ウタマロクリーナーを試してみた感想。


以前から気になっていた「ウタマロクリーナー」を初めて使ってみたので、その様子や感想などをお伝えします。

普段の掃除全般は、ナチュラル洗剤(重曹・クエン酸・純せっけんなど)を使っていて、特に不便もないです。

ただ時々、気になる石けん・洗剤類を見かけると、試してみたくなることもあり。今回もそんな気分転換のひとつとして、ウタマロクリーナーを購入し使ってみました。

(関連:)
・掃除の負担を減らすには。洗剤の数を減らし、ほどほどの掃除で快適に。

{*ちなみに感想の前提として、個人的な現状はこんなかんじです。

・日頃の掃除は、重曹などのナチュラル洗剤メインで使用。

・昔よりも手荒れしにくくなっている。
(無添加せっけんを使ったり、ワセリンでハンドケアしたり(以前は植物オイル使用)、時にはゴム手袋を使ったりということを続けてきて、少しずつ改善している)

・香りに関しての耐性は低いほう。普段はハッカ油やその他精油を使うくらい。
(贈答・粗品などでもらった洗剤や柔軟剤を使ってみることもたまにあるが、強い香料に頭痛を起こしたこともあるため、基本的には無香料か精油でゆるめの香りを取り入れる程度)}

ウタマロクリーナーを初めて使ってみた感想。

■今回ウタマロクリーナーを試してみたいと思ったポイントはこちらです。

・掃除に関して気分転換をしたい。
・ウタマロ関連商品を目にすることが増え、前からなんとなく気になっていた。(よいレビューも多めだったので)
・家中の掃除がこれ1本で済むというのが魅力に感じた。
・環境や手肌にもやさしい成分でできているようなので、使いやすそう。

≫ ウタマロ製品を見る/amazon

ウタマロクリーナーの概要。

ウタマロクリーナーの商品パッケージや公式サイトにも詳しく書かれていますが、簡単に商品情報をまとめてみます。

・詰め替え用350ml、ネットでの購入時/270円税込。(価格は店舗・通販サイトによって異なる)

(初めて使うので400mlのボトル本体ごと買おうとしたら、購入のタイミングで在庫切れだったため、詰め替え用にした。手持ちの掃除用スプレーボトルに移し替えて使用。液体は無色透明)

・住宅用クリーナー、中性。(油汚れ、水アカなどを落とせる)

・家中の掃除もこれ1本でOK。

・素手で使えてマスクもいらない。(肌が敏感、長時間使用などの場合は、手袋の利用推奨)

・生分解性もよく環境にやさしい。(成分/界面活性剤(5% アルキルベタイン)、水軟化剤、安定化剤)

・グリーンハーブの香り。

・用途= 換気扇、キッチン・レンジまわり、風呂、トイレ、窓ガラス・アルミサッシ、その他水拭きできる壁紙・家具・床・プラスチック製品の掃除に。

(使えないもの= 水拭きできない家具・床・壁紙など、大理石、うるし等の塗り製品、銀製品、自動車、液晶・プラズマディスプレイの表面、革製品など)

・【使い方】= 油汚れ・水アカなど汚れた部分に直接スプレー → 布などで拭き取るだけ。2度拭きはいらない。(※窓ガラス・鏡など、くもりが気になる場合は2度拭きする)

(しつこい汚れは5分ほどおいてから。または、ティッシュをあてた上からスプレーして5分おくのも効果的)

実際に使ってみた様子。

実際にウタマロクリーナーを使ってみた様子、印象はこんなかんじです。

◆クリーナーと重曹・クエン酸での掃除を比べて、それほど大きな差を感じなかったところ。

・浴室や洗面台、トイレの掃除では、クリーナーの使用でも普段の重曹・クエン酸の使用でも、どちらも汚れ落ちに関しては同じくらいかなという印象。

(少し残念な気もするけれど、そのぶん比較的作用がおだやかなクリーナーとも言えそう)

◆クリーナーのほうが便利だと感じたところ。

・ウタマロクリーナーの効用や便利さを一番感じたのは、個人的にはキッチンまわりと水道部分。ここの掃除は、クリーナーだととても楽に感じて使いやすかった。

【キッチン】
油とホコリ」で汚れが固まりやすい場所でクリーナーを使うと、普段より油のべたつきを手軽に除去しやすいと感じた。(レンジ回り、シンク上下の棚や食器棚の扉、床など) 基本的には2度拭き不要なのもラク。

(重曹・クエン酸を使うと、水で溶かしても粉のざらつきが残ったりするので、その後何度か拭き直す。慣れてはいても、その手間が省けると楽に感じる)

