バッグの中身を減らす試み、続き。バッグのポケットの数が少ないと、物は増えにくくなるのか。

体も持ち物も身軽だと何かと行動しやすいものなので、体重も気になるところですが、バッグ・かばんの減量も相変わらず気にしています。

 

少し前から、バッグに関してちょっとしたお試し実験を始めました。それは、バッグのポケットをできるだけ使わないで過ごし、その使用感を見てみるというものです。

バッグのポケットがないと、物は増えにくく(減らしやすく)なるのか、試してみる。

日々持ち歩くバッグが少しでも軽いというのは、心身への負担を軽減してくれるもの。これは年を追うごとに実感し、なかなか侮れないことだと思っています。

(個人的には、持ち物の軽さ・軽量化への優先順位が年々上がっている様子。というか、単純に軽量化を考えるのが楽しく趣味的なことになっているのかも)

バッグのポケットを使わないようにするとどうなるか、実践の経緯。

定期的な見直しを経て、バッグの中身・持ち物も、昔に比べだいぶ減ってきました。さらなる軽量化を目指しつつも、昨年からあまり変化がなく。

あれこれ考えるうちに、バッグのポケットをできるだけ使わないようにしてみることで、バッグ内の減量につながる気づきやヒントが見つかるかもしれないと思い、早速試してみることにしました。

 

バッグの減量についてこれまでの流れと、その後の経緯はこんなかんじです。

・・・

・以前は、バッグインバッグ(バックの中身を整理するためのバッグ)を2つ持ち→ 1つに減らす→ バッグインバッグ自体をやめる(昨年)→ 中身も見直し、代わりに軽くて簡易なポーチを1つ使い、そこに細々したものを入れ。あとは直接バッグの中やバッグのポケットに入れる。

・その後も気が向くとバッグの中身を出して、減らせそうなアイテムはなくしてみたり、やっぱり必要だったと元に戻してみたり。そんなことを繰り返しつつ、久しぶりにバッグを体重計に乗せてみたところ、約1.2kg。

・あれこれ試している割には、バッグの体重(重さ)は、昨年とあまり変わらず。(季節で持ち物も変動するので一概には言えないものの、この重さが今のところの平均値のよう)

バッグ自体を若干小さくしてみたこともあるが、日常使いにはやはりA4くらいの大きさの物が入るほうが便利だなと。必要な物まで削ることはできないので、最近はバッグの大きさについてはある程度割り切るように。(小さなバッグへの憧れや日常化計画は一旦脇に置き。今の生活に合った中でのコンパクト化を楽しむ方にシフト)

・バッグの中身を減らして軽くする。〇〇g減量できた。

・日常的にパソコンを持ち歩くわけでもなく、かつての重たいバッグから比べれば充分軽くなったのだからと思いつつも。ここまでくるとなんとか1kgを切ってみたいという気持ちも出てくる。

・以前、バッグインバッグの使用をやめたことでバッグの軽量化が進んだことから。バッグの収納箇所であるポケットもできるだけ使わないようにしてみることで、持ち物を減らすきっかけにできるかもしれないと思い立ち。

(ちなみに、バッグインバッグは、部屋の収納と同様の発想でやめることに。収納用品という収納場所があるといくらでも物が増え、置き場がなければ物も減らしやすくなることを実感できたため)

・早速、バッグのポケットも含め、すべての中身を取り出し。(今主に使っているバッグは、内側と外側に計6つのポケットがある)→ ポケットに入れていた細々した物を、ビニールやナイロンのポーチ・ケースを用意し、それらに小分け。(小物、雑貨類、書類関連など、計4つのポーチ・ケースに収納)
バッグの内ポケットのひとつにキーケースとボールペンを入れただけで、その他の物はほぼポーチやケースに収め。直にバッグに入れたのはスマホとメガネ程度)

(余分なポケットがないビニールやナイロンのケースは、1つが15g程度なので4つ使用しても約60g。素材によって1つが100g~300g前後になる、ポケットを複数持ったバッグインバッグよりは軽量化される)

・各ポーチやケースに収めてみると、ポケットに直接物を放り込んでいた頃より、バッグ内の見た目はすっきりし快適。あとは使い勝手をしばらく見ていくかんじ。今のところまだ特に困っていないので、これで大きな不便がなければこのまま継続&定着していくことに。(その後、より軽くてポケットの少ないバッグへ買い替えを予定。サイトで気になるバッグをチェック中)

・これに慣れることができれば、ポケットに頼りすぎない習慣にもつながると思うので。他のバッグに中身を移動する際もスムーズで、ポケット内の物を取りこぼして移動し忘れるということも防げそう。

 

・・・

といった流れで、今はバッグのポケットを極力使わないよう心掛けています。

 

こんなふうにバッグ内の物を精査していく過程での、気づきや成果としては。

・つい余計に持ちすぎてしまう物を減らせた。(ハンカチやティッシュ、マスクなどの予備を持ちすぎる傾向があるので)

・ポケット内に放置して忘れていた物を一掃できた。同時に、とりあえずなんでもバッグのポケッに入れてそのままにしやすい自身の傾向を再認識。(なぜかたまっているクリップ類や紙ゴミ、アメやガムなどの小菓子、ビニール袋など)

Sponsored Link

・バッグのポケットの隅は結構とホコリや汚れがたまりやすく、今回改めて掃除できた。(雨に濡れたり砂ぼこりが気になったときなどに、バッグの外側はたびたび拭くものの。バッグの内側や各ポケット内は見過ごしがちなので。そういえば、バッグインバッグを処分したときも、日頃のケアを怠ったせいで、底の方にゴミやホコリがたまっていたのを思い出した)

***

収納用品を減らした時のような感覚で、バッグインバッグをなくし、さらにバッグ本体のポケットの利用も減らしてみたらどうなるか、という途中経過の話でした。

・収納用品を減らしていく中で気づいたこと。

 

身軽や軽量化にそれほど関心がなかった頃には、考えもしなかったことを試していますが。今は楽しい趣味となりつつあります。(この軽量化ゲームは、バッグのことだけでなく生活の中の様々なものに派生していきそう)

 

バッグ・かばん自体の重さも、その中身の持ち物も軽くしていきたいと考えると、50g~100g単位の減量でも大きいし、これが積み重なるとバッグを持ったときの体感的にも差が出てくるのだと思います。

最近は、バッグ内の持ち物の重さをなにかにつけてキッチンスケールで量りたくなり。自分でもおかしな行動だと思いつつも、バッグの体重が1kgを切るまでは、色々と量ってしまいそうな・・。(ティッシュ=11g、エコバッグ=39g、スマホ/カバー付き=210g、、等々)

 

遊びの要素も兼ねたバッグの減量計画。なんとかしてバッグやかばんの中身を減らして軽くしたいという場合は、気になる持ち物の重さを量ってみると、何かしら面白い気づきもあったりして、プチ減量にひと役買ってくれるかもしれません。

関連記事

「いつもよい選択をしている」という意識で片づけをすること。

色々吸い込んでいそうな「紙類」を片づける。

頭の中の片づけで、よりよい未来を選ぶ。

初めての電子書籍。どのサービスがよいか迷ったら、まずは3つから選択してみる。

一般的な縁起や概念を気にせず、自分の心地よさを優先したらどうなるか。

身軽になるためのキャッシュレス化について考えてみる。