。

自分の片づけに熱中しはじめたついでに、親の家のことにも手を出したりして、こうした事前のコミュニケーションを欠いていたので。(反省)

片づけのことで、親に不信感(?)や不安感を持たれないよう、今後も気を配ることを忘れずにいたいものです。

お互いにとって平和的な片づけを模索。

私がこれまで行ってきたのは、とにかく捨てる、減らす、という片づけ方法。

それとは反対の、いつでも取り出せるように、とりあえず「箱」にしまっておくという、捨てない片づけ方法。

・ひとまず箱にしまっておく。

・箱に入れておけば、いつでも取り出せる。

家や部屋の容量には限りがあるので、いずれは手放す必要があるとしても。

そこに至るまでのアプローチとして、 「とりあえず保管」というのも有効な方法なのだと。

そんなことを実感できた「箱詰め作戦」でした。

親の寿命も、自分の寿命も、先のことは何もわからないけれど。

今できる片づけは、ムリのない範囲で、気長に続けていくのが最善策かなと思います。

(「箱詰め」以外にもよい方法があれば、また時期を見て、懲りずに試していく予定)

関連記事

【減らす方法】部屋の荷物を減らすには。「終わり」をイメージするメリット。

【解決策】片づけても物が減らない、をなんとかするために試したこと。

不要なデータやメールもすっきり整理。5分間の習慣で片づける。

片づけの結果(結論)を知るには。一度は気が済むまで片づけてみること。

収納用品を減らしていく中で気づいたこと。

【バッグの片づけ】中身を減らして軽くする。(○○g減量)