【財布】ひとまず、買い替えないと決めてみる。(大事に使う & キャッシュレス化)


新しい財布に、心惹かれたとき。

財布を買い替えたい理由、買い替えなくてよい理由を、天秤にかけてみました。

結論は、買い替えなくてOK、メリットもあり。

片づけを続けて、いい感じで物を減らしていても、新しい物や買い物への誘惑は、常にあります。

今回は財布。手のひらにおさまるくらいの小さい財布が、ずっと気になっていました。

ただ、一定の考える時間を持ち、買いたい理由や買わなくてもよい理由を比べてみると、思いのほか冷静に判断できると感じます。

ひとまず、財布を買い替えないと決めてみる。

この数年、片づけたり物を減らしていく過程で、「小さい、軽い、薄い」ものに、魅力を感じるようになってきました。

なので、何か必要な物を購入する際は、デザインや機能性とあわせ、上記3つ(サイズ、重さ、厚み)などもチェックポイントとなっています。

一時はぐっと惹かれた、コンパクトで軽くてスリムな財布ですが、今使っている長財布をこのまま使い続けようと決めたら、よい部分もより見えてきました。

今ある財布を使い続けるメリット。

今回の財布のことに関して、私が具体的に気づいた主なメリットは、この2つです。(細かい理由は後述)

・今使っている財布を、もっと大事に使っていこうと思えた。(愛着)

・すでにキャッシュレス化の流れであることを、再認識できた。(いずれ財布は使わなくなるかも)

こんなふうに、今の財布のよさを見直せたり、現金や財布自体の利用が減っていくという、かつては考えもしなかった面白い時代の移り変わりを、あらためて意識できました。

世界的な流れとしても、キャッシュレス化は進んでいて、日本でも国が推進し始めました。

(現金ではなく、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、スマホでの決済など)

今は過渡期なので、まだまだ思うようにキャッシュレスにできない場面は多いです。

個人的にもキャッシュレス比率を増やしつつも、場所・用途にもよるため、当然ながら現金も併用中。

とはいえ、キャッシュレス化が加速すれば、いずれは財布を持たなくなっていく流れも自然なこと。

(仕事も暮らしも首都圏で、職種などによっては、ほぼキャッシュレス生活が実現できている人々も多そう)

そう考えると、今の財布が人生最後の財布になるかもと考えるのも、大げさではない気がしてきます。

ゆえに、壊れたりひどく汚れたりしない限りは、このまま大事に使っていきたい、という気持ちが強くなりました。

(住む地域、仕事、家族、生活パターンなどで、現金とキャッシュレスの使い分けも、財布の使い方も人それぞれ。自身に合った選択が大事)

・・・

(ちなみに。現状でのキャッシュレス比率が、20%ほどの日本。

国の発表では、2025年までに、キャッシュレスの普及率を40%にするのが目標だそう。

一方で、キャッシュレス率がすでに40~60%に達する、他のアジア諸国。

日本での浸透は、このままゆるやかペースなのか、意外と加速するのか。気になるところです。

ニュース参照元

ささやかな個人的希望としては、

・○○payの乱立がおさまってくれること。

・ある程度、サービスの数が集約されること。

・世代、地域とわず、誰にとっても安全で使いやすく普及してくれること。)

【比較】財布を買い替えたい理由、買い替えなくてもよい理由。

先の内容とかぶる部分もありますが、下記のように自分なりに客観視できたことで、気持ちもすっきり。

基本は、もう財布は買い替えないつもりで、今の長財布と過ごしていけたらと思っています。

●買い替えたい理由

・以前から、マネークリップや、小さい、軽い、スリムな財布が気になっていた。

・ずっと長財布だったので、気分を変えたい。

・今の財布も3年近くになるし、買い替えてもよいかも。

・小銭入れの部分が少し使いにくい。

・ネットなどでいろいろな商品を見比べていると、単純に楽しい。

●買い替えなくてよい理由

・今の長財布も気に入っている。

・手のひらサイズではないが、スリムで軽い。

・手入れしつつ利用してきたので、見た目もまだ充分きれい。

・全体的な使い勝手に、大きな不満もない。

・どこも壊れていない。

・支払いは、可能な範囲でキャッシュレスを心がけている。

・現金は、徐々に予備的な位置づけにしていきたい。

・あらゆる場所でキャッシュレスシステムが整備されれば、いずれ財布がなくても大丈夫に。

・もし、なくさずこわさず、このまま使えれば、人生最後の財布になるかも。

・より愛着がわき、大事に使っていきたくなった。

ざっくりとこんなかんじです。

よくよく考えているうちに、今の財布に絶対的な不都合もないどころか、買った当初、この軽さとスリムなかんじが、とてもうれしかったのを思い出しました。

もし勢いで買い替えていたら、ちょっと後悔していたかもしれません。

● 少しだけ時間を置く

● 事実と感情を分けて、客観的に見る

こんな些細なことが、ムダ買いを防いだり、新たな気づきをくれたりもするので、侮れないです。

一旦は、買い替えないことを選択してみるのもあり。

ということで、今回は財布の買い替えにまつわる内容でした。

個人的には、「小ささ、軽さ、薄さ」に関して、つい反応してしまうクセがつき。

ただ、そのたびに何でも買い替えていたら、思考の成長もなく、単なる散財になりかねないので。

ワンクッション(時間、客観視)を忘れないようにという、よい自省になりました。

そして財布のことに限らず、今後も、あらゆる物、情報、制度などの【変化】は、加速していくと思うので。下記のような視点も持ちつつ。

・いずれは、使わなくなるかもしれないもの

・新しい用途に姿を変えつつ、残っていくかもしれないもの

・まったく考えもしなかったような、物やサービスの登場

何かを買い替えたいと思ったときに。再度、その持ち物と向き合ってみると、使い方、付き合い方も、また変化していくかもしれませんね。

関連記事

コタツと一緒に怠惰な自分を片づけた日のこと。(悪習慣をやめる)

ローリングストック法で、非常食の備えも日常的なものにしていく。

陰徳、陽徳。よいことはこっそり行うこと。

無用な罪悪感を捨てるには。(視点を変えると生きやすくなる)

旅行で残った外貨の手放し方。

片づけが終わらない・・、と諦めなくても大丈夫。(挫折前提で片づける)