Sponsored Link

【水道】
具体的には水道の蛇口部分・その周辺。クリーナーをスプレーしてしばらくおいてみたら、が細かいところに入り込んでくれるのか、黒っぽい汚れが流れてきて、スポンジで軽くこすったらいつもよりスムーズにきれいになった。

(蛇口はつなぎ目や凹凸も多い形状なので、時々ブラシなどで掃除していても行き届かない箇所もあり。泡は便利)

【床】
床全般はそれなりに汚れるが、キッチンの床は油分・湿気・ホコリなどで特に汚れが強固になりやすいと感じていた。スプレーしつつモップで拭いたら、目立った汚れを取るのが普段よりも楽に感じ、床もピカッときれいになり、クリーナーの手軽さを実感。

(モップをかけた直後は、クリーナーの液でスリッパの裏がややべたつくかんじに。ちょっと心配だったため2度拭きしようかと思ったが、乾いたら意外と大丈夫だった。しばらくは2度拭きなしで使用を続け、様子を見ていくことに)

◆その他の気になった点。香りや泡切れ、手肌への影響など。

【香り】
個人的には若干キツく感じた。ただ、時間が経てば匂いは消えていくので、気をつけて使えば問題なさそう。(トイレ、浴室など狭い場所の掃除には、使い方や換気に注意する、時にはマスクも使うなど)

たぶん一般的な洗剤の中では適度なハーブの香りなのだと思うが、日頃から匂いへの耐性が低めなので、このあたりは仕方ないかも。

【泡切れ】
浴室やシンクなど直接水で流せる場所は問題ないが、拭き取りが必要な場所では、掃除する場所の面積や拭き取りするものの素材によって、泡切れというか拭き取り加減に差が出るかんじなので。最初からたくさんスプレーせず、少量から試して様子を見たほうが無駄がないと思う。

具体的には。
・吸水性のある布(古いフキンやタオル)を使って掃除したときは、特に泡切れに関して気にならなかった。

・一方、吸水性がそれほどないもの(市販の掃除用ドライシート)を使って掃除したときは、1~2回のスプレーでもなかなか泡が消えず、シートもぺったりしたかんじに。拭き取りにも少し時間がかかった。

ちなみに窓や鏡でクリーナーを使うと、乾いたあと少しくもったかんじになったので、場所によってはやはり2度拭きしたほうがよさそう。

【手肌】
様子見も兼ねて、手袋(マスクも)を使わずに掃除してみたが、今のところ特に皮膚トラブルはない。(掃除後はしっかりうがい・手洗いをし、ワセリンでケア)

ただ、泡のぬるぬる感は気になるので、今後は、掃除時間が長くなる場合にはゴム手袋を使う予定。

ウタマロクリーナーはこんな人に向いているかも。

・日頃から場所別・用途別の洗剤の多さに悩まされていて、できれば洗剤を減らしたい、ひとつにまとめたいと思っている。

・できるだけ人にも環境にもやさしい成分のものを使いたい。

・ナチュラル洗剤と同じように、予防掃除という意識で、徐々に汚れが薄くなって取れていけばokと思える。

(強力な専用洗剤や漂白剤のように、一気に汚れが取れなくてもそれほど気にならない)

・掃除が苦手。心理的なハードルを下げて、もう少しこまめに掃除したいと思っている。

(クリーナーひとつでほぼ家中の掃除ができるので、洗剤の使い分けもいらず、気にならなければ基本的には2度拭きも不要。余計なエネルギーを使わなくて済む)

・・・

ウタマロクリーナーを使い始めてから約2週間、現時点での印象や使用感についてでした。

人それぞれメリット・デメリットを感じる点は異なると思いますが、価格も手頃なので一度試してみるのもよいかと。

当然ながらクリーナーの液体はまだたくさん残っているので、引き続き色々な場所の掃除に試して、自分にとっての使いやすさを見つけられたらと思います。

≫ その他のウタマロ製品を見る/amazon



**

というわけで、気になっていたウタマロクリーナーを試せて、よい気分転換になりました。(重曹生活はもちろん気に入っていますが、たまにちょっと違うものを使ってみたくなるので)

今後も基本はナチュラル洗剤での掃除を継続しつつ、時々は気になった商品も試したりしながら、手軽で効率のよい掃除を目指したいと思います。

関連記事

洗濯槽の洗浄は、重曹+クエン酸でさらにきれいに。

初めての電子書籍。どのサービスがよいか迷ったら、まずは3つから選択してみる。

掃除機VSほうき。自分にとって楽なのはどちらか。

肌断食を試し始めて1年4ヵ月経過。肌もスキンケアも楽になってきた。

洗濯槽の掃除も重曹ですっきりする。

楽天モバイル(はじめての格安スマホ・格安SIM)に乗り換えて、料金も気分もすっき